南京大虐殺 日本の暗黒面

[ADS]広告

南京は日中戦争で最大の大惨事の1つでした。南京大虐殺は、日中戦争(1937〜 1945年)の間に、当時中国の首都であった南京の住民に対する日本軍による大量殺戮と強姦のエピソードでした。 )。虐殺は、都市の占領後、1937年12月から1938年1月の間に行われました。

その間、日本帝国軍の兵士が中国の民間人を殺害し、4万人から30万人以上の戦闘員を武装解除した。軍隊はまた、レイプと街の略奪を犯した。

南京大虐殺-日本のダークサイド

殺人に関する日本の軍事記録のほとんどは、1945年の日本の降伏直後に秘密にされたか破壊されたため、歴史家は虐殺による死者数を正確に見積もることができませんでした。

中国領土への日本の侵略

1937年8月、日本軍は上海に侵攻し、強い抵抗に直面し、死傷者を出しました。両陣営が白兵戦で摩擦を持っていたので、戦いは血まみれでした。 11月中旬、日本軍は海軍の砲撃の助けを借りて上海を占領しました。

東京のゼネラルスタッフの本部は当初、死傷者が多く、軍隊の士気が低いため、戦争を拡大しないことを決定しました。

南京大虐殺-日本のダークサイド

しかし、12月1日、本部は軍隊に南京を占領するよう命じた。上海の戦いに敗れた後、中国軍の将軍である蔣介石は、南京の崩壊が時間の問題であることを知った。

蔣介石の計画

南京大虐殺-日本のダークサイド
蔣介石

彼と彼のチームは、象徴的な防衛で彼のエリート軍の全滅を危険にさらすことはできないが、絶望的な首都であることに気づきました。将来の戦いのために軍隊を保護するために、そのほとんどは削除されました。チェンの戦略は彼の顧問のアドバイスに従うことでした。この戦略には、日本軍を首都に引き付け、その領土を防御力として使用することが含まれていました。

チェンは、中国国内で日本人を疲弊させるために、長引く消耗戦争を行うことを計画した。声明の中で、唐盛志司令官は、市は降伏せず、死ぬまで戦うと発表した。

唐は、上海の戦いに参加した中国軍を含む、ほとんど経験の浅い約10万人の兵士を集めました。民間人が街から逃げるのを防ぐために、彼は蔣介石の指示に従って、軍隊に港を守るよう命じました。

南京大虐殺-日本のダークサイド
蔣介石を話す

防衛軍は道路を封鎖し、ボートを破壊し、近くの村に火を放ち、避難を妨げた。蔣介石の停戦計画のこの拒絶は、都市の運命を封印しました。

南京は何日も絶えず爆撃されていました。そこに残っていた中国軍は落胆し、都市の必然的な崩壊の前に飲み始めました。日本軍は前進を続け、中国の抵抗の最後の線を打ち破り、12月9日に南京市の門に到着した。

12月9日正午、日本軍は市内でパンフレットを発行し、24時間以内に降伏するよう要求した。その間、委員会のメンバーは唐に連絡し、3日間の停戦計画を提案した。日本軍が現在の位置に留まっている間、中国軍は戦いなしで撤退することができた。

南京市の占領

日本人は降伏の要求に対する返答を待っていた。ただし、12月10日の締め切りまでに返答はありません。松井岩根将軍はさらに1時間待ってから、南京を無理矢理連れて行くよう命令を出した。

南京大虐殺-日本のダークサイド
日本兵に切断されようとしている囚人(左の写真)と、囚人を使って銃剣攻撃を訓練する日本兵(右の写真)

日本軍は南京の城壁に複数の方向から攻撃を仕掛けました。第16師団は東の3つの門を攻撃し、第6師団は西で攻撃を開始し、第9師団は中部に進みました。

12月12日、大砲と空爆を受けて、唐盛智将軍は部下に撤退を命じた。それ以来、それは混沌に他なりませんでした。一部の中国人兵士は、必死に混ぜようとして民間人から服を盗んだ。他のものは逃げようとしている間に監督部隊によって撃たれた。

日本軍による虐殺

南京大虐殺-日本のダークサイド

市内にいる外国人と中国人の目撃証言は、日本軍が殺人、盗難、火事、その他の戦争犯罪を犯したと報告した。いくつかの報告は、中国の民間人を保護するために遅れをとることを選んだ外国人からのものでした。

その他の報告には、南京大虐殺の生存者からの一人称の証言、ジャーナリストからの目撃者の報告、および軍人のための野外日記が含まれます。1937年、新聞社とnbsp;大阪マイニチ新聞は、向井敏明と野田毅の関係者間の「論争」を取り上げた。

南京大虐殺-日本のダークサイド
向井と野田を引用した新聞|向井敏明(左)と野田毅(右)

二人の男は、ナンキングを捕まえる前に、最初に剣で100人を殺した。どちらも戦闘中に目標を上回り、どちらの役員が実際に競争に「勝った」かを判断することは不可能でした。したがって、彼らは150人を殺すために別の競争を始めることにしました。

その後、1945年に日本が降伏した後、向井も野田も逮捕され、戦争犯罪者として裁判にかけられた。両方とも有罪とされ、発砲隊によって処刑されました。

女性と子供のレイプ

南京大虐殺-日本のダークサイド
街の占領中、中国人女性が誘拐され、性奴隷として使われた。これらの女性は「コンフォートウーマン」として知られるようになりました。写真:2人の慰めの女性を持つ日本兵。

占領中に約2万人の中国人女性がレイプされたと推定された。多数のレイプが日本兵によって行われた。彼らは戸別訪問し、捕らえられレイプされる女性を探しました。

当初、女性はレイプされた直後に殺されました。彼らはしばしば明示的な切断によって殺されました。小さな子供たちはこれらの残虐行為を免除されず、レイプのために日本兵に連れて行かれました。

軍隊の撤退、占領と裁判の終了

1938年1月下旬、日本軍は「秩序を回復した」と主張して、セキュリティゾーンからのすべての難民を強制的に帰国させた。1938年に協力政権が樹立された後、南京の秩序は徐々に回復し、日本軍の残虐行為は大幅に減少した。

1938年2月18日、国際ナンキングセキュリティゾーン委員会は強制的に「ナンキング国際救助委員会」に改名され、セキュリティゾーンは事実上機能を停止した。最後の難民キャンプは1938年5月に閉鎖されました。

南京大虐殺-日本のダークサイド

1938年2月、朝香宮鳩王と松井将軍の両方が日本に呼ばれ、松井は引退したが、朝香宮鳩王は第二次世界大戦が終わるまで最高戦争会議に残った。彼は1939年8月に将軍に昇進しましたが、もはや軍事指揮権はありません。

1945年に日本が降伏した直後、南京で日本軍の責任者が裁判にかけられた。先に述べたように、向井敏明将校と野田毅義将校は南京戦争犯罪法廷で裁判にかけられ、死刑を宣告された。

松井岩根は東京裁判所から人類に対する罪で起訴され、死刑を宣告された。虐殺の責任者の一人である谷久雄は、南京戦争犯罪法廷によって人類に対する犯罪で裁判にかけられ、死刑を宣告された。

朝香王子への免責

南京大虐殺-日本のダークサイド
朝香靖彦王子

朝坂靖彦王子は、その処刑と民間人に市軍をレイプして略奪することを許可した人物でした。1946年、朝香王子は南京虐殺への関与について質問され、その証言は東京裁判所の国際検察局に提出された。

朝香は虐殺の存在を否定し、彼の軍隊の行動についての苦情を受けたことがないと主張した。その後、第二次世界大戦の終結後、朝香は帝国の家族全員と同様に、アメリカの将軍ダグラス・マッカーサーから免除を受けました。

誰が本当に責任がありましたか?

1945年9月の第二次世界大戦の終結後、日本の戦争犯罪者は東京裁判所と南京戦争犯罪裁判所で裁判にかけられました。

南京大虐殺-日本のダークサイド
左から松井岩根、谷久雄、観音王子、朝香王子、長一サム、廣田幸樹。

責任者は次のとおりです。

  • 松井岩根将軍 -松井は南京で軍隊が何をしているのかを知っていたが、捕獲時に病気であると主張して何の行動も起こさなかった。東京裁判所は、病気にもかかわらず、松井は彼の軍隊をコントロールするのに十分な能力を持っていたと認定しました。彼は死刑を宣告され、1948年12月23日に処刑されました。
  • 谷寿夫中尉 -谷は南京戦争犯罪法廷で裁判にかけられた。谷は彼に対する告発を否定し、韓国の兵士を虐殺のせいにした。彼は民間人の虐殺とレイプを扇動した罪で有罪となり、1947年4月26日に死刑を宣告され処刑された。
  • プリンスカンイン - 中国、特に上海と南京で使用されている細菌兵器の使用を許可する責任があると考えられています。しかし、カンインは1945年5月の終戦前に亡くなったため、裁判にかけられませんでした。
  • 朝香王子 -前述のように、朝香には免除が与えられました。王子は、病気の松井の命令がなかったのに、南京での虐殺を承認した人でした。
  • 長勇中尉 -朝香の補佐官、彼は虐殺の共犯者と見なされていた。しかし、 チョウは、1945年6月の沖縄の戦いで自殺したため、裁判にかけられませんでした。
  • 首相 廣田幸樹 -責任者の一人とも考えられ、東京裁判所で裁判にかけられた。廣田は首相としての役割を怠り、虐殺を許した罪で有罪判決を受けた。彼は死刑を宣告され、1948年12月23日に処刑されました。

論争と虐殺の否定

日本の国民主義グループは修正主義の歴史を行い、虐殺があったことを否定しています。しかし、日本政府自体が第二次世界大戦後の南京虐殺を認めました。

しかし、安国神社をめぐる論争があるため、日本政府の態度はほとんど中国人を納得させません。聖域には戦争犯罪者の名前が登録されており、日本の政治家が神社を訪れ、南京の悲劇の責任者に敬意を表しています。

南京大虐殺-日本のダークサイド

これは、政府の声明にもかかわらず、日本人が過去を後悔していないという印象を与えるため、中国と日本の関係を弱めています。

日本の皇帝は1975年以来安国を訪れていませんが、皇帝と皇后両陛下は依然として毎年国家戦争記念礼拝に出席しています。

この記事を共有する: