韓国の高等教育

西洋と東洋の間には明らかに精神的、文化的、社会的な違いがあるが、それでも何千人もの学生が朝凪の国で高等教育を受けようとするのを止めることはない。write my research paperサービスの研究者によると、急成長する経済と韓国政府の好意的な態度が、このような状況を生み出しているとのことです。 国際化 は、教育ツーリズムの魅力的な目的地となることを目指します。高速インターネット、英語の普及、忠実な起業家精神が、世界中の学生を韓国へ惹きつけています。

高等教育制度

韓国では高等教育が盛んである。高校を卒業した人のうち約70%が高等教育機関に進学する。高等教育機関には、伝統的な大学だけでなく、単科大学やオープンカレッジ(インターネットを通じて教育課程を編成する大学)も含まれる。

大学での教育プロセスは、学士、修士、博士の3段階に分かれています。学士号取得には4年、修士号取得には2年かかります。博士課程の学生が研究に従事する期間は、4年以内です。

韓国の学年は2学期に分かれています。1つは3月、もう1つは9月に開始します。各学期終了後、7月中旬から8月までの夏季、12月下旬から2月までの冬季の休暇を発表しています。

重要なことは、韓国ではすべての種類の教育(就学前教育も含む)にお金を払わなければならないということです。高等教育費は年間US$ 1,500〜US$ 8,000です。修士課程はその4分の1程度です。

また、大学の膨大なインフラは、学生支援サービス、寮の宿泊費と食費、健康保険料などを毎学期支払う学生によって、ある程度賄われている。

研究の内容面

韓国で学士、修士、博士の学位を取得できる期間は、ヨーロッパとほぼ同じである。しかし、韓国の教育内容は欧州のそれとは著しく異なっている。

韓国のほとんどの大学は、自由な教育水準を守っています。ここには厳密なカリキュラムはありません。理系全般、専門科目など、興味のある科目を自由に選択することができます。このような形式は、教育費と相まって、学生が責任を持って勉強する科目を選択する動機付けとなります。大学生活がどれだけ有益で実りあるものになるかは、学生の優先順位で決まります。このように、自由という認識は、学生に大きな責任と義務を課している。

韓国の教育関係者は、生徒の学力を評価する際、学習した情報量や成績、あるいは出席率にはこだわらない。学生が良い成績を取るために最も重要なことは、学んだ情報を実践で活用できることを証明することです。学生は実際のプロジェクトを準備し、ケースを解決することで、さまざまな状況で理論を活用する能力を発揮します。

韓国の大学にはゼミがなく、カリキュラムには講義しかない。講義の授業には、さまざまな形式があります。講義の授業にはいくつかの形式があります。1つ目は、講師が各自に課したトピックのある側面について、プレゼンテーションを作成すること。授業では、全体像が浮かび上がってきた情報を発表します。この形式では、効果的なスピーチ、簡潔なプレゼンテーション、情報の迅速な吸収を学ぶことができます。

また、教師がモデレーターの役割を果たす方法として、生徒同士の活発な議論があります。質問し、討論のテーマを決め、例を挙げ、コメントを求める。科学的な議論の結果、素材をしっかりと理解することができるのです。強い感情は長期記憶を呼び起こすことが知られています。研究対象について自分の主張を感情的に証明する学生は、自分の考えや議論の経過、相手の論理を暗記する。

韓国の大学

現在、韓国では、約400の 高等教育機関.その中には、私立大学や国立大学もあります。名門大学3校はSKYの略称で呼ばれ、以下の通りです。

  • ソウル国立大学
  • 韓国科学技術院(Korea Advanced Institute of Science and Technology
  • 延世大学

ソウル国立大学 は、様々な専門分野を持つ10の教育機関が合併し、1946年に設立された韓国最大の大学です。ソウル大学は、数万人の大学生・大学院生の母校です。彼らは社会科学、自然科学、技術科学、生態学、工学プログラム、獣医学、音楽などを学んでいます。本学の教員は自由なビジョンを持っており、教育の全過程において学生に可能な限りの自由を与えています。この大学のもう一つの重要な活動は、長期留学と短期インターンシップの両方を目的とした学生交換プログラムです。

- 南朝鮮の高等教育

韓国科学技術院(KAIST) は、韓国を代表する大学で、50年足らずの間に、アジアでトップ10、世界でトップ100に入る大学になることに成功しました。KAISTは、ソウルから約140km離れた山間の都市、大田(テジョン)にあります。大学の教育プログラムのほとんどは、数学、工学、化学、物理学、電気工学、そしてバイオテクノロジーとITに捧げられています。しかし、KAISTには将来のジャーナリスト、政治学者、知的財産管理者を教育するリベラルアーツ学科もある。学生は、大学の広大な敷地にある22棟の寮に入居しています。フェスティバルやコンサートも、KAISTの文化活動の重要な一部となっています。

延世大学 は、民間のエリート研究機関であり、韓国でトップ3に入る大学です。延世大学は、MBAビジネスプログラムをはじめ、多くの英語教育コースを設けています。留学生のためのサマースクールでは、芸術・文化から社会科学・技術科学に至るまで、数百に及ぶさまざまなコースが用意されています。緑あふれる延世大学のキャンパスは、世界で最も絵になるキャンパスのひとつと言われています。

梨花女子大学 は、19世紀末に設立されたソウルの中心部にある非政府系の女子大学です。現在、梨花女子大学は世界最大の女子大学となっています。梨花の使命は、女性が職業環境においてリーダーとなることを支援することです。本学は女子伝道学校を母体としているため、伝統に対する特別な姿勢がある。人文科学、社会科学、自然科学、工学、音楽、教育学、法学、デザインなどのコースがあります。

浦項科学技術大学校(POSTECH) は、浦項市にある世界的に有名な私立大学です。テクノロジーと技術分野の研究と学術は、POSTECHの優先事項です。数学、化学、物理学の専門家を擁する大学として有名である。また、産業工学、電子工学、コンピュータ技術の学部は、世界中の学生をPOSTECHに惹きつけています。

韓国の高等教育 - 南朝鮮

入場料

韓国の大学への入学の特殊性は、特定の教育機関の原則に依存する。時には異なることもありますが、やはり共通する部分もあります。

韓国では3月が正式な年度始めです。ただし、多くの大学では新入生を年2回受け入れています。黄色い霧」(3月に韓国がゴビ砂漠の砂煙に一時的に覆われる)の時期に出願を希望する場合は、9月から11月までが出願・入学試験期間となります。9月以降に留学予定の方は、5~6月頃にご提出ください。

韓国のほとんどの大学は、電子メールまたは学校のウェブサイトにある専用の応募フォームから応募者のポートフォリオを受け付けています。

韓国語は留学生の必須条件ではなく、むしろ利点となります。教育プログラムの大部分は英語での授業を必要としています。したがって、受験者は、いずれにせよ、そのことを確認する証明書が必要となります。 しゅうじゅくど TOEFLまたはIELTS(英語)、TOPIK(韓国語)。

テストは、立派な候補者を選ぶための主な手段です。韓国では、小論文や推薦文は不信感を持たれています。客観的な評価が困難とされている。そのため、エッセイライティングサービスredditのレビューは、主にアメリカやヨーロッパの学生からのものです。

だから、今、韓国に留学することを決めたら、そこの教育の主な内容を知っていることになる。ご健闘をお祈りします。

この記事を共有する: