カイゼン – 方法とその適用方法を知る

[ADS]広告

目標を達成するのに苦労したことはありますか?日本人のやり方を知っていますか?その方法を聞いたことがありますか Kaizen?この記事では、この方法とその適用方法について詳しく説明します。

Kaizen [改善]は、プロジェクト、ビジネス、さらには健康を継続的に改善することを約束する日本の哲学と実践です。あなたの人生や仕事のあらゆる分野に適用できる方法。

方法で kaizen プロジェクトや企業の生産性を高め、コストを削減することができます。この言葉は、文字通り、より良い方向に変化すること、または改善することを意味します。

について話し始める前に kaizen、友人のロベルト・ペドラサがこの方法について簡単に話しているビデオを共有したいと思います。

怪善法はどのようにして生まれたのですか?

それはすべて、日本がいくつかの経済問題に苦しんだ第二次世界大戦で始まりました。業界を刷新する必要性から、企業が一丸となって改善を始め、方法だけでなく、ライフスタイル、哲学、文化である海善を生み出しました。主な責任者の一人は今井正明教授でした。

Kaizenには、生産性を向上させるためにすべてが設計されているすべての従業員が含まれます。Kaizenは、社内に存在する無駄を認識して排除するために幅広く取り組んでおり、競争に対する主要な利点として時間を優先しています。

カイゼン-方法とその適用方法を知っている

この方法の結果は非常に目立ち、日本人はゼロから世界で3番目に大きな経済になりました。組織、生産性、労働環境、献身、そして実践に関しては、日本人に勝るものはありません。

Kaizenは正確には何のためのものですか?

コンセプトとその起源は非常に工業的ですが、基本的にkaizenの目的は、コストの削減と生産性の向上です。 この方法は、品質の向上、顧客満足度の向上、安全性の向上、廃棄物の削減にも役立ちます。 マサアキ今井は、海善の大きな鍵のひとつである個人よりも、集団的な仕事が優先されなければならないと言う。

この方法は、品質の向上、顧客満足度の向上、安全性の向上、無駄の削減にも役立ちます。 今井正明氏は、海善の大きな鍵の1つである個人よりも共同作業を優先する必要があると述べています。

カイゼン-方法とその適用方法を知っている

その他のメリットとしては、会社の従業員間の良好な関係、顧客から従業員までの関係者間のコミュニケーションとモラルの向上などがあります。 kaizenメソッドの適用は、企業だけでなく生活のあらゆる分野で使用できます。怪善の文化のおかげで日本の進歩を見ることができます。

おそらく、すべてのブラジル人がカイゼン文化に従った場合、国は経済、健康、安全、教育、道徳においてはるかに進歩する可能性があります。この方法では、団結し、自分よりも人を優先します。日本の文化に広まっているもの。カイゼンは、個人的、家族的、社会的、または職場での生活を改善します。

カイゼンの原則と概念

kaizenでは常に最善を尽くすことが可能です。会社や個人を改善する方法は常にあります。以下にリストされている文は、この哲学のいくつかの考えを表しています。

  • 今日は昨日より良く、明日は今日より良く!
  • 改善は費用がかかりません。
  • 変更はどこでも発生します。
  • 何をするかについて透明性を保ちます。
  • 物事が実際に起こる場所に注意を払ってください。
  • 最初に製品の品質を構築します。
  • 過去に立ち往生しないでください。
  • 否定的ではありません。
  • 完璧を追求しないでください。
  • 今日できることを明日に向けて出発しないでください。

これらのフレーズは、kaizenを適用するときに覚えておくべき基本原則です。いくつかの日本の証明やことわざもこの文化を反映しています。もちろん、kaizenはこれをはるかに超えているので、その方法を教える巨大な本や完全なコースがあります。5のように、まだ話すべきことがたくさんあります。

カイゼン-方法とその適用方法を知っている

5は、基礎として機能する概念です。

  • Seiton:何かの生産に必要な素材の構成感。
  • Shitsuke:性格の規律、決意、名誉、正直さを指します。
  • Seiri:必要なものと不要なものの区別を意味する概念。
  • Seiso:クリーニングに関連しています。
  • Seiketsu:衛生に関連する概念;

この主題は非常に複雑で単純であると同時に、何を書くべきかさえわかりません。あなたはあなたの人生にその方法をどのように適用するかを徹底的に研究する必要があります。要約すると、改善プロセスは次のように機能します。

  1. 機会を特定します。
  2. プロセスを分析します。
  3. 理想的なソリューションを開発します。
  4. ソリューションを実装します。
  5. 結果を研究します。
  6. ソリューションを標準化します。
カイゼン-方法とその適用方法を知っている

Kaizenについてどこで学ぶことができますか?

インターネットを検索すると、方法論を詳細に説明している本、コース、ビデオがいくつか見つかります。私はあなたが見てみるためにアマゾンからいくつかの本を選びました、以下を見てください:

この記事を楽しんでいただけたでしょうか。コメントと共有に感謝します。読むことをお勧めします:

この記事を共有する: