ハイキュー!! – アニメレビュー

[ADS]広告

本日は、友人のレオナルド・フラゴゾがブログから書いたアニメ「ハイキュー(またはハイキュー)」の簡単なレビューを紹介します。 leojapanesequest:

5日間で観た全25話の少年連載(ワォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォンの要素がふんだんにふんだんにある全25話の少年連載。私が興味を示したことのないスポーツ(バレーボール)ですが、同時にダイナミックでコンテンツのあるアプローチは興味深いものです.ゲーム、人間性、チームの場合、それ以上に、強みと弱みを持ったグループで働くことの重要性を教えてくれます。

ハイキュー-2

それは楽しいアプローチを使用しますが、時にはバレーボールの技術的基盤に入り、その多くはチェスゲームを動かしているようにさえ見えます。 「supaaaaahhhattackus」のようなクリシェが苦手な方のためのアニメですが、主にキャラクターの個性の多様性という点で「浅い」アニメではなく、曲はアニメ化されて速いビートで、「緊張」の瞬間に最適です「本物のバレーボールやアニメプレーヤーに付随するもの。

最初のOP(「イマジネーション」と呼ばれる)の「移行」でさえ、主人公の日向と影山の目にはこの世界がどうなるかをよく描写しています。チームと競争の概念に精通していること。

キャラクターが作る「モンスターの顔」にもかかわらず、アニメーションはよくできていますが、これがこのテーマのアニメの特徴の1つであるかどうかにかかわらず、アニメーション自体は非常に流動的で、シリーズの物理学は詩的なライセンスを持っています.すべてフィクションの作品です。アニメは現在、第2シーズンもあります。

アニメ(ハイキュー!!)は、週刊少年ジャンプ誌で古舘春一によって書かれ、描かれた漫画シリーズに基づいています.このアニメは Crunchyroll で見ることができます。

この記事を共有する: