家父長制の国で働く女性

雇用市場が女性にとって挑戦的であるということは新しいことではありません!しかし、日本は愛国的なルーツを持っている国なので、これは何が違うのでしょうか。

日本は技術力があり、発達し、教育水準の高い国として知られているため、求職活動の目的地として非常に人気があります。 

しかし、外国人女性が仕事を求めて日本に行くことは価値があるのでしょうか。このテキスト全体でこれらの詳細を調べましょう!

Mulheres no trabalho em um país patriarcal - image
家父長制の国で働く女性
Anúncio

日本での仕事の歴史

日本に住むことを夢見ている人にとって、最初の懸念の一つは、彼らが彼らの生計を確実にするために働くことです!男性または女性であるため、この決定を下す際にこの要因が決定的になります。 

日本では、独自の文化の発展が始まって以来、女性が家族の責任を負い、男性が家族の養育を担当するというように機能しました。

日本での最初の仕事の記録は、紀元前1000年から紀元300年までの弥生時代(弥生時代)に行われました。この時期に大規模な稲作が行われ、そのために労働者が必要でした。

Anúncio

奈良時代(奈良時代)には、土木・軍の業務にサービスを提供することが義務付けられました。 

また、この期間中、農民は各地域からの米や特定の製品の形でロイヤルティの税金を支払わなければなりませんでした。

Mulheres no trabalho em um país patriarcal - image 1
家父長制の国で働く女性
Anúncio

労働市場の女性

封建時代の日本では、女性が主婦の生活に専念するために仕事をあきらめるのが一般的でしたが、それはそうしなければならないという感覚だけでなく、家を出て仕事をすることができることに何の貢献もありませんでした。 

職場で受けた道徳的およびセクハラは言うまでもなく、子供や高齢者(彼らにはまだ病気の両親の世話をしている家族がいました)を残す場所や人は誰もいませんでした。

しかし、日本では家事が大切にされています。家計を含むすべての国内問題は女性が責任を負っています。 

女性は男性が家を管理するために受けるのとは異なる教育を受けるのが通例です。 

Anúncio

そして、女性が労働市場に参入したとき、女性が他の男性と同じ機能を果たすことがあるという事実に不平等が明らかでしたが、給与は低かったです。これは主に政治事務所で起こりました。

明治時代に封建制度が終焉し、君主制の権力を取り戻したため、女性が労働市場に登場し始めました。 

これが起こった後、日本の女性は日本軍によって搾取されました。

1900年には、企業への女性の参加が悪名高く、日本の経済発展に貢献しました。 

その10年間で、約25万人の女性が繊維および自動車部品産業で働いていました。この数は、産業労働力の少なくとも63%を表しています。 

多くのアクティブな女性が働いているにもかかわらず、残念ながら、経験した労働条件は良くなく、給与は実行されたサービスに対応していませんでした。

Mulheres no trabalho em um país patriarcal - image 2
家父長制の国で働く女性

労働者が日本で行った変更

仕事を始めた女性でさえ、家族との関係における女性の役割は変わっていないことを指摘することが重要です。彼らはちょうど二重の旅に出ました。言い換えれば、労働者と主婦の間で人生を共有することです。

Anúncio

家族と仕事の調和は、日本の避妊にも支障をきたしています。この割合は、1995年以来、女性1人あたり約1.3〜1.4人の子供です。

出生率が低いほど高齢者の割合が増えており、高齢になると介護が必要になります。そして、お年寄りの世話をする女性も。

Mulheres no trabalho em um país patriarcal - image 3
家父長制の国で働く女性

女性の労働基準

女性は職場の男性に比べて不利であったため、労働基準法は男性と女性を生理学的に区別した最初の法律でした。

Anúncio

しかし、当時の理解によれば、女性は夜勤、危険な仕事、出産、生理休暇をとることができないため、男女の異なる労働者を平等に扱うことは理想的ではありません。

すでに労働市場に参入している女性でも、雇用主からの雇用への抵抗があったため、就職は困難でした。

Mulheres no trabalho em um país patriarcal - image 5
家父長制の国で働く女性

1997年に、女性に関するこれらの制限を撤廃する法改正が実施され、女性が男性と同じように雇用される可能性がありますが、たとえば嫌がらせの場合に女性を無防備にすることはありません。

Anúncio

しかし、女性の安全を高めるために出産保護が強化され、これは出生率の上昇に反映されていました。

この変化は多くの仕事を生み出し、女性が子供を産むとすぐに仕事に戻ることができました。

Mulheres no trabalho em um país patriarcal - image 4
家父長制の国で働く女性

今日のリーダーシップの女性 

現在、日本だけでなく世界全体で、ジェンダーの不平等は依然として存在しています。男性専用になる前に運動する女性への参加は、日本ではまだ恥ずかしがり屋です。

Anúncio

主に男性が占める指導的地位の場合、その違いは依然として顕著です。 

ロイター企業調査が2018年に実施した調査によると、日本企業の10%のみが、10%の指導的地位に女性がいると報告しています。

Mulheres no trabalho em um país patriarcal - image 6
家父長制の国で働く女性

それでもデータによると、75%の企業は、管理職の女性が10%未満であると述べ、15%は女性がいないと報告しています。

これらのデータを考えると、まだ良いニュースがあります!近年、30歳以上の女性の増加が進んでいます。 

これは、女性の労働時間をより柔軟にし、家族に専念することを許可し、欠員や託児所を提供する法律が施行されたためです。 

そして、あなたは、日本および世界中で指導的役割を担う女性の割合を増やすために、法律を改善する必要があると思いますか?