Kodo Live in Acropolis、Greece

[ADS]広告

鼓童 太鼓のプログループです。日本の佐渡島を拠点に、国内外で日本の太鼓の普及に大きな役割を果たしました。彼らは定期的に日本、ヨーロッパ、アメリカをツアーしています。

パフォーマンスの主な焦点は太鼓ですが、他の人は 伝統的な楽器伝統舞踊や声楽のほか、笛や三味線なども舞台に登場します。

彼のショーには、日本の地域の伝統的なリズムに基づいた作品、現代の作曲家によって鼓童のために作曲された作品、そしてメンバー自身によって書かれた作品が含まれています。表示される数値は、コンサートごとに異なる場合があります。その性能は通常約1時間40分続きます。

日本語では、「鼓童」という言葉は2つの意味を伝えます。「ハートビート」はすべてのリズムの主要な源であり、別の言い方をすると、「子供」を意味する場合があります。これは、鼓童がドラムに触れたいという願望を反映したものです。子供の心で。 

このグループは、日本の伝統芸術の保存と再解釈の両方に努めています。佐渡島に戻ると、世界ツアーや研究旅行の経験や音楽が集まり、グループのパフォーマンスや作曲に大きな影響を与えます。また、他のアーティストや作曲家ともコラボレーションしています。

1981年のベルリンフェスティバルでのデビュー以来、鼓童は5大陸で3,100回以上の公演を行い、年間の約3分の1を海外で過ごし、3回目は日本でツアーを行い、3回目は佐渡島で休憩して新しい素材を準備しています。

KODO組織

グループ内の活動を処理する3つの組織があります。Kitamaesenは、プレゼンテーション活動に関連するすべてを管理します。おとだいくは、グループの著作権と、グループが使用する楽器の開発と販売を管理しています。非営利団体は鼓童文化財団の下で組織されています。

鼓童はギリシャのアクロポリスに住んでいます

鼓童村

校舎を転用して10年以上暮らした甲道は、佐渡島南部の小木半島に25ヘクタール(10万㎡)の密林地を確保し、1988年に開村式を執り行いました。

伝統芸術を保存するための献身的な姿勢に合わせて、最初の建物である本館は、取り壊しの対象となった 200 年前の農場の森から再建されました。

現在は拡張されており、共同キッチンとダイニング エリア、音楽とダンスの世界に特化した図書室を備えています。その後、応接棟、寮舎、スタジオ、そして最近ではリハーサル室が新設されました。

これらの主要な共同建物に加えて、グループの既婚メンバーが土地の周りに家族の家を建てました.

このDVDは、ギリシャのアクロポリス遺跡でのライブパフォーマンスで1995年に日本の打楽器グループ鼓童を祝うものです。ミュージカル映画自体に加えて、元グレイトフルデッドのドラマーとドラマーのミッキーハートへのインタビューも含まれています。

(このDVDには、ギリシャのアクロポリス遺跡での1995年の日本のパーカッショングループKodoのライブパフォーマンスが収録されています。音楽映像自体に加えて、パーカッショニストと元グレイトフルデッドドラマーのミッキーハートへのインタビューも含まれています。)

Características

  • タイトル鼓童:アクロポリスに住む
  • アーティスト/バンド:鼓童
  • 製造年:1995
  • リリース年:2002

技術仕様

  • メディアタイプ:DVDRip
  • リージョン1
  • 持続時間(分)約60分
  • 画面フォーマット:フルスクリーン
  • オーディオ:ドルビーデジタル、ステレオ
  • 言語:日本語/英語
  • サブタイトル:いいえ
  • サイズ; 1Gb
  • 年齢層:無料
  • ディスク数:1

追加情報-トラック

  • 1.いろどり
  • 2.三宅
  • 3.チャングウェラ
  • 4.ゾク
  • 5. Yamauta/O-Daiko
  • 6.やたい林
  • 7.西モナイ
  • 8.三感四音
  • 9.モノクロ
  • 10.アカバナール

この記事を共有する: