日本のドリトスのさまざまな味

ドリト​​スは、主にブラジルで世界的に有名な塩辛いです。これらの有名なクリスピーコーントルティーヤは、1987年以来Frito Lay社によって日本で製造されています。そして、日本の他のすべてのように、これらすべての年の間に、これらのコーントルティーヤのいくつかの異なるフレーバーが発売されました。

有名なドリトスを知らない人のために、1964年にアメリカでアレックスフーズ社によって作成され、世界中で人気を博しました。すべての国の中で、日本はドリトスのさまざまなフレーバーを最も発明した国でした。

毎日の日本チャンネルのビデオを用意しているので、ドリトスのさまざまなフレーバーを知ることができます。次に、日本全国で発明されたフレーバーのほとんどを含む完全なリストを作成します。

日本のドリトスフレーバー

  • わさび味
  • 黒コショウ
  • 柚子(日本のレモン)
  • アボカドとチーズ
  • 冬のチーズ
  • ピザ味の照り焼きチキン
  • セサミチキンフレーバー
  • Sukiyaki
  • しめじ(きのこ)
  • コショウとベーコン
  • ドライサーモン味
  • コーンスープフレーバー
  • ハート型のドリトス
  • 海苔味(のり)
  • イタリアのシーフード味
  • イタリア産ハム入りフレッシュバジル
  • カニ味
  • ゴマ入りチキン
  • フレーバータコス
  • バターフレーバー
  • ステーキフレーバー
  • マヨネーズ風味の魚卵
  • フレーバーフォンデュ
  • フライドチキンフレーバー
  • マンゲイタ味と醤油
  • チーズとアーモンド
  • 塩味
  • ソーセージ味
  • マグロ味
  • わさび味
  • ココカレーフレーバー
  • ジャラペノペッパーフレーバーとチーズ
  • 塩コショウ味
  • カマンベールフレーバー
  • ドイツのジャガイモ
  • アンチョビとニンニクの味
  • フレーバーサラダ
  • フレーバー7スパイス
  • キャラメル味
  • フレーバークリスマスツリーの形
  • アメリカンフレッシュフレーバー(クールアメリカン)
  • ヨーグルトとミントのフレーバー
  • トマトと玉ねぎのサラダ

ドリト​​スへの好奇心

ドリト​​スという名前は、ドゥラディーニョ、またはスペイン語で「ドラディト」のように聞こえるように作成されました。 「ゴールデンピース」.

アーチウェストスナックの作成者は2011年9月20日に亡くなりました。彼を称えるために、家族は灰を置く前に数十のドリトスを骨壷に入れることにしました。

一般的なサイズの日本のドリトスは通常60Gと70Gで約130円です。160gのものは通常300円かかります。同社の3つの伝統的な味は、メキシコのタコス、ナチョ、塩です。

Elma Chips do Brasilのように、Frito Lay社は、チートス、ラッフルズなど、ブラジルでは知られていない他の有名なスナックを作る責任があります。フリトレーは実際にはペプシコの一部門です。同社は1957年に日本で設立されました。

このフレーバーのリストとビデオについてどう思いましたか?これらのフレーバーのいずれかを試す機会がありましたか?

この記事を共有する:


「Os diferentes sabores de doritos do Japão」への1件のフィードバック

コメントする