名前のないモンスター– なまえのない会ぶつ– モンスター

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

モンスターは74回のエピソードで2004年にアニメの適応を受け、1994年に出版され有名な漫画です。それは古いですので、いくつかは、この素晴らしい作品を鑑賞する機会があったが、私自身はので、線や正方形のキャンバスの非常に消極的でした。最後に、私はサスペンス、サイコスリラーや質問人々内部のモンスターの存在を必要とするこの傑作を鑑賞する機会を得ました。あなたがまだの場合は、実行するとウォッチ!

アニメには超自然的なものは何もなく、物語はドイツで行われ、頭を撃たれた少年を救うことを決心した天満という名前の医者を示していますが、この少年は結局1人になります 連続殺人犯 人を操るサイコパス。アニメは、単純な言葉と行動が人々を感情なしでモンスターに変えることができる方法を示しています。

名前のないモンスター

アニメの裏話では、イラスト入りの本が なまえのない会ぶつ (なまえのないかいぶつ)これは文字通り意味します 名前のないモンスター。 チェコ語での元の名前は Obluda、KieráNemáSvéJméno。この本には、アニメで重要だった興味深い話、特に次の文章があります。

発表

私を見て、私を見て!私の中で成長しているモンスターはとても大きいです! (ぼくをみて!ぼくをみて!ぼくのなかの会ぶつがこなにおおきくだたよ)

この物語は非常に複雑で、アニメを見るだけでその背後にある意味を理解することができます。この記事では、私は日本語で、いくつかの表現を勉強するためにそれを使用することにしました。以下のビデオを見ると、ストーリーを見ることができます。

(元のオーディオを含む元のビデオは見つかりませんでしたが、オーディオは見つかりました);

この話を使って日本語を学ぶことができます。簡単な言葉やオノマトポイアなど、童話のスタイルで語られているので気に入りました。この記事では、ストーリーを自分で、文ごと、単語ごと、イデオグラムごとに調べてみましょう。このサイトの利用をお勧めします じしょ あなたがそれらを理解したい場合は、単語の意味を検索します。だから、あなたはアンキのためにあなた自身の文章を作成し、それでも同時に勉強することができます。

発表

日本語で歴史を学ぶ

昔々ある所に名前の無い怪物がいました。
むかしむかし、あるとろになまえのないかいぶつが今下。
昔、名前のない怪物がいました。

怪物は名前が欲しくて欲しくて、仕方ありませんでした
かいぶつはなまえが星くてほしくて、四方ありませんでした。
怪物はひどく名前を付けたかったので、もうそれをとることができませんでした。

そこで怪物は旅に出て名前を探すことにしました。
かいぶつそこはたびにでたなまえをさがすとになりたした。
それで彼は名前、名前を見つけるために旅に出ることに決めました。

発表

でも世界は広いので怪物は二つに別れて旅に出ました。
デモせかいはひろいノードかいぶつはふたつにわかれてたびにとおひた。
しかし、世界は大きな場所だったので、モンスターは2つに分かれて旅を完了しました。

一匹は東へも一匹は西へ。
ippiki ha higashi he、ippiki ha nishihe。
1つは東に行き、もう1つは西に行きました。

東へ行った怪物は村を見付けました。
ひがしへいったかいぶつはむらをみつけました。
東に行ったモンスターが村を見つけました。

発表

村の入口にはかじやがいました。
村なしiriguchi NIヘクタール鍛冶屋のGA imashita。
村の入り口に鍛冶屋がいた。

「かじやのおじさん、僕にあなたの名前ください。」
「かじやのおじさん、ぼくにアナタのなまえください」
-「鍛冶屋さん、お名前を教えてください」

「名前なんてあげられるものか。」
「なまえなんてあげらるものか」
-「名前を教えられない」

「名前をくれたら、お礼におじさんの中に入って力を強くしてあげるよ。」
「なまえをクレタラ、におじさんのなかにはい、ちからをつよくしてあげるよ」
-「あなたが私にあなたの名前を教えてくれれば、私はあなたの胃に入り、あなたを世界最強の男にします。」

「本当か?力が強くなるなら、名前を上げよう。」
「ほんとう?ちからがつよくなるなら、なまえをあげよう。」
-「真実?あなたが私を強くしてくれたら、私はあなたに私の名前をあげます」

怪物はかじやの中に入っていきました。
kaibutsu ha kajiya no naka nihaitteikimashita。
そして怪物は鍛冶屋の胃に入った。

怪物はかじやのオットになりました。
おっとになりたしたのかいぶつはかじや。
モンスターは鍛冶屋オットーになりました

かじやのオットは村一番の力持ち
オットーヘクタール村一番chikaramochiの鍛冶屋
オットーは村で最強だった

発表

でも、ある日
デモあるこんにちは
しかしある日:

「僕を見て、僕を見て、僕の中の怪物がこんなに大きくなったよ。」
「僕は、ダニ、ぼくの那珂なし怪物GA konnani ookikuナッタよWOぼくダニヲ。」
私を見て、私を見てください。私の中のモンスターはとても成長しました!

*バリバリ、クシャクシャ、バキバキ、ゴクン*
ばりばり、くしゃくしゃ、ばきばき、ごくん
Bite Bite、Chew Chew、Grind Grind、Swallow。

おなかの空いた怪物はオットを中から食べてしまいました。
ナカカラtabete shimaimashita WOなし吹田怪物ヘクタールオットー大中。
空腹の怪物はオットーを裏返しに食べました

怪物はまた名前の無い怪物にぎゃくもどり、靴屋のハンスの中に入っても
かぶつはたなまえのなかいぶつに逆にどり、くつやのはんのなかにはいっても
名前のないモンスターに戻りました。それでもそれは靴屋のハンスの胃に入ったが:

発表

*バリバリ、クシャクシャ、バキバキ、ゴクン*
ばりばり、くしゃくしゃ、ばきばき、ごくん
Bite Bite、Chew Chew、Grind Grind、Swallow。

また、名前の無い怪物にぎゃくもどり、かりゅうどトマスに入っても
殺す、なまえのなかいぶつに逆モドリ、かりゅうどとまにはいっても
そして彼は無名の怪物に戻った。それでもそれはハンターのトーマスの胃に入ったが:

*バリバリ、クシャクシャ、バキバキ、ゴクン*
ばりばり、くしゃくしゃ、ばきばき、ごくん
Bite Bite、Chew Chew、Grind Grind、Swallow。

やっぱり名前のない怪物にぎゃくもどり。
やっぱり、なまえのない会ぶつに逆り。
そして彼は無名の怪物に戻った。

怪物はお城の中にすてきな名前を探しに行きました。
怪物ヘクタール大城なし那珂NIステキsagashini ikimashitaヲNAEナ。
モンスターは素晴らしい名前の検索で城に行ってきました。

発表

お城の中には病気の男の子がいました。
おしろのなかにはby大木のおとこのこが今下。
城の中にはとても病気の男の子がいました。

「きみの名前を僕にくれたら、強くしてあげるよ。」
「きみのなまえをぼくにクレタラ、つよくしてあげるよ」
-「名前を教えてくれれば健康になります」

「病気が直って強くなるなら、名前を上げる。」
「びょうきがなおってつよくなるなら、なまえをあげるよ」
-「あなたが私の病気を治して私を強くしてくれたら、私はあなたに私の名前をあげます」

怪物は男の子の中に入って行きました。
かいぶつはおとこのこのなかにはいっていきました。
モンスターが少年に入った。

男の子はとても元気になりました。
おとこのこはとてもげんきになりたした。
その少年は健康になった。

発表

王さまは大喜び 「王子は元気になった!王子は元気になった!」
王様ヘクタールooyorokobi「王子ヘクタール元気ナッタ!おじはげんきになった!」
王は感銘を受けました。-「王子は元気です!王子は元気です!」

怪物は男の子の名前が気に入りました。
かいぶつはおとこのこのなまえがきにいりました。
モンスターは男の子の名前に満足していました

お城の暮らしも気に入りました。
おしろのくるしもきにいりました。
そして彼は城での生活にも満足していました。

だから、おなかが空いてもがまんしました。
ダカラ、オナカガスイートモガマンシマシタ。
そのため、お腹が空いても耐えました。

毎日毎日、おなかがペコペコでもがまんしました.
mainichi、mainichi、onaka ga pekopeko by mo gamanshimashita。
毎日、お腹が空いても我慢していました。

でも、あまりおなかが空いてしまったので
デモ、あまりおなかがスイートシマッタノード
しかし、彼は非常に空腹になったという事実によります。

「僕を見て、僕を見て、僕の中の怪物がこんなに大きくなったよ。」
「僕は、ダニ、ぼくの那珂なし怪物GA konnani ookikuナッタよWOぼくダニヲ。」
私を見て、私を見てください。私の中のモンスターはとても成長しました!

男の子は王様もけらいもみんな食べてしまいました。
オトコノコハオサマモケライモミンナタベテシマイマシタ。
その少年は彼の父、使用人そして他のみんなを食べました。

*バリバリ、クシャクシャ、バキバキ、ゴクン*
ばりばり、くしゃくしゃ、ばきばき、ごくん
Bite Bite、Chew Chew、Grind Grind、Swallow。

誰もいなくなってしまったので、男の子は旅に出ました。
あれもいなくなってしまったので、おとこのこはたびにとおひた。
他の誰もがなかったので、少年は旅に行って、彼は他の誰を発見しなくなるまで、彼は彼の方法で出会ったすべての人を食べました。

何日も何日も、歩き続けて。
なんにちも、なんにちも、あるきつすけて。
彼は歩いて何日も歩いた。

ある日男の子は西へ行った怪物を出会いました。
あるひ、おとこのこはにしへいたかいぶつをでいいました。
ある日、少年は西に行った怪物を見つけました。

「名前がついたよ。すてきな名前なんだ。」
「なまえがついたよ。ステキななえななんだ。」
-「私には名前があります。私には素晴らしい名前があります。」

西へ行った怪物は言いました「名前なんていらないは。
nishi he itta kaibutsu iimashita:“ namae nante iranaiha。
そして、西に行ったモンスターは言った:

名前なんてなくてもしあわせよ。わたしたちは名前の無い怪物ですもの。」
なまえなんてなくてもしわせよ。わたしたちはなまえのないかいぶつです。」
-「名前は必要ありません。名前がなくても嬉しいです。私たちは無名のモンスターだからです。」

男の子は西へ行った怪物を食べてしまいました。
tabete shimaimashita WO KOヘクタール西彼ITTA怪物がない男。
その少年は西に行った怪物を食べた。

名前をついたのに名前をよんでくれる人はいなくなりました。
なまえをつたののになまえをよんでくれくるひとはいなくなります。
名前を持っているにもかかわらず、彼を名前で呼ぶ人は誰もいませんでした。

「ヨハン」すてきな名前なのに。
なまえなのにヨハンステキ。
ヨハン。素晴らしい名前です。