ふりかけ– ご飯を入れる日本の調味料

によって書かれた

日本のスパイスと呼ばれることを聞いたことがありますか ふりかけ?乾燥した材料と挽いたものをブレンドして日本料理に使用したり、ご飯の上に注いで風味を付けたりします。

フリカケ [振り掛け] é a junção dos verbos フリ [振り] que significa misturar, sacudir, balançar com o verbo かけ [掛け] que significa derramar, deixar cair ou suspender. O nome tem tudo haver com essa combinação de tempero.

通常はカラフルで光沢があり、魚や魚介類のわずかな風味があり、時にはスパイシーです。多種多様なものがあります ふりかけ、日本人は家で自分で作ることさえできます。

フリカケの使い方

Furikake é um tempero para ser usado no lugar do sal no arroz japonês que geralmente é cozido sem sal. Basta abrir o pacote, balançar e derruba-lo sobre o arroz e comer. É realmente muito delicioso.

Ele também pode ser usado na culinária japonesa para decapagem de alimentos e bolinhos de arroz (onigiri). Ou seja, se utiliza para condimento pode ser usado para colorir e dar sabor a outras receitas.

ふりかけ-ご飯をつける日本の調味料

2003年以降、 ele ganha cada vez mais aceitação nos EUA (principalmente no Havaí e na costa oeste) como tempero para peixe assado ou frito, saladas de peixe cru e salgadinhos. 

に似ているいくつかのアメリカのスパイス ふりかけ、しかしそれは完全に異なる用途を持っています。名前を思い出せない魚のスパイス、chimichurriとeduguedesがあります。どちらも乾燥成分と粉砕成分があります。

フリカケの歴史

Acredita-se que o furikake tenha surgido no Período Taisho (1912-1926) por um farmacêutico de Kumamoto chamado Suekichi Yoshimaru. De início ele apenas queria acabar com a falta de cálcio da população japonesa.

このために彼は、すりつぶした魚の骨と、ローストしたゴマの種、ケシの種、海藻の海を混ぜ合わせて、ほこりに変えました。彼はそれに名前を付けました ゴハンの巻 それは米の友人を意味します。

この製品は文字通り、米に混ぜて日本料理のカルシウムを増やすために作られました。製品はとても良かったので、食品会社によって販売されました。

ふりかけ-ご飯をつける日本の調味料

その後、ホワイトクローカーやコンブなどの材料で作られた福島が大豆ソースベースに変更されました。それはの名前で発売されました コレワウマイ つまり それはすばらしい!

当初は高級品でしたが、 ふりかけ aumentou drasticamente em setembro de 1948 quando a Nissin começou a fabrica-lo em larga escala, para assim tratar a desnutrição japonesa. O produto era rico em proteína e cálcio.

それは日本軍にとって素晴らしいエネルギー源であり、 ふりかけ それは1959年にのみその名前が付けられました 全国ふりかけ協会。以前は、各製品はその成分に応じて異なる名前を持っていました。

フリカケの主成分

すでに述べたように、多くの種類があります ふりかけ。誰でも脱水、乾燥、粉砕した成分を摂取して、独自の成分を作成できます 調味料。以下は最も人気のある成分です:

私も - を構成する主要な成分の1つ。 ふりかけ、&​​nbsp;海藻から作られた葉の一種。

グルタミン酸ナトリウム -A グルタミン酸のナトリウム塩。自然界に存在する最も豊富な非必須アミノ酸の1つです。この成分は風味を紹介するために使用されます うまみ.

鰹節 – É uma conserva seca de carne de atum-bonito, fermentado e cortado e blocos, proporcionando um sabor umami.

ゆず – Usa-se a casca seca desse belo fruto azedo.

紫蘇 - 食用であり、食品を着色することを発見するまで飾りとして使用されていたアジアの植物。

ふりかけ-ご飯をつける日本の調味料

-ドライサーモンフレークは、調味料で最も人気のある成分の1つです。フレッシュフレークサーモンのみがご飯のトッピングとしても使用されます。

ゴマ – Costuma-se utilizar sementes de gergelim inteiras ou esmagadas.

わさび - 通常はペーストで提供される緑色の根で、料理にスパイスを加えるために使用されます。

オカカ – Flocos de atum-bonito molhados no shoyu e secos novamente.

上記の成分に加えて、乾燥卵、粉末味噌、野菜および他のいくつかの成分が使用されます。想像力が限界です!

Gomásio-塩の代替品

に加えて ふりかけ と呼ばれる同様の調味料があります ゴマシオ [ごま塩], uma importante alternativa ao sal, porque não produz os efeitos nocivos dele. ゴマシオ それは通常の成分です ふりかけ.

血液の酸性度を中和し、消化液の分泌を促進し、代謝を刺激し、カルシウムが非常に豊富であるという利点があります。

ふりかけ-ご飯をつける日本の調味料

ゴマ塩とも呼ばれ、日本料理で大人気です。日本の名前 ごましお [胡麻塩] é literalmente sal [塩] de sésamo [ごま ou 胡麻].

それらに加えて、のような他のスパイスがあります しちみ コショウでできており、パスタスープで人気があります。 おちずけ 緑茶でできています。

どこで購入 フリカケ?

日本では、コンビニやマーケットで簡単に見つけることができます。日本国外では、 ふりかけ それはほとんどの東洋の市場といくつかの大きなスーパーマーケットのアジア料理のセクションで見つけることができます。

インターネットを購入したい場合はお勧めします コンビニストア ここでは、たった13のレアと他のいくつかの日本料理の製品のさまざまなタイプを簡単に見つけることができます。

最後に、ご飯をひっくり返すこのおいしいスパイスについて少し話す友人のサンタナのビデオをしましょう。気に入ったら、コメントを共有して残してください。

Compartilhe com seus Amigos!