日本の学校のオーケストラと合唱団

[ADS]広告

公立か私立かを問わず、すべての日本の学校では、サンゴが毎年発生し、通常、すべての学生が参加して歌い、通常はクラスごとに歌います。この記事では、日本の学校のオーケストラと合唱団についてお話します。

日本の学校は、アートワーク、研究、合唱パフォーマンス、コンサート、演劇などの学生との文化活動でいっぱいです。言うまでもなく スクールクラブ これらの活動もカバーしています。

日本の学校で通常行われるサンゴに参加するために、どこかにクラブや合唱団である必要はありません。各クラスのすべての学生は、歌のパフォーマンスを発表するために数ヶ月前に奨励され、準備されています。

日本の学校のオーケストラと合唱団

たぶん、学生が数ヶ月前に準備するアニメでこれらの状況を見たことがあるでしょう。通常、クラス間で競争があり、時には学際的ですらあります。

毎年、重要な全国大会が開催され、最高のオーケストラまたは合唱団が選ばれます。 これにより、生徒は学校の名誉を守るために、歌や楽器の練習に意欲を感じることができます。

学校の合唱団は呼ばれます gasshoudan [合唱団]。西洋では、私たちは教会の聖歌隊と強いつながりがあります。聖歌隊が宗教的なものを指すとき、それは呼ばれます seikatai [聖歌隊].

日本の学校でのサンゴの利点は何ですか?

古典的な日本の歌は、一般的に、今日の若者の間で人気のある歌よりもはるかに良い効果があります。幼い頃から、日本の子供たちは古典音楽と歌の真の芸術を鑑賞することが奨励されています。

日本の学校のオーケストラと合唱団

日本の学校の音楽は数学と同じくらい重要です。明治時代から、初等中等教育では日本文化における音楽の研究が義務付けられてきました。

わずか6歳の日本人の子供たちは、合唱団に参加したり、楽器を学んだりするように勧められるようになりました。子供たちは週に少なくとも1時間半の音楽レッスンを受けています。

これらのオーケストラと合唱団は、学生が社会的交流をするのにも役立ちます。彼らはグループとして働くことが奨励されています。彼らは協力して全体としてのパフォーマンスを生み出し、全体として判断されます。

日本の学校のオーケストラと合唱団

生徒は、歌い方が好きか知っているかに関係なく参加します。このすべての作業は、協力、チームワーク、および規律をもたらします。日本人が生涯にわたって持ってきたスキル。

日本の声

ステップでは、おそらく学校でのサンゴの人気に影響を与えた社会的および政治的運動がありました。日本語のムーブメント「日本の声」 nihon no utagoe [日本歌声].

この運動は共産主義と民主的社会主義のイデオロギーを運び、運動は労働者階級に焦点を合わせた工場、学校、住宅地で日本中の音楽と合唱活動を提供しました。

日本の学校のオーケストラと合唱団

この運動は1950年から1960年にかけてピークを迎え、Voice of Japan運動の創設者とされる日本人歌手の関明子氏に支えられ、資本主義が日本を支配するようになり、運動の目的は弱まりましたが、全国で合唱団を推進し続けています。

もちろん、日本の学校行事のオーケストラや合唱団の演奏に焦点を当てた運動やグループは、日本の声だけではありません。1927年、フランスから帰国した小松浩介が「全国音楽協会」を設立し、後に「日本サンゴ協会」となりました。最大。

JCAは、日本で小中学校、工場、企業、民間団体の合唱団を推進する責任があります。日本には3万本以上の珊瑚礁が点在していると考えられています。

全日本吹奏楽連盟もあります。これは、全国で行われるバンドやオーケストラの競技会を担当する組織です。 14,000を超えるAJBAスクールバンドとオーケストラがあると推定されています。

日本の学校のオーケストラと合唱団

日本の文化における合唱団とオーケストラの影響と重要性についてはすでに述べました。また、日本人がこの種の音楽をどのように評価し、この芸術を社会に広めようと努力しているのかをすでにご存知でしょう。

主に日本の学校の卒業式で、合唱団やオーケストラで歌われる人気のある曲がたくさんあります。あなたはその歌を聞いたことがあるに違いありません。つばさをください「または」3gatsu 9kaドラマ「涙のリットル」で演じた」。

これらの人気のある曲に加えて、私たちはリストすることができます:

  • 松戸屋由美の「そうつぎょうしゃしん」
  • 海援隊「おくることば」
  • 森山直太朗の「さくら」
  • SPEEDによる「私の卒業」
  • 「たびだちのひに」合唱曲
  • 尾崎豊による「総つぎょう」。
  • コブクロの「さくら」
  • EXILEの「ミチ」
  • いきものがかりの「YELL」

日本の学校の合唱団やオーケストラは、大会、卒業式、文化的イベント、学校のイベント、さらには学校の外でも開催される可能性があります。合唱団やオーケストラの影響は全国的に強いと認識しています。

J-POPの曲やアイドルでも、素晴らしい協力、クラシック楽器、グループ合唱団を感じます。ポピュラー音楽がクラシック音楽や日本と西洋の合唱団とどのように混ざり合っているかは興味深いです。

日本の学校の合唱団に参加する機会があったことはありますか?コメントする好奇心や追加情報はありますか?コメントと共有に感謝します。

この記事を共有する: