ブロックチェーンへの人工知能の統合

最近以来、ブロックチェーンと人工知能が組み合わされて、多くの分野が近代化されています。これらのソリューションの結果は、多くの前向きな変化をもたらしました。言うまでもなく、各テクノロジーには独自のレベルの複雑さがありますが、人工知能とブロックチェーンは、互いに利益をもたらし、助け合うことができるテクノロジーです。

両方のテクノロジーは異なる方法でデータと相互作用するため、それらを組み合わせると、データ使用量を次のレベルに引き上げることができます。同時に、機械学習と人工知能をブロックチェーンに統合することで、基盤となるシステムアーキテクチャを改善できます。人工知能は、ブロックチェーンの効率を大幅に向上させることができます。

ブロックチェーンと人工知能を大衆に統合する機能は、多くの企業にとって興味深いものです。たとえば、「テクノロジースタートアップSYPWAI」は、テクノロジーを同時に使用することで多くの利点を見出しています。

SYPWAIはスタートアップとしての開発の基礎として製品開発を確立しているため、ニューラルネットワークへのデータフローが指数関数的に増加することが非常に重要です。そのような視点は、人工知能の完璧な運用につながり続けるでしょう。ブロックチェーンはこれらすべてに貢献できます。

-ブロックチェーンへの人工知能の統合

統合されたメリット

1か月前、英国の新興企業がブロックチェーンエコシステム開発の終了を発表しました。テストフェーズが進行中であるため、分析が実行され、エラーが修正され、欠落しているマイナーな詳細が追加されます。両方のシステムをスムーズに実行するためにさまざまなテストを実行した後、SYPWAIはリリースを発表する準備が整います。

SYPWAIは、人工知能とブロックチェーンを組み合わせて使用することで間違いなく恩恵を受ける業界とセクターの中で、次の点を強調しています。

  • 人工知能に基づく非常に効果的な従来の診断方法と、医療記録の管理および情報交換における慎重な姿勢を組み合わせた医療は、依然として最新のものです。助けを求めているすべての患者は、健康関連データの高レベルのセキュリティに依存しています。
  • ブロックチェーンが専有文書を「保護」する著作権保護は、それらを封印してタイムスタンプを提供するようなものです。さらに、人工知能は、提供するコンテンツをブロックチェーンに保存されている元のモデルと比較および分析することにより、著作権侵害者を特定します。
  • 人工知能によるリアルタイムの脅威検出に基づくサイバーセキュリティシステム。これは、通常の条件下では簡単に置き換えられる重要な情報を保護する機能によってさらに強化できます。
  • ブロックチェーンが意思決定プロセスを簡素化し、変化する外部条件に適応する自治システムとAI手法をサポートする、分散型自律組織。
  • 「ブロックチェーンと人工知能を使用してスマートシティでエネルギー(およびその他のリソース)を購入および再配布し、居住者の行動パターンを使用してエネルギーの流れを管理し、将来の需要を予測します。」

さらに、共有と透明性により、リモート、トレーニングデータセット、実際のデータ、モデルなどの人工知能オブジェクトへのアクセスが容易になります。これにより、SYPWAIはニューラルネットワークトレーニングに関与するユーザーの作業を監視できるようになります。

同社は、ブロックチェーンを使用することで、スタートアップがニューラルネットワークトレーニングユーザーとの関係をより環境に優しくし、SYPWAI製品を次のレベルに引き上げることができると考えています。

「AIの実用化への関心の高まり」

近年、人工知能への新たな関心の波と、実際のプロジェクトでのその幅広い実用化が世界中で観察されています。これは、ブロックチェーン技術開発の急速な波と非常に一致しており、そのような効果的な組み合わせは、今日、大きな期待を抱いています。 SYPWAIは常にトレンドを監視し、時間を更新しています。革新的なアプローチのおかげで、同社はユーザーデータの高い成長率とセキュリティの安定性を保証できるため、SYPWAIとのビジネスを希望する企業の間で強い需要を確保できます。

この記事を共有する:


コメントする