日本の食品、大豆製品

大豆由来の日本産の製品や食品をご存知ですか?大豆には多くの健康上の利点があることを誰もが知っているので、日本人は お肌を新鮮に保つ そして100年を過ぎます。

大豆は、味や広範な証言のいずれによっても、ほとんど喜ばない食品です。事実、これはアジア、特に日本では起こりません。

Soja 日本語では「大豆」と呼ばれ、日本料理に非常に多く含まれています。この記事では、日本原産ではないが大豆ベースの他の食品についても言及します。

Shoyu-日本の大豆ソース

醤油[醤油] 大豆、ローストシリアル、水、海塩を混ぜ合わせたソースで、ほとんどすべての日本料理に含まれています。大豆ソースには、甘いものから塩辛いものまで、いくつかの種類があります。

しょうゆ醤油は、デザート、肉、寿司、ご飯など、何にでも使えます。日本では、いくつかの製品が shōyu 成分として、チョコレートやスナックですら。

日本の食品、大豆デリバティブ

ナット-発酵大豆

Natto (納豆とうまたは纳豆)- ナットは大豆を発酵させたもので、強い香りとべたつきが特徴です。白米と生卵を混ぜた、特に朝食用に日本で広く消費されている食品です。たんぱく質が非常に豊富で、日本連邦の素晴らしい栄養源でした。

ナットは大豆を発酵させたもので、強い香りとべたつきが特徴です。白米と生卵を混ぜた、特に朝食用に日本で広く消費されている食品です。たんぱく質が非常に多く、日本連邦の素晴らしい栄養源でした。

日本の食品、大豆デリバティブ

豆腐-大豆チーズ

豆腐(豆腐)- 大豆を原料とした食品です。チーズに似たしっかりとした食感、繊細な味わい、クリーミーな白い色があり、白い立方体の形で現れます。

大豆チーズとも呼ばれ、大豆乳をベースに製造されています。アジア料理では、豆腐は甘いものからおいしいものまで、あらゆる種類のレシピで使用されています。生で食べたり、揚げたり、スープやソースで調理したり、蒸したり、さまざまな材料を詰めたり、漬物のように発酵させたりすることができます。

ミソシル-ミソスープ

みそ汁 (味噌汁|味噌)  は、日本人がよく食べている料理です。大豆、ほんだし、豆腐、ねぎ、そして時には他の野菜を加えて調理されるのが一般的です。

みそしるはメインコースの前に出されるので、温かく食べる必要があります。言葉 missoshiru 発酵大豆ブロスを意味するものとして、2つの単語によって形成されます。 misso 「発酵大豆」を意味し、 shiru、「ブロス」。

これは日本で最も健康的な料理の1つであり、朝食、昼食、夕食の日本の食事の一部です。とんじると呼ばれる豚肉などバリエーションも豊富で、ジューシーで美味しいです。

日本の食品、大豆デリバティブ

その他の大豆製品

豆乳 - 大豆から作られた飲み物です。 それは体脂肪を減らすのに役立ち、コレステロールや牛乳アレルギーに問題がある人のためのオプションです。ブラジルではあまり人気がないかもしれませんが、日本では純粋なものと料理の両方でさらに高い消費量があります。

Edamame (枝豆)-文字通りグリーンソイは、通常、日本、ハワイ、中国、韓国で見られる、まだポッド内にある大豆で作られた調製品です。さやは調味料(塩など)と一緒に水で煮て、丸ごとお召し上がりいただけます。

日本の食品、大豆デリバティブ

Okara -実際には食べ物ではありませんが、大豆乳やその他の植物乳の製造過程で残った残留物です。 作成プロセス後、繊維と一部の残留栄養素が大豆ミルクマシンのフィルターに残り、オカラが生成されます。 オカラは、スープを強化したり、生地、ミートボール、ハンバーガーなどの食品に追加したりするために使用できます。 。

Tempeh - は属の真菌を含む発酵食品です Rhizopus、インドネシア産の白い大豆種子から、ナッツのような香りと濃厚でわずかに肉質の食感。それは他の大豆誘導体よりも強い風味を持った強い食物を構成します。

テンペテンペ。Jpg

ええと、それは基本的なことです。なぜなら、基本的にほとんどの日本のレシピや食品では、醤油や豆腐であっても、大豆をベースにしたものを使用しているからです。このように、大豆は日本料理に欠かせない食材となっています。

日本人が、私が特に悪いと思うことを、美味しくて美味しい食べ物でできるのは驚くべきことです。日本料理の大豆についてどう思いますか?コメントと共有に感謝します。

この記事を共有する: