文楽– 日本人形劇場

発表

文楽の操り人形は、化身の神のようなものです。 --JeanLouis Barrault(Jaq Latine @ AODCNews経由)

bunrazukaから派生し、別名 Ningyō jōruri (人形更瑠璃)、文楽は劇場の一種に過ぎません。 強い文化的ルーツ。その魅力は、3人の人形遣いが操作する演劇のプレゼンテーション人形であり、したがって、文楽は、3人の人形遣いを使用して1つの人形を運転する唯一のタイプの人形劇になっています。 

文楽は、近松門左衛門と竹本義太夫(1651-1714)の才能によって、17世紀で最高の瞬間を経験しました。文楽の雰囲気に人間の感情(主に情熱と後に自殺を愛し、日本のシークスピアと見なされます)と道徳的価値観と倫理の問題をもたらしたのはチカマツでした。一方、義太夫は、劇場で物語を演じる人物の名前であるタユという用語を作り出しました。

当時、人形は1人のマニピュレーターで操作されていました。その後まもなく、18世紀半ばに、3つのマニピュレーターを備えた人形が登場し、各劇場の主人公の機動性と強調が高まりました。 ((ウィキアから改作されたフラグメント。)

発表

各パペティアの役割

各人形遣いの機能はその量が異なり、次の3つの機能があります。

主な人形遣い(おもずかい):  彼は左手を腰の穴に挿入し、首の茎を親指と人差し指の間に固定して、人形を支えました。次に、手の残りの3本の指を使用して、目、口、眉を動かす糸を操作します。

彼の右手は人形の右腕を動かすために使用されます。その機能は、頭を動かし、人形の重さを支え、右腕を動かすことです。通常、素顔で提示され、背の高い下駄(ゲットー)と白い手袋を着用します.

Hidarizukai

二次人形遣い(ひだりずかい): その機能は、おもずかいに導かれて、頭ともう一方の腕の方向を観察しながら、人形の左手を動かすことです。彼は黒い手袋を着用し、顔を覆い、わらのスリッパを履いています(ゾリ).

三次人形遣い(芦津海): 人形の足を動かすものです。ルールがあります:女性の人形には足がなく、着物バーを使用して、足と足の動きの錯覚を作成するのはハンドラー次第です。彼はまたわらのスリッパを着ています。これは最も骨の折れる作業です。なぜなら、人形遣いは、一般の人に常に見られることなく、身を乗り出しながらカバーする必要があるからです。

発表

各キャラクターの調整は、3人の人形遣いの完全な同期に大きく依存します。 このように行動することは、長年の実践と訓練から生まれたテクニックですが、ザ・ 適切に言えば、これらの技術を教え込んでいる学校はないことを指摘します。bunraku では、観察して模倣することで学びます。

人形の構造

平均的な大人の半分のサイズで、人形の重さは10〜15キロになります。ただし、最大20キロの特別な人形があります。例として、人形「CortesãdeAlto Luxo(Keisei)」と戦士の人形は、どちらも特別な装飾のために重いです。

問題のキャラクターに必要な洗練度に応じて、各人形に使用される素材にも違いがあります。男性のキャラクターは、女性がまぶたとフックを持っているときに口と眉を動かすので、漫画ヒッチができることを覚えておいてください 着物 悲しみや悲しみの状況で。

Shimesinbunraku

音の伴奏

プレゼンテーションには、壮大なドラマやミュージシャンに似た詩的な方法であるジョルリを語るタユの参加もあります 三味線 楽器を使って、人形の朗読と操作のための音楽的な伴奏を提供します。

簡単に言えば、タユが語る物語のタイプは劇的に書かれた叙事詩であり、三味線は物語に付随して音楽的な雰囲気を作り出し、人形がメロディーに従って行動し、次のような複合効果を生み出します。オペラ公演。

強調することができます:浄瑠璃は、音楽、ショーのパフォーマンスを通して説明するので、メロディーとリズムのある曲だけではありません。このタスクでは、Tayuはさまざまな声のトーンを使用して、男性と女性の役割を区別したり、感情を示したりします。正確には、浄瑠璃の解釈は、作品の表現を差別化できるものです。

発表

最近の文楽?

黄金時代の終わり、18世紀半ばから、文楽は中期の芸術的な西洋の技術で導入されたため、衰退しました。