日本の街路と交通– 従うべき例

日本はその教育、尊敬、誠実さで知られています。物事は交通においても違いはありません。日本人は人命を守り、時間をかけ、すべての交通法を尊重します。この記事では、日本の街路や交通についてのいくつかの好奇心を見ていきます。これは、従うべき良い例として役立ちます。

それでも日本の交通がどのように機能するかわからない場合は、簡単な要約を示しましょう。日本では、車は車両の右側にステアリングホイールを置いて左側を走行します。高速道路、有料道路、高速道路があります。日本の交通は、信号灯の数、追い越しに適した道路の数、車両の数のために遅いです。

501487343_d1

高速道路の制限速度は通常80〜110、都市道路では50〜60、都市部では30〜40です。料金は常に日本の高速道路の入り口にあります。電車で行く方が安い場合もありますが、東京から京都への旅行は最大9,000人の通行料に達する可能性があります。日本でのトランジットの詳細については、以下を参照してください。

Anúncio

日本の交通-従うべき例

それは日本の文化の一部であり、交通法に従い、日本での運転をより楽しく安全なものにします。トラフィックが完全に機能するのに役立つもう1つのことは、トラフィックチケットの価値が高いことです。金額は簡単に1000ドルを超えるため、人々はインフレを行う前に考えさせられます。

日本人は、ドライバーの義務である単純な行動について、交通に感謝する傾向さえあります。日本の通過中の行動と私たちが従わなければならない例についてもっと理解するには、以下の私たちの友人のビデオを見てください:

Anúncio

日本の街路と交通-従うべき例

日本での運転は急ぐ必要はありませんが、多くの注意が必要です。通りは通常狭く、奇妙な交差点が多いので、細心の注意を払う必要があります。止まって(トマレ- やめて!)そして徐行(jokou- 遅い)、超過する可能性があることを示す白い破線に出くわすことがあります。実線は通過が許可されていることを示しますが、十分に注意する必要があり、黄色の線は決して交差しないでください。

交差点の真ん中、交通標識、にぎやかな通りのどこにいても、歩行者や他の車を乗せるために常に立ち止まる必要がある場合があります。これは非常に一般的で、後ろにいる人は誰も怒りません。

Anúncio

日本の街

日本の街路はとてもきれいで、標識がよく、歩行者や運転手にとって最適な状態であると言う必要はありません。しかし、見過ごされがちな細部がいくつかあります。日本の通りの中には、非常に狭く、まだ両手であることが多いものもあります。

日本の街路と交通–従うべき例

夜のいくつかの都市では、これらの通りは照明がなく、完全に暗いです。日本の多くの街路には名前がありません。地図には通常、ブロックとブロックの番号が表示されますが、街路の番号は表示されません。私の意見では、住所を見つける方が現実的です。

日本の街を歩くのはユニークな体験です。すべてはあなたがいる都市と場所に依存します。人でにぎわうにぎやかな通りや、路地や家がたくさんある他の人けのない通りから見つけることができます。それでも、お店や自動販売機を見つけるのは簡単です。

Anúncio

日本のトランジットの例が、私たちの街を歩いて、私たちの国で5万人以上の死者の交通事故を引き起こしている狂ったドライバーに役立つことを願っています。日本では自動車事故よりも浴槽で死ぬ方が簡単だということさえあります。

そして、考えさえしないでください 酔った運転で2万レアルの罰金が科せられる。コメントと共有に感謝します。