デスノートの作者、大場つぐみの正体は?

[ADS]広告

読んだり見たりしたことがあるなら デスノート、大場つぐみが誰なのかご存知でしょう?違う。この記事では、世界で最も大きな謎の1つについて説明します。 日本のマンガ家 –大場つぐみの正体 バクマン とデスノート。

なぜ日本人は電話でモシモシを使うのですか?

有名で奉献された漫画家の大場つぐみは、彼の本当のアイデンティティを一般に公開することはありませんでした。 「大場つぐみ」は作者が使用する仮名であり、本名ではありません。少なくともそれが信じられていることです。デスノート、バクマン。、プラチナエンドの脚本を担当する「おば」は、彼のアイデンティティ(個人的およびイメージ)を完全に秘密に保ちます。これは、彼が実際に誰であるかについて多くの疑問を投げかける事実です。

彼の生年月日、出生地、身体的および人格的特徴でさえ、公の知識ではなく、脚本家がデスノートの前に他の作品に取り組んだかどうかもわかりません。一般に、存在するのは単なるファンの憶測と、VizMediaなどの一部の米国のWebサイトや企業からの情報です。

一方、彼の同僚であるアーティストの小畑健は、彼の顔を一般に知られています。

小畑健、デスノートの背後にあるマエストロ-アニメトロ
デスノートのデザイナー、小畑健。

この事件に関する主な憶測の中で、最も際立っているのは、大場つぐみが実際に ガモウひろし、シリーズクリエーター 「ギャグ」(ギャグ) 童謡「とっても!ラッキー男"。この理論が理にかなっている要因の 1 つは、バクマンに、シリーズで「Chou Hero Densetsu」と呼ばれるラッキーマンに非常によく似た漫画があるという事実でした.参照は非常に明白です。バクマンに登場するキャラクターは、トッテモの主人公とほぼ同じ衣装を着ています。ラッキー男。

類似性を参照してください:

-デスノートの作者、大場つぐみの正体は?
左:トッテモのパロディ!蒲生宏のラッキーマン。

大場が本当にガモウひろしであるならば、彼は1962年8月17日に東京で生まれました(出典;ウィキペディア)。

しかし、謎はまだまだ終わっておらず、この偉大なマンガ家の正体を知ることはできないかもしれません。

彼らのアニメを克服したドラマ

どうしたの?あなたはその記事が好きでしたか?コメント、いいね、友達と共有しましょう!

この記事を共有する: