コミンカン– 日本の公共コミュニティ文化センター

発表

ザ・ こみんかん (公民館)は、地域文化の中心地の一種として、各都市の住民がスポーツ、音楽、文学、講義、芸術、作品などの文化活動にアクセスできる公共の場です。

コミュニティや文化センターはほとんどの先進国に存在する傾向がありますが、日本人はこれらの小民館を別のレベルに引き上げる傾向があり、子供、若者、大人、高齢者に多様な機会を提供します。

こみんかんに加えて 古竜館 (交流館)は、同じように機能しますが、文化交流を促進するための活動を行う交流センターです。どちらの場所も、社会の輪を学び、教え、拡大したい人々のためのものです。

Kominkan - centro cultural comunitário público no japão

コミンカンは1940年以来存在しており、その後 第二次世界大戦、彼らは戦争の荒廃に苦しんでいるコミュニティに文化的支援を提供することを目的としていました。前世紀の金融危機にもかかわらず、政府が最大100億円を費やした場所。

発表

こみんかんの目的は何ですか?

法律によると、公民館は都市や町などの特定の地域に住む人々に学術的および文化的活動を提供しています。公民館は、文化や社会福祉の活性化と育成に加えて、健康と人格形成に貢献する必要があります。

多くの小民館または高流館は、図書館、美術館、コース、劇場室、研究室、キッチン、料理コース、会議室、工芸室、その他多くのグループ活動を提供しています。

Kominkan - centro cultural comunitário público no japão

全国に16,000以上のコミュニティセンターがあり、全国の中等学校を超えていると推定されています。日本の文化センターでは5万人が働いています。つまり、多くの人が小さく、従業員が少ないということです。

古武道との出会い

以下に、日本の友人であるカイピラのビデオで、日本の公共コミュニティ文化センターがどのように見えるかを示します。

発表

一部の文化交流センター(古武道館)では、外国人向けの日本語クラスも提供しています。日本が外国人のためのスペースを提供しようと努力しているのは驚くべきことですが、それでも日本にナイフを置いている人もいます。

日本の地域文化センターをご存知ですか?参加したことはありますか?その件についてどう思いますか?コメントと共有に感謝します。