日本についての驚くべき楽しい事実

[ADS]広告

日本の識字率はほぼ100%で、生徒自身が教室を掃除していることをご存知ですか?日本についてのこれともっと驚くべき事実をチェックしてください.

日本は全世界の注目を集めている国です。結局のところ、この国は全世界の文化を輸出し、影響を与えています!その料理のいくつかの要素は世界中で知られています。この国は、ゲームの技術的進歩の基礎であり、その文化の要素は他の国でも広く使用されています。 

料理

日本はその異なった珍しい料理のおかげで際立っています。日本市場でさまざまなアイスクリームフレーバーのイメージを見たことがない人はいますか?ウナギのフレーバーアイスクリームを経ても、フレーバーは私たちがすでに知っている伝統的なものからさまざまです…

おなじみの食べ物といえば、四角スイカを見たことがあると思います!番号?日本ではこれはかなり一般的だからです。果物のこの異なった奇妙な形は明らかに人間の介入のおかげであり、この形で生まれるスイカの種はありません。 

四角スイカは約30年前に登場し、農家はまだ成長しているスイカを四角ガラスの箱の中に入れ、その開発に重要な日光を浴びますが、箱の形を取り戻します。果物の移動や保管には、正方形の方が実用的です。

そしてお箸の話。日本料理というと、食べ物のことをあまり考えず、箸を使った食べ方で有名な「pausinhos」。日本では年間約240億本の箸が使われています!道具の使用は、たとえば食べ物を串刺しにするのは失礼だと考える伝統に由来しています。また、食べ物を誰かと分かち合いたい場合は、その人の口に食べ物を持っていくのではなく、その人の皿に食べ物を置いて自分で提供するのが正しい方法です.

日本についての驚くべき事実

Transporte

日本は鉄道輸送に関しては世界に先駆けており、世界で最も時間厳守の列車と見なされています!実際、彼らは非常に時間厳守で、平均遅延はわずか 18 秒です。また、遅延が発生した場合、企業は謝罪するのが一般的です。この遅延は非常に珍しいことであり、乗客は地震や線路上での悲劇など、恐ろしいことを想像します。

時間厳守を考えると、日本には磁力を使って線路上を10センチ浮かぶ列車があります。時速600kmの驚異的な速度に到達し、わずか11秒で1.8kmをカバーします。  

日本についての驚くべき事実

日本の文化

前のトピックでは、日本の輸送の時間厳守についてコメントがありましたが、これは彼らの時間厳守文化の反映にすぎません。これは、日本文化で高く評価されている資質の1つであり、勤勉、規律、長老への敬意でもあります。

日本の学校では、掃除をするために雇われた人はおらず、生徒と教師自身がこれを担当しています。これは、幼い頃から組織の重要性、公共スペースの尊重、および規律を教える方法です。

学校といえば、日本の識字率は100%!しかし、この驚異的な成績の背後にある理由は、世界での批判の理由です。結局のところ、日本の教育システムは実践よりも理論に重点を置いており、これにより、学生の思考が暗記に集中することを奨励していません。 

マンガは、アニメとともに世界で大きな注目を集めた日本文化の要素の 1 つです。そして、この日本の芸術についての異常な好奇心は、トイレットペーパーよりも多くの紙が漫画の制作に使われているということです!マンガ業界は億万長者であり、このジャンルは全国の出版社が発行する全素材の約 3 分の 1 を占めています。

日本についての驚くべき事実

科学技術

日本の社会は、世界で最も技術を消費する社会の1つです。スマートフォンに夢中になっている若者の間でも問題であり、1日15時間もスマートフォンを使用している人もいます。すべての携帯電話の約90%は防水仕様なので、シャワーを浴びながら携帯電話を使用できます!

日本は食品機械の国とも言われています。冷たい食べ物でも、温かい食べ物でも、街角で食品を販売する自動販売機を見つけるのはごく普通のことです。 

ゲームの世界で最大かつ最も重要な2つの企業は日本を起源としています。任天堂はパイオニアの1つであり、ソニーが現在のゲーム市場の多くを追跡して決定するための道を作るために最も重要です。任天堂が家族と伝統を維持することに重点を置くにつれて、それはそのコンソールで西洋の要素を取り入れたプレイステーションがより現実的または高評価のゲームに着手したソニーのための余地を作りました。

ビデオゲームの歴史は日本と何らかの形で結びついており、消費量の多い国であることが期待されます。アーケードは国内で非常に成功しており、今日でも非常に人気がありますが、日本のアーケードは他のマシンとは大きく異なり、1台のマシンが他のマシンよりもクレイジーです。

日本-科学技術の応用分野

この記事を共有する: