女武者–侍の女性

発表

侍の女性がいたことをご存知ですか?一般的に、武士について聞くと、最初に頭に浮かぶのは戦士の男性です。しかし、必ずしもそうとは限らず、武士の女性もいました。彼らは女武芸者と呼ばれていました。

日本の家父長制社会のため、武者の女性について話すことはあまり一般的ではありません。また、女性の数に関連して少数派でしたが、かなりの少数派だったからです。

武士は城や村を守るために戦うという主な機能を持っていました。そして、それほど頻繁ではありませんでしたが、彼らはたまたま男性と一緒に戦いに参加しました。

Onna-bugeisha - mulheres samurai - image 18

歴史 女武者

考古学者はすでに戦場で女性の証拠を発見しています。発掘調査はこれらの戦士の存在を示しました。 DNA検査は105体で行われ、そのうち35体は女性でした。他の2つの発掘調査でも、結果は同様でした。

発表

これらの戦士は、15世紀半ばから16世紀後半までの戦国時代(戦国時代)に登場します。 

歴史は常に男性の戦士を優先してきたので、それらが言及されることはめったにありません。女武者の主な役割は、武者の不在下で土地や村を守ることでした。

時折、女性の戦士が戦いに参加する可能性があり、これは平安時代(平安時代、794年から1185年)と鎌倉([鎌倉幕府、1185年から始まる期間にもかかわらず1192年の間に公式に認められた)期間中に証明されました。 

これらの期間中、彼らは領土の植民地化にも貢献しました。

19世紀頃の明治の復興期に、男女の武者は地位を失い始めました。この時期の重要な改革の1つは組織化された軍隊であったため、武士による保護はもはや必要ありませんでした。

発表
Onna-bugeisha - mulheres samurai - image 19

武器、スキル、トレーニング

武士の男性と同様に、武士の女性も武士道の教えに従いました。彼らは短剣との戦いの専門家でもありました。ほとんどの戦士は、科学、数学、文学の教育を受けていました。

訓練には、槍に似た薙刀(なぎなた、薙刀)を使用しましたが、先端に湾曲した刃があります。この武器は、女性の戦士が男性と比較して彼らの身体的な不利益を相殺するのを助けることさえできます。

この武器の使用で多くを際立たせた戦士は ともえごぜん。彼女は1157年から1247年頃に住んでいた日本の戦士でした。そして、巴御前が際立って戦士として名声を得たのは源平戦争の時でした。

目立ったのは巴御前だけではありませんでした。板額御前、神功皇后、中野竹子など他の女戦士と知り合いになりましょう。しかし、巴御前の全貌はすでにウェブサイトに掲載されています。 

Onna-bugeisha - mulheres samurai - image 20

神功皇后

神功皇后の生涯についてはあまり情報がなく、1世紀から170年頃まで生きていたに違いないという証拠はほとんどありません。彼女が最初の女武者だった可能性があります。

彼女は、夫の仲哀天皇(第14代天皇)が亡くなり、息子が率いるのに十分な年齢になるまで引き継ぐ必要があったため、皇后となる日本の王位を手に入れました。

発表

彼女は韓国を侵略し、国を征服するために軍事戦略を計画する彼女の知恵に驚いた。そして、彼女が王位に就いた後1年も経たないうちに、彼女はそれを行うことができました。

皇后両陛下の証書は、日本の東部地域で家母長制社会の時代を開始しました。 

しかし、息子の応神天皇が王位に就いた後、神功皇后の名前は日本の王位の15番目の主権者として統合されませんでした。しかし、神功皇后は彼の死の年まで君臨していました。

Onna-bugeisha - mulheres samurai - image 21

板額御前

板額御前(板額御前)は平安時代後期から鎌倉時代の初めに住んでいました。彼女は宗助国という戦士の娘でした。

板額御前は越後国の有力な平氏と同盟を結び、射手としての腕前で知られていました。

発表

彼女と戦士でもあった甥の助森十は、平のライバルである鎌倉幕府を打ち負かすために、建仁の反乱に参加するために協力しました。 3000人の兵士からなる軍隊を率いて結成した板額御前。

 しかし、対戦相手にはさらに多くの戦士がいて、彼女は矢で足を負傷しました。

彼女は将軍の囚人になり、 切腹 なぜなら、ミナモトの兵士が彼女に恋をし、彼女が解放されて結婚したからです。 

Onna-bugeisha - mulheres samurai - image 22
Onna-Bugeisha - Mulheres Samurai

中野竹子

中野竹子(中野竹子)は、最も名誉ある武者の一人でした。彼女は会津将校と武士の中野平内堂の長女でした。彼女は大切な家族の出身で、6歳のときに勉強を始めました。彼女はとりわけ武道、文学、書道を学びました。

中野竹子は赤岡大輔教授に養子になり、武道や薙刀を教え始めました。

中野は会津の会津若松城で女性と子供のための薙刀のインストラクターとして教え始めました。そして、1868年頃のこの同じ時期に、彼女は他の女性戦士と戊辰戦争にも関わっていました。

この女性戦士のグループは、女性軍である城師隊と呼ばれるようになりました。敵軍は最前線が女性で構成されていることに気づいたとき、攻撃を終わらせることに決めました。 

しかし、敵が銃を使用している間、戦士はこれを利用して薙刀を使用して攻撃しました。城師隊は数百人の死者を出した。

良い戦略にもかかわらず、中野竹子は撃たれてしまった。埋葬され、敵が体を侵してトロフィーとして使われることを許さないために、彼女は妹のユウコに戦闘中に斬首するように頼んだ。

優子は姉の頭を家族の法海寺に連れて行った。  

発表

これらの女性戦士についてどう思いましたか?