ジュク:日本での家庭教師

学校の強化は、生徒が教室で教えられた科目を理解できるようにすることを目的としています。日本では、塾(学習塾)または学研として知られているこのタイプの補強のいくつかの形態があります。これらの個別指導クラスは個別のプライベートレッスンであり、通常、通常の授業時間外に週7日行われます。

塾は、学校や大学への入学試験の準備コースのように、授業料を払って補足授業を行う私立学校です。塾は通常、 学校の時間、週末と学校の休暇中。

ジュク:日本での個別指導-スクールジャパン

塾はどのように始まったのですか?

70年代から80年代にかけて、これらの家庭教師の授業はすでに存在し、日本での評判が高まったのはこの時期でした。生徒数は大幅に増加しましたが、主に小学校(強制)の生徒でした。

文部省によれば、これは多くの学生が家庭教師を探しているかのようにプラスの効果はなかった。理論的には、通常の教育では不十分だったからだろう。それとともに、学校の強化の検索を減らすために、いくつかのガイドラインが一般的な学校で作成されました。そのような措置はそれほど効果がありませんでした。

塾は最近多くの変化を遂げました。教育はもはや単なる学校の強化ではなく、生徒が学校をさらに能力を発揮できるようにするための補足です。塾にはアカデミックとノンアカデミックの2種類があり、その選択は学生の教育レベルと達成したいことによって異なります。

学校の補強-塾:日本の学校の補強
Anúncio

個別指導はどのように機能しますか?

日本では、個別指導のクラスは必須ではありませんが、学生が主題の理解を深めたい場合、または非常に重要なテストの準備をしたい場合。彼はその機能に頼っています。少なくとも20%の生徒が就学前に塾に通い始めています。目標は 試験に合格する 小学校入学の。

子どもたちは小学校(中学7年生、8年生、9年生)に入学すると、高校(こうこう)の準備を始めます。ですから、すでに別の塾に入れるのが適切だと考える親もいます。そして彼が高校にいるとき、彼の関心事は入学試験の準備をすることです。ただし、日本では高校が義務付けられていないため、さらに勉強したい場合に限ります。

学校の強化は、これらの学生がで勉強できるようにするのに役立ちます 素晴らしい学校 高校で。これらの高校の多くは技術的な専門分野を持っています。公務員になりたい学生、一流の大学に入学したい学生、言語を勉強したい学生、または看護師、農民、機械工になりたい学生のための学校があります。

Anúncio

ブラジルやアメリカなど一部の国では、仕事の関係で他国に帰国したが、将来は出身国に帰国する日本人学生を対象としたジュク構造になっています。利点は、子供が他の日本人学生との関係で取り残されないことです。日本の領土外で塾をやっている生徒たちは、日本の学校の平均に関する知識を知るために、テストとシミュレーションを行います。

子供たちは一人で日本の学校に行ったり来たりします!なぜなら?

アカデミックおよび非アカデミック塾

String Fixerのウェブサイト(stringfixer.com)によると、非学術的な塾は課外授業を対象としたものです。それは個別指導ではなく、新しい学習とスキルの追加のレッスンです。通常、学業以外の塾に通う幼い子供たち。与えられるクラスは通常:ピアノ、言語、芸術、 書道(書道)、水泳、 そろばんレッスン(そろばん).

アカデミック塾はカテゴリーに分けられます。

Anúncio
  • 中小規模の地元の筆記体学校。
  • 脱落した、または通常の学校を避けている子供たちを救うための学校。 
  • フランチャイズ塾;
  • 他の異なるタイプのコース。 

2011年だけでも、5人に1人の子供が家庭教師のクラスに参加しました。この数は、大学への進学を目指す学生の数よりも多かった。塾で毎年支払われる金額は 26万円.

アカデミック塾では、数学、日本語、理科、英語、社会科を必須科目として提供しています。これらは、高校入試に合格するために「クラムコース」を受講することを選択した学生を対象としています。子どもが勉強するのは大変なことのように思えるかもしれませんが、一般的に塾に通う人はとても楽しんでいます!

子供たちは一人で日本の学校に行ったり来たりします!なぜなら?

この種の教育は多くの疑問を投げかけられています。これらの個別指導クラスに関連してさらに。それをすることを選ぶ人々は勉強するために生きており、ほとんどは小さな子供です。日本は教育水準が高いことで知られていますが、すべての学生が塾にアクセスできるわけではありません。

塾は公立学校で教育を受けている人を助けることはできますが、この学校で勉強している人は必ずしも子供たちに塾を支払うことができるとは限りません。

日本の家庭教師の授業についてどう思いましたか?