おやつ – 日本の伝統的なアフタヌーンティー

[ADS]広告

おそらく、あなたが日本食に招待されたとき、あなたの想像力はすでに寿司、刺身、またはその他のおいしい料理に関連しています.しかし、多くの人が知らないのは、日本人にもおやつと呼ばれるアフタヌーンティーのスケジュールがあるということです。徐々に、実践は西洋に到着しています。

おやすどきやおさんじとも呼ばれ、次の主食を待つことを目的とした軽食です。今日でも、朝食と昼食の間、そして昼食と夕食の間に食べる人がいます。しかし、ほとんどの日本人にとって、おやつは主に午後4時から15時の間に行われます。

おやつ - 日本の伝統的なアフタヌーンティー

Origem

日本でこの慣習が出現した正しい日付についてはいくつかの意見の相違がありますが、すべての文書は、学校制度が設置された17世紀の江戸時代の活動が午後2時30分頃に終了したことを示しています。それで、子供たちが学校を出て、空腹を訴えて家に帰ったとき、家族は彼らが夕食の時間まで待つことができるようにすでに軽食を提供していました。

この小さな食事は、古代日本の時計では、午後の2時から3時までの期間が1日の8時間を指す「八」と呼ばれていたため、「おやつ」と名付けられました。江戸時代から現在の24時間に変更されても、おやつという名前は伝統を維持するために維持されました。

この儀式は、大人が仕事中に費やしたエネルギーを補充する必要があったため、大人でも従うようになりました。伝統的に、午後のおやつはお茶とさまざまな甘いお菓子で構成されています。食糧不足の時代、特に戦後、この小さな食事はいくつかの変化を遂げ、基本的には調理された野菜または当時入手可能なもので構成されていました。

50種類の日本茶を発見
50種類の日本茶を発見

世界中の習慣

もちろん、アフタヌーンティーは日本の発明や伝統だけではありません。スウェーデンでは、午後のおやつはフィカと呼ばれています。スペイン起源の国では、メリエンダと呼ばれています。そして最も有名なのは、イギリスのチャダスシンコまたはアフタヌーンティーです。 

違いは、日本の伝統の基礎は、すべての農業活動やその他の重労働を実行するために多くのエネルギーを必要とした労働者階級に由来するのに対し、他の国では、それは主にエリートによって実行される習慣であるということです。

今日の大矢津の伝統

日本の伝統的なアフタヌーンティーは今日まで続いています。彼は映画、シリーズ、本、さらにはアニメでも表現されています。の場合です Ouran High School Host Club、午後3時に活動が始まるアフタヌーンティーの間に女子校生を楽しませるために時間を使う男子生徒のクラブです。それは 会長はメイド様!、勇敢で完璧主義者と見なされている学生代表が、パートタイムで「メイド'(メイド)テーマカフェで。

メイド喫茶-日本のメイド喫茶
メイドキッサ

A 東京市 現在、オヤツの第一人者と見なされています。歩き回ると、クラシックなスナックを専門とするパン屋やショップがいくつか見つかります。多くの人が伝統的で何世紀も前の技術を使用して、想像できる最も軽くて最も美しいお菓子を作ります。さらに、もう一つの重要な情報は、日本人が季節の果物や食べ物を使って食べ物を多様化することです。

アフタヌーンティーは西洋の影響を強く受けていたことがわかります。今日、多くの日本人はおやつの時にいくつかの種類の工業化されたケーキやお菓子を含めるようになりました。よりアクセスしやすい場合もあれば、日中の時間を節約するための場合もあります。結局のところ、おやつは高価である必要はありません。重要なのは、軽食が軽食であり、食べている人に満足をもたらすことです。

ブラジルでは、サンパウロ、リベルダーデ地区、パラ、ポルトアレグレ、リオグランデドスルなどの他の州など、日本の植民地がある場所で日本のお菓子を見つけることができます。

午後のおやつは何が特徴ですか?

おやつという名前は、習慣そのものと、この食事で出されるお菓子の両方を指すことができます。メインの食事の間に穏やかな食事の介入を目的としているため、食事にもこの形式があります。 

やがて、おやつはもう少し洗練されたものになりました。お茶だけでなく、さまざまな種類の洗練されたスイーツを見つけることができますが、その本質は繊細さです。日本人がおやつで喜ぶお菓子の種類は次のとおりです。

–菱葩餅:伝統的に茶道で出される、日本の正月では、それは「花びら餅」を意味します。キャンディーの形や色はさまざまで、伝統的な詰め物は緑豆ペーストです。

餅-日本の米ジャムのすべて
菱葩餅

–生菓子:通常は花や植物の形をした天然成分で作られたスイーツ。美的に心地よいなまがしには、味噌やゼリー、ゼリーなどがたっぷり入っています。 

–ぼたもち:日本人の最愛の人の一人で、もち米と小豆のペーストで作った季節のケーキです。

–金平糖:純粋な砂糖で作られた小さくてカラフルで丸いキャンディー。調理により形状に小さなひび割れがあります。日本では広く消費されていますが、16世紀にポルトガルを経由して日本に到着しました。

おやつ - 日本の伝統的なアフタヌーンティー
Kompeito

–最中:小豆餡ジャムを詰めたサクサクのウエハース餅生地で作られています。

Taiyaki:生地を魚の形に成形したケーキで、通常は鯛です。詰め物は最も多様で、甘いものでもおいしいものでもかまいません。最も一般的なのは伝統的な小豆ペーストですが、チーズとジャムの詰め物を見つけることができます。一番いいのは、煙を吹きながら、とても熱く食べることです。 

Dango:餅と同じように、くしだんごは串に刺してカラメルをトッピングした餃子です。季節によって味が違います。

だんご-和菓子-好奇心とレシピ
アフタヌーンティーのだんご

Manju:秋の日本で最も美しい月明かりを称える満月の形をしたおいしい白いクッキー。豆からゼリーまで、さまざまな具材があります。

日本のお菓子は多種多様で、ほんの一例です。結局のところ、おやつは何世紀にもわたって続いてきた伝統です。自宅でもこのお茶の儀式をしたい場合は、一番好きなスイーツを購入して、リラックスして自分とつながる時間を取ってください。

この記事を共有する: