ヌードに関連する日本の文化

少し前に、ブラジルは何人かのアーティストのヌードパフォーマンスに関連した議論を始めました。これらのことをしているのはブラジルだけではありません。他の国でも同様のことをしようとしたとして逮捕された外国人もいます。日本はどうですか?この記事では、ヌードパフォーマンスよりも奇妙で物議を醸すアーティストであると主張する日本人を紹介します。

才能のあるものを探している匿名の日本人がたくさんいます。インターネット上では、多くの日本人が奇妙で奇妙なパフォーマンスやアイデアで目立つことを求めています。彼らは自分たちをアーティストと見なし、非常に物議を醸すプレゼンテーションを行います。 警告!こちらの商品はSENSITIVE人々のために推奨されていません! 

ヌードパフォーマンスよりも物議を醸す日本のアーティスト-バナー

ヌードパフォーマンスの日本人アーティスト

それらの1つはコメディアンでした 安村翔吾 トニカク・アカルイ・ヤスムラとして知られています。2015年、彼は下着を着ていても裸のように見えるポーズをとるプレゼンテーションを行うことにしました。以下に、おそらくアートではなくコメディーのために、数百万回の再生回数を超えたビデオを見ることができます。

Anúncio

別のアーティストのニックネーム Uespiiiiii 彼はティッシュを取り、それを自分のプライベートパーツに置き、次にソーサー付きのカップを置き、パーツを見せずにカップの下からティッシュを取り除こうとしました。彼は、測定テープを使用する場合でも、さまざまな方法でこれを行います。日本人はどうやって有名なテーブルクロスのトリックを極端にしたのですか?

女性でさえ逃げることはなく、日本には彼らの演奏を完全に裸にするオーケストラグループがあります。チャイコフスキー(くるみ割り人形)の有名な作品を演奏するプロのプレゼンテーションです。これらの画像やビデオはこの記事では共有しませんが、YouTubeでも見つけることができます。

Anúncio
ヌードパフォーマンスよりも物議を醸す日本のアーティスト-メトドファンアート2

セックスアピールで立ち上がろうとした日本人の中には、やっかいになってしまった人もいました。有名なミュージシャンDJオズマ理由は、ファンとその部分を覆って裸ダンサーと演奏の国家放送局NHKから生涯禁止を受けることになりました。、

私たちがヌードパフォーマンスについて話すとき、アーティストは下品な考えを伝えたくありません。セックスロボット博物館では、卑猥なものを見ずに訪れることはできません。日光にある博物館には、非常に倒錯したことをするロボットや人形がたくさんあります。博物館は日本の歴史を非常に卑劣な方法で描写しているようです。

Anúncio
ヌードに関連する日本の文化

ヌードに関連する日本の文化

日本人は自分の体をそんなに恥じたことはありません。すべての人は通常温泉に通い、恥知らずに完全に裸の入浴をします。もちろん、今日、お風呂は性別に分けられていますが、かつてはそうではありませんでした。今日でも混合入浴を見つけることができます。

私たちはすでにウェブサイトでと呼ばれるお祭りについて話しました はだかまつり、ほとんど裸の男性がタイトな寺院で自分自身をこすってしまうところ。かなまら祭という有名なひよこ祭りは言うまでもありません。残念ながら年齢や体重に制限のあるヌードレストランもあります。これらの機会はまったく文化的ではなく、有名な秘密のホステスを思い出させることになります。

ヌードに関連する日本の文化
Anúncio

大きな真実は、日本も自然な方法でヌードを公開したいと思う国でもあるということです。その人が子供であるかどうかにかかわらず、彼女は結局温泉に行くでしょう。もちろん、そのようなことがブラジルで起こったことは、おそらく容認されないでしょう。日本はロリスアニメで小児性愛を支持していると信じている人もいますが、芸術と言われることもありますが、実在の人々が関与する場合、国の法律は厳格です。

この記事を楽しんでいただけたでしょうか。その件についてあなたはどう思いますか?コメントと共有に感謝します。また、以下を読むことをお勧めします。