用語の由来“日出ずる国”

発表

用語はどこから来たのですか 昇る太陽の国?過去に、中国は高度な文明のマークとシンボルのほとんどを、執筆、都市建築、ブロンズ工場などの多様な分野で開発しました。これらはすべて、日本の2、000年前のことです。

このドメインの結果として、 中国 それはアジアの文化に大きな影響を与え、その哲学、政治構造、建築、宗教、服装のスタイル、そして書かれた言語を共有しました。

このような強力な影響力で、日本が発展の初期に記述されたとき、それは中国の観点から行われました。

それで、中国人が日本の場所を東に見たとき、彼らは夜明けに目を向けました。それが彼らがこの国を昇る太陽の国と呼ぶようになった理由です。しかし、他の物語もそのタイトルの起源について語られています。

発表
A origem do termo "terra do sol nascente" - prayer halls and corridor in nishi hongwanji in kyoto japan

日出ずる国の日本の歴史

初代日本大使が西暦57年に漢王朝の中国東部の首都に派遣されるまでに、日本は「和」と呼ばれ、日本人を指す名前でもありました。

現代の中国の説明によると、これらの初期の日本人は「生の野菜、米、魚を食べる。彼らは家臣と主人の関係を持ち、税金、地方の穀倉地帯、市場を集めていました。彼らはまた、暴力的な後継者闘争をしました。」

キリストの後の1世紀に、一族である大和が隣人を支配し始め、西暦5世紀に、それは日本のリーダーシップの代名詞になりました。単一の中央政府が出現するにつれて、日本は毎回従いました。その管理方法。

西暦600年頃、中国文化の大ファンであった日本の王子摂政、聖徳太子(574-622 AD)は、日本にさまざまな中国の影響をもたらしました。 孔子 クラスとエチケットの。

A origem do termo "terra do sol nascente" - view of nishi hongwanji temple walls from sidewalk in kyoto japan

昇る太陽の国という用語を選択する

松濤はまた、中国のカレンダーを採用し、同様の道路システムを開発し、同様の司法制度である多数の仏教寺院を建設し、仏教と儒教を研究するために日本人学生を中国に派遣し、 国交 その国と。

発表

さらに、松徳はその名前を作成したことで日本で広く認められています 日本 (「太陽の起源」)国のために。報告によると、隋王朝の最初の大使館の時に、西暦607年に、王子は中国の皇帝、煬帝に次のような手紙を送りました。太陽が沈む地球上の天子のために昇る」。

どうやら中国人は、翔徳が中国の皇帝と同じレベルで自分自身を「天国の息子」と名付けようとしたことに腹を立てていたようです。しかし、「太陽が昇る地で」と書かれている部分も日本の身分証明書としてマークされていました。

A origem do termo "terra do sol nascente" - flickr yeowatzup aoi matsuri imperial palace kyoto japan 7

とにかく、西暦645年、 日本の歴史、クーデターは大化の改新の導入につながりました。政府をさらに集中化することを目的として、改革は土地の私的所有を排除し、土地をその管理下に置いた。この改革の一環として、 日本、日本 (どちらも「太陽の起源」を意味する)と大日本(大日本)は、和(ウォ)の代わりに外交文書と年代記に使用されました。