ドキドキ とはどういう意味ですか?

[ADS]広告

「ドキドキ」とは、「ドキドキ」や「ドキドキ」を意味する日本語の表現またはオノマトペです。興奮や緊張感を表すのに使用できます。

日本のポップ カルチャーでは、「ドキドキ」はアニメ、マンガ、ゲームで広く使用されており、緊張したりエキサイティングな状況でのキャラクターの感情を表すことがよくあります.

プレイするのが非常に楽しい、またはエキサイティングな場合、そのゲームは「ドキドキ」であると言う人もいるかもしれません。キャラクターは、ロマンスの状況にあるとき、または挑戦や危険に直面しているときに「ドキドキ」と言うことができます.

インターネットでは、「ドキドキ」はオンライン ファンダムやミームで一般的に使用される用語です。特にキュートで愛らしいアニメやマンガのキャラクターに関連付けられることがよくあります。

キャラクターの心臓の鼓動を示す画像やビデオもよく見られ、通常は「ドキドキ」という表現が付随しています。

また、以下を読むことをお勧めします。

小説の決まり文句を破る–ドキドキ文芸部!
ドキドキ文芸部というゲーム

どうやってドキドキを翻訳しますか?

多くの人はドキドキを単純なオノマトペと見なしていますが、単語は副詞または動詞の場合があります。その使用はかなり頻繁であり、西洋で使用されるオノマトペとは異なります。

ドキドキという言葉は、次のように訳すことができます。

  • ドキドキ。
  • バンバン;
  • ピットパット;
  • ピタパット;
  • ドタバタ;
  • 速く打て;;
  • 脈;
  • ノックすること;
  • ドキドキ

ドキドキはオノマトペですが、感情的になったり、興奮したり、ドキドキしたりと言う動詞「する」としても使えます。

よく使われる単語ですが、JLPT N2に分類されます。このオノマトペには「どきんどきん」ドキンドキンという異名もあります。

ドキドキっていつ言えるの?

アスナは強くて決断力のあるキャラクターですが、彼女は非常に感情的でもあります.危険に直面しているときや、パートナーのキリトに恋をしているときに「ドキドキ」と言うことができます。

かぐや様は告らせたい かぐや様は告らせたいほど可愛くて愛らしいキャラクターです。彼女は嬉しいときや緊張したときに「ドキドキ」と言うかもしれません。

長門有希は非常に真面目で控えめな性格ですが、挑戦や緊張や不安を感じたときに「ドキドキ」と言うことができます。

有馬公生は才能ある若手ピアニストですが、非常に感情的でもあります。コンサートの前に緊張したり、特別な人に感情的になったりすると、彼は「ドキドキ」と言うかもしれません。

大人になるために川に飛び込む

「ドキドキ」を使った例文

以下は、日本語の表現ドキドキを使用したいくつかの例文です。

このゲームはとてもエキサイティングですね。

「このゲーム、ドキドキするよね。」 
Kono geemu, doki doki suru yo ne.

彼が私に告白したとき、私はとても感情的になりました。

「彼が私を告白したとき、私はドキドキしました。」
 Kare ga watashi o kokuhaku shita toki, watashi wa doki doki shimashita

この映画は本当にエキサイティングです

「この映画、本当にドキドキするよ。」 
Kono eiga, hontou ni doki doki suru yo.

彼女と出かけるときはいつもわくわくします。

「彼女とデートするのは、いつもドキドキするよ。」 
Kanojo to deeto suru no wa, itsumo doki doki suru yo.

この公園はいつも人でいっぱいなので、とても感慨深いです。

「このパーク、いつも人がいっぱいで、ドキドキするよ。」 
Kono paaku, itsumo hito ga ippai de, doki doki suru yo.

彼女のことを考えるといつも感情的になります

「彼女のことを考えると、いつもドキドキするんだ。」
Kanojo no koto o kangaeru to, itsumo doki doki suru n da.

このお店は本当に素晴らしい料理を提供してくれるので、いつもわくわくします。

「このレストラン、本当に素晴らしい料理を出すから、いつもドキドキするよ。」 
Kono resutoran, hontou ni subarashii ryouri o dasu kara, itsumo doki doki suru yo.

彼が私に彼と結婚するように頼んだとき、私は本当に興奮しました.

「彼が私にプロポーズしたとき、私は本当にドキドキしました。」 
Kare ga watashi ni puropoozu shita toki, watashi wa hontou ni doki doki shimashita.

この記事を共有する: