日本語のキーボードがどのように見えるか疑問に思ったことはありませんか?

[ADS]広告

多くの人は、日本人が使っているコンピューターのキーボードがどのようなものか、すでに疑問に思っていたに違いありません。これは、日本ではよく知られているように文字が書かれていないためです。キーボードを理解する前に、それらが使用するスクリプト、つまり表語漢字(単語全体を表す記号)と音節文字(音節文字のペア、ひらがな)を理解することが重要です。

漢字は少なくとも5万字あり、そのほとんどは使われていません。また、日本政府によると、小学生は、滞在中に少なくとも1,026の記号の知識を持っている必要があります 高校 2,136のマークに達するはずです。

したがって、キーボードが漢字システムを使用する場合、非常に多くの記号を収めるにはかなり大きくなければなりません!そして、これらの表意文字は、単語がどのように発音されるかについての考えを与えることさえできません.

キーボード-日本語のキーボードがどのように見えるか知りたいと思ったことはありますか?

O ひらがなとカタカナ 音節文字関数で使用されるため、各記号は書きやすくするための文字を表し、各記号は43文字です。このアイデアは、日本語のキーボードで使用されているものと同じです。

Shift、Alt、およびその他の補助キーを使用すると、よりまれな音節をトリガーすることができます。そして、それはヒラグラムで書かれているので、使用する対応する漢字オプションがあります。言語固有のキーがあります。たとえば、ブラジルには「 W 」そしてスペインのような国ではそれがあります」 いいえ ”.

10ステップの日本語キーボードアクセント

日本語キーボードを使用する場合、単語にアクセントを付けるのは難しい場合があります。これは、Windowsオペレーティングシステムで2つのキーを組み合わせてアクセント付き文字を生成するために、キーボードドライバが一般にデッドキーをサポートしていないためです。

サイトhttps://olmarcelo.wordpress.com/acentuacao/は、日本語のキーボードを簡単に強調できるように段階的に説明しています。どれどれ:

キーボード-日本語のキーボードがどのように見えるか知りたいと思ったことはありますか?

1 –ドライバーをダウンロードしてから、別のウィンドウで開く[Google Docs]ページをダウンロードし、Control-SまたはFile-Dowloadを押してファイルを.zip形式で取得する必要があります。

2-インストールファイルを解凍してから、セットアップセットアップを実行する必要があります。このプロセスでは、アクセントがサポートされている日本語キーボードをインストールします。

3-次のステップは、システムを再起動することです。

4 –デフォルトのキーボードを設定します。

5 – Windowsキー(左CtrlとAltの間)を押したまま、Rキーを押します。引用符なしで「osk」と入力し、Enterキーを押します。;

6 – 引用符なしで「osk」と入力し、Enterキーを押します;

7 –デフォルトのキーボードを構成します。コントロールパネルを開きます([スタート] – [コントロールパネル])。または、「control intl.cpl」を実行してから、「Regional andLanguageOptions」を開きます。

8 – [言語]タブをクリックしてから、[詳細]ボタンをクリックします。

9 –ウィンドウ内 「テキストサービスと入力言語」、セクションで 「標準入力言語」 選択する 「ポルトガル語(ブラジル)–日本語 デッドキー“.

10 –次に、「PTPortuguêsBrasil」キー内にある他のキーボードをすべて削除します。

仮想日本語キーボード

日本国外に住んでいて、言語を学んでいる人にとって、できるだけ書くことに精通していることが不可欠です。これを行う1つの方法は、モバイルまたはコンピューター用の仮想キーボードをひらがなおよびカタカナ形式で書き込むことです。

キーボードは次のWebサイトで入手できます:https://www.lexilogos.com/keyboard/そして、Windowsキーボード自体を介して任意の言語(文字がない言語でも)で書くことができます。すでに90以上あります。利用可能な言語。

キーボード-日本語のキーボードがどのように見えるか知りたいと思ったことはありますか?

しかし、見つけるために kanji サイト自体の検索を入力するだけです。 ROMAJI をクリックします 入力。次に、いくつかの部首が表示され、探している漢字を選択するだけです。ただし、コンピュータや携帯電話を日本語で書くように設定するだけです。

Android 携帯の場合: Play ストアから「Google 日本語テキスト入力」アプリをダウンロードし、インストールしたら、[設定] -> [入力方法の選択] -> [キーボード レイアウト] -> [QWERTY] でキーボードを有効にします。

iPhoneとiPhadsの場合:[設定]に移動します–Geral -> キーボード -> 新しいキーボードを追加する -> 日本語–ローマ字 -> Concluído.

Windowsコンピューターの場合:[設定]-> [時間と言語]-> [地域と言語]-> [言語の追加]-> [日本語日本語]-> [次へ]-> [Windowsの表示言語として設定]をオフにし、[手書き]-> [インストール]->言語アイコン-> Microsoft日本語IMEの選択->文字「A」を1回クリックすると、あに変わります。

Macコンピュータの場合:[システム環境設定]-> [キーボード]-> [入力ソース]-> [ + 「日本語」と「追加」を選択します->画面上部の日時の横にあるフラグをクリックします->ひらがなを選択します。

この記事を共有する: