日本語の助詞のすべて[の]

[ADS]広告

この記事では、助詞について理解するために必要なすべてについて説明します no 日本語のとその多くの機能は、[何かが何かに属している]ことを示すことに加えて。

「の」助詞は何ですか?

多くの人が助詞を信じています no [の]は日本語で最も簡単なものの1つです。その主な機能は、ポルトガル語の「do、de、meu、minha、ours、yours、yours」や、何かが何かに属していることを示す他の前置詞や記事を置き換えて、あるものが別のものに属していることを示すことです。

しかし、助詞機能 no [の]はそれをはるかに超えています。助詞の次の関数をリストできます。

  • 所持を示します。
  • 動詞と形容詞を推薦します。
  • 動詞を名詞に変換します。
  • 同格(結合)を示します。
  • オブジェクトを従属文で示し、 ga [が];
  • 結論を示してください。
  • 感情的な強調を示します。
  • 変更された発音を示します
  • 質問または質問を示してください。
  • コマンドを和らげるために使用されます。
  • カタカナで書かれている場合は、「いいえ」(英語)を意味する場合があります。

ノニ[のに]、ノード[ので]、モノノ[ものの]、ノミ[のみ]の場合のように、「の」助詞が別の助詞に融合したときに実行できる他の機能は言うまでもありません。 、ダメージ[だの]とノード[のです];

「の」助詞を使用して所有権を示す

何度か言及されているように、「の」助詞の最も一般的な機能は、名詞と単語を結合して、何かが別のものに属していることを示すことです。最も簡単な例は次のとおりです。

  • Watashi no kazoku 「私の家族」。
  • Kebin no kuruma [ケビんの車]-ケビンの車;
  • Gakkou no sensei 「学校の先生」;
  • Anata no biishiki 「あなたの美意識」。
  • Suzume no namida [雀の涙]-スズメの涙;
  • Ago no hone [顎の骨]-あごの骨。
  • Dorama no naka [ドラマのなか]-ドラマはありません(真ん中)。
  • Bokura no kankei [ボクらの関係]-私たちの関係;
  • Mirai no Kuruma 「未来の車」;
  • Watashi no inu 「私の犬」;
  • Watashi no pasokon [私のパソコン]-私のコンピューター;
  • Konpyuuta no gakkou [コンピ…タの学校]-学校のコンピューター;
  • 東京のちかてつ [東京の地下鉄]-東京メトロ;
  • Kankoshi no ane 【看護師の姉】-看護師の姉。
  • Watashi no piano 「私のピアノ」;
  • Anata no geemu [あなたのゲーむ]-あなたのゲーム。
  • Gakkou made no kyori 「学校までの距離」。

上記の例は、結合の機能がいかに単純であるかを示し、助詞を使用して何かが別のものに属していることを示すことができると思います no [の]。私たちが2つ以上のものを統合しようとすると、物事は精神を複雑にする可能性があります。以下のフレーズは、これを理解するのに役立ちます。

彼は私たちの学校の先生です。
カレはワタシタチ no gakkou no sensei desu.
彼は私たちの学校の先生です。
彼は私たちの学校の先生です。

最初の例では、[の]に3つの相互接続されたものを参照するパーティクルがあります。 [の]で最初に助詞を使用するのは代名詞であり、その後に場所と職業が続くことに注意してください。

これは私の日本語の本です
Kore wa watashi no nihongo no hon desu
これは私の日本の本です。

この例では、発音が最初に来て、次に特性と所有のオブジェクトが続くことがわかります。以下は、助詞構造について詳しく説明している写真です。

日本語の助詞のすべて[の]

まず、[S1 +の+ S2 +の+ S3]に拡張できる任意の名詞[S1 +の+ S2]である標準があります。青いボックスには、各タイプの名詞の順序を理解するのに役立つ事前定義された例がいくつかあります。

最後に、最後の例を見てみましょう。

私の友人の山田君を紹介します。
Watashi no yuujin no yamadakun wo shoukai shimasu.
友達の山田を紹介します。

この例では、「の」パーティクルを所有物として、またイコライザーとして使用しています。イコライゼーションについては、次のトピックで詳しく説明します。

「の」助詞を動詞で使用する

「の」助詞と組み合わせて使用されている動詞のいくつかの例を参照して、所有を示します。この場合、文は従属的であり、助詞は主題マーカーのアイデアを与えません。

ユキの買った本
Yuki no katta hon
ユキが買った本
彼の作ったケーキはおいしかった。
Kare no tsukutta keeki wa oishikatta.
彼が作ったケーキは美味しかった
日本人の知らない日本語
Nihonjin no shiranai nihongo
日本人が知らない日本人

従属条項とは正確には何ですか?上記の文は2つの文に分けることができることに注意してください。彼が作ったケーキと美味しいケーキ。一方を他方に依存させる。部下は、他よりも機能を持つ従属フレーズです。

「の」助詞は、彼がしたことだからこそ現れました。代名詞(彼)に属する名詞(ケーキ)があります。まるで「作られたケーキ」 名詞または文の所持でした。

注意、助詞 no [の]は、直接オブジェクトが存在しない場合にのみ上記の場合に使用できます。簡単に言えば、助詞がないとき wo [を].

動詞を「の」ない名詞に変える

「の」動詞の助詞のもう1つの機能は、動詞を名義化することです。動詞の後に「の」助詞を使うと、名詞になります。以下の文章を参照してください。

  • Utau no ga suki [歌うのが好き]-私は歌うのが好きです。
  • Odoru no ga kirai [踊るのが嫌い]-私は踊るのが嫌いです。
  • あそぶのはおもしろい 「遊ぶのは面白い」です。
  • Taberu no ga daisuki [食べるのが大好き]-私は食べるのが大好きです。
泳ぐのはお母さんの趣味だ。
Oyogu no wa okaasan no shumida.
水泳は私の母の趣味です。

上の文は、動詞を名詞に変換し、所有助詞として使用されている助詞を示しています。一部の人々はそれを信じさえします noga [のが]は助詞ですが、助詞[の]と[が]またはの接合部にすぎません。

以前、「の」助詞で名詞を変換することについて正確に説明する記事を書きました。あなたが私たちの記事を読みたいなら noとkotoの詳細については、ここをクリックしてください.

日本語の助詞のすべて[の]

「の」助詞を形容詞とともに使用する

多くの人が助詞に加わる可能性を主張しています no [い]とタイプ[な]の両方の形容詞を持つ[の]、これは本当に可能ですか? 1つの日本語の単語は、名詞、動詞、形容詞にすることができます。

日本語は私たちの言語とは異なる働きをすることを理解する必要があります。日本語の形容詞または名詞は、ポルトガル語では必ずしも同じとは見なされません。したがって、その質問に対する答えは、視点によって異なります。

偉大な真実は、助詞で使用されるすべての単語が no [の]は、形容詞であるという印象を与えたり説明したりする場合でも、名詞です。以下のいくつかの例文を参照してください。

  • Fukutsu no hito [不屈の人]-支えられない人。
  • Himitsu no tokoro [秘密の所]-秘密の(神秘的な)場所;
  • 徳別のちりょう [特別の治療]-特別扱い;
  • Takusan no kukkii [たくさんのくくきー]-たくさんのクッキー。
  • Eien no ai 「永遠の愛」(永遠から);

上記のすべてのフレーズには形容詞がありますが、その意味は必ずしも形容詞ではありません。例えば、 takusan 意味はたくさんあるかもしれませんが、彼は名詞でもあるので、上記の文で彼は多くのアイデアを伝えました。

場合によっては、文章を区別したり翻訳したりする方法が常にわからない場合があります。 永遠の愛意味する可能性があります 永遠の愛。解釈は私たちの知識と2番目の名詞に依存します。

幸い、すべての形容詞[な]が助詞[の]で使用できるわけではありません。したがって、その文が形容詞を指しているのか名詞を指しているのかについて、混乱することはほとんどありません。

助詞[の]を使用して、名詞を形容詞に変換します。形容詞は、[な]や[い]の形式では存在しないことがよくあります。名詞が形容詞の役割を果たす場合、代名詞は通常、「の」助詞の後に続きます。

上記のいくつかのフレーズは、[な]または[い]と一緒に使用できます。どちらを使用するかをいつ知る必要がありますか?時間だけがこの疑問を解決しますが、[な]はよりバイナリの何かであるのに対し、[な]は「品質」の概念をより通過すると言うことができます。

のようないくつかの辞書 jisho、単語をタイプ「の」形容詞として分類します。これは混乱しないようにするのに役立ちます。

Atenção:「の」助詞を使って形容詞[い]と名詞をつなぐのを間違える人もいます。フォームの形容詞 i [い]は、名詞と接続するために助詞を必要としません。

「の」パーティクルを使用してイコライズする

あなたは助詞を使うことができます no [の]均等化、つまり2つの名詞間の関係を記述します。したがって、何かが別のものに属していることを意味することなく、説明を割り当てることができます。名詞を形容詞に変えるようなものです。

違いは、前ではなく「の」助詞の後に代名詞を置くことです。以下の例は、私が言おうとしていることを理解するのに役立ちます。

  • しゃちょうのけびんさん [社長のケビンさん]-ケビン大統領;
  • 山田さんのともだち [友達の山田さん]-友達の山田。
  • Sensei no Yamada [先生の田中]-田中教授;
  • Aka no pen [赤のペン]-赤ペン;
  • Yuki no shirosa [雪の白さ]-白雪姫;
  • サラリマンのちち 「サラリーマンの父」。
  • Kuruma no Toyota [車のトヨタ]-トヨタ車;

もちろん、これらの例は単なる代替案です。接尾辞として田中先生やケビン三丁と言えます。これが常に可能であるとは限らないことを忘れないでください。自分自身を表現する最も一般的な方法と、使用される機会に注意してください。

上で見たイコライゼーションの例では、タイプ[い]の形容詞でもある多くの名詞が使用されていることに注意してください。

質問で「の」助詞を使用する

「の」助詞は、質問、質問、および一部の文の終わりを強調するために使用できます。これを例示する最良の方法は、以下のフレーズを使用することだと思います。

  • くるまナノ? 「車なの?」あれは車ですか?
  • ムー、タベタン? 「もう、食べたの?」食べたことがありますか?
  • Doushitano? 「どうかしたの?」どうでしたか?それが何だった?
  • なにをかんがえるの? 「何を考えてるの?」
  • マダイキテイルノ? 「まだ生きているの?」あなたはまだ生きていますか?
  • Ikuno「行くの?」行きますか?または行きましょう?
  • がこうにいくのか 「学校に行くのか」学校に行きますか?

上記の文のいくつかは、助詞で完了することもできます ka 質問を示す[か]。または、2つを一緒に使用して1つを作成することもできます noka [のか].

質問の最後に「の」を使用する場合と使用しない場合の違いは何ですか? その理由の1つは、この助詞が強い好奇心を伝え、問題のイントネーションと卓越性を向上させることです。

どこの関節がはずれたの?
Doko no kansetsu ga hazureta no?
関節はどこに移動しましたか?

文末ので使う

助詞は質問をするために使用されるだけでなく、文の終わりに他の用途があります。女性はしばしばこの助詞を使用して結論を​​示したり、感情を強調したり、命令を和らげたりします。

真実は、文末の助詞[の]は、一部の人が考えるように、女性や女性だけのものではないということです。末尾に助詞[の]が付いているフレーズは、子供や場合によっては男性でもよく使用されます。

文末の助詞「の」有用性を理解する最良の方法は、いくつかの例を使用することです。

  • Sou na no yo 「そうなのよ」そうです!
  • Shiranakattano [知らなかったの]-知りませんでした。
  • 京都といきますの [京都へ行きますの]-京都に行きます。
  • おきなこえださないの [大きな声出さないの]-大声で言わないでください。
  • なつかしいのう [歌かしいのう]-あなたがいなくて寂しいです。
  • Chisaino [小さいの]-小さい;

前述のように、この助詞には感情的な強調があります。より残忍で断固とした男性の場合、彼らは文を終わらせるための異なったより良い選択肢を知っています。

[の]が女性らしいものと見なされる主なケースは、その後に[です]または[ます]が続く場合です。命令文で使用される場合、または[くの]と[たの]で終わる場合、男性によっても話されるのが普通です。

[の]が付いた文が女性的かどうかわからない場合は、それを読んでください。女性らしいように見える場合は、代わりの男性的なものを探してください。

ディズニーランドに行きたいの。
Dizunīrando ni ikitai no.
ディズニーに行きたいです。
コナンくんが大好きなの〜〜〜
こなんくんがだいすきなの〜〜〜
コナンが大好きです。

この長い記事を書くのは本当に難しかったです。あなたがそれを気に入ってくれて、彼が助詞に関するあなたのすべての質問に答えてくれたことを願っています no [の]。あなたが好きなら、それはあなたのコメントを共有して残すことを忘れないでください。

この記事を共有する: