七見– 7つのおいしい日本の味

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

七味唐辛子と呼ばれる七味唐辛子と呼ばれる7つの日本の味を聞いたことがありますか?この有名な日本の調味料は7つのスパイスで構成されており、通常はいくつかのレストランで見られ、スープや麺の消費で非常に人気があります。この記事では、この有名な日本のスパイスとその歴史についてお話します。

七味(七味)は文字通り7つの味を意味し、戸がらし(唐辛子)は文字通りトウガラシ科の唐辛子を意味します。七味を七味と読まないように注意してください。西洋人の中には、この間違いを犯し、日本語で7を発音する別の方法である七味という名前のスパイスを売っていた人もいました。

この7つのフレーバーの表現は、通常、調味料に固有のものではなく、料理のいくつかの側面に固有のものです。この日本の混合物は完全にバランスが取れており、7つのスパイスが一緒になって、軽い燃焼と風味を同時に混ぜ合わせた、精巧で芳香のある風味を備えたスパイシーな調味料を生み出します。

発表

Shichimi - os sete deliciosos sabores japoneses

七味の七つの味は何ですか?

と呼ばれる調味料 しちみ 7つの異なる成分の混合物はメーカーによって異なる場合があります。典型的なシチミ混合物は以下を含むことができます:

  • 赤唐辛子、みじん切り、すりつぶした;
  • サンショウ(サンショウ);
  • オレンジの皮(陳皮);
  • 柑橘類の皮;
  • ゴマ;
  • ピリピリ;
  • ゴマ;
  • 挽いた生姜;
  • ノリまたはアノリ;
  • ケシの実;
  • チリのコショウ;
  • カイエンペッパー;
  • ゆず、レイプ、獅子の殻。
  • ニンニクのみじん切り;

たった一つの具材でできた辛い調味料を一味といいます。

戸がらし七美の調味料はどのようにして生まれたのですか?

7つのフレーバーのブレンドは16世紀から存在していると考えられており、江戸(東京)のハーブ商人によって生産されました。中国人がとがらし(唐辛子)を日本に持ち帰ったのは16世紀のことでした。当初、七味唐辛子を作ったハーブは、風邪やインフルエンザを治すための薬用に使われていました。

Shichimi – os sete deliciosos sabores japoneses

発表

ポルトガルの宣教師が1605年頃に日本に唐辛子を導入したかもしれないという他の理論があります。他の人は、1592年に朝鮮半島から唐辛子を持ってきたのは秀吉であったと主張します。胡椒の栽培は1610年から行われていますが、商人が薬草と混ぜて販売することを決めたのは1625年のことで、有名な七味唐辛子が作られました。

400年以上が経過し、今日でも会社は やげんぼり七見戸がらし 活動中です。小売店は今でも東京の朝草にあり、有名な七味のマイルドでスパイシーなバージョンを見つけることができます。

京都の清水寺の近くには、1655年から営業している七味家本舗という有名な業者があります。 1720年から長野で八幡屋磯五郎が善光寺の近くで七味唐辛子を売っています。もちろん、今日では7つのフレーバーのメーカーが何千もあり、どのメーカーでも見つけることができます。 コンビニ、レストランまたは市場。

発表

日本の7つの味を使う

七味唐辛子は、そばやうどんなどのラーメンの調味料としてテーブルで提供されるのが最も一般的ですが、多くの人が牛丼、味噌、さらには串を振りかけます。調味料はいつもレストランのテーブルに陳列されていますが、冷蔵庫に保管することをお勧めします。

Shichimi - os sete deliciosos sabores japoneses

日本の地域によって7つのフレーバーには違いがあります。関東地方では通常、スパイスのスパイシーな方法を作り出しますが、関西ではすでに調味料のハーブを好みます。あなたはいつもこの調味料をほとんどで見つけるでしょう イザカヤス または串焼き屋。

発表

日本の調味料7つを自分で作るのは簡単です。記事に記載されているすべての材料(よく挽いたもの)を、それぞれに適していると思う量だけ混ぜてください。調味料は乾燥していて、塩または挽いたコショウをまぶして出てくるはずです。

しちみを入れすぎないことをお勧めします。辛くなりすぎたり、日本料理のほろ苦い味が失われたりすることがあります。私は個人的に七見が大好きで、十分に置くのが好きです。あなたなの?日本の7つの味を体験する機会はありましたか?あなたの経験は何ですか?