串カツ – 串に刺した肉

[ADS]広告

串カツは串揚げとも呼ばれ、肉と野菜を串に刺して揚げた日本料理です。日本語では、串(串?)は espetos カツがカツレツまたは揚げた唾を吐く肉を指すときに使用されます。

多くの人が櫛勝とテンプラを混同しますが、唯一の違いは質量です。テンプラ生地は水、小麦粉、卵でできた土台を使用し、くしかつにはパンくずを加えています。

KuShiKaTsuが新世界で生まれたのかもしれないと言う人もいます Osaka。そこにこの種のレストランがいくつかあります。

くしあげ成分

くしかつは、鶏肉、豚肉、魚介類、季節の野菜を使って作ることができますが、料理に合わせて調整できるので、特別な制限は必要ありません。卵、小麦粉、パンコ粉に浸したクシに肉を串刺しにし、植物油で揚げます。

くしかつは、簡単に、またはで使用されるソースと一緒に提供することができます tonkatsu.

くしかつの食べ方は?

食事モードはレストランやバーで独特で、最も一般的なのは、テーブルで消費できるソースにKuShiKaTsuを浸すことです。

Kushikatsu2

ソースは容器の中で顧客間で分けられているので、噛んだ後にクシカツをソースに浸すのは無礼です。これは無礼であると言われ、しばしば嫌なものと見なされます。

このような場合を避けるために、外国人向けの英語のメニューに、すべきでないことに関する必要な情報が記載された指示を見つけるのが一般的です。そこには倫理と習慣の問題があるので、私たちが頻繁に訪れる環境を尊重することは常に良いことです!

串をソースにまっすぐ入れる代わりに、ブラシやスプーンなどのソースを入手して、プレートのクシカツにソースを注ぐ方法を見つけることがよくあります。

大阪旅行フォーラム

大阪はKuShiKaTsuの街です。以下では、無限の種類のKuShiKaTsuまたはkushiageを味わうことができる3つの素晴らしいレストランをお勧めします。

串カツだるま(串カツだだま)

大阪の観光スポット、新世界にある老舗レストラン。大阪には全部で12個のくしかつだるまがあり、どれも非常に小さく、少人数で収容できます。しかし、ここ日本ではバーのようであり、より快適で衛生的です。約40種類のくしかつをご用意しております。

Osakadaruma

やっこ( )

新世界でも人気のレストランです。場所もかなりきついです。

このレストランは、独特の風味と新鮮な食材で定評があることに誇りを持っています。これは、櫛勝を薄い塊に浸し、カリカリになるまで軽く揚げたた​​めです。獣脂や肉の脂を使っているため、レストランで提供されるくしかつは非常に珍しいものです。

八重勝( )

これは新世界でとても有名です。レストラン自体は大きく、多くのお客様にご利用いただけますが、人気があるため、列に並んで食事をする必要があるかもしれません。

やえかつのくしかつの生地は柔らかく、軽い味わいです。柔らかさの秘訣は、パスタに加えられたヤムにあるようです。

これらのレストランに共通しているのは、場所の広さ、くしかつを噛んだ後はソースを使用できないこと、クレジットカードを使用できないことです。大阪を訪れる際は、ぜひこれらの場所を訪れ、有名なクシアゲをお試しください。

 

この記事を共有する:

「Kushikatsu – Carne no espeto」への1件のフィードバック