テラスハウス:Netflixが生み出す日本の現実に出会う

日本の文化は西洋の文化とは大きく異なり、そこで制作されるエンターテインメントなどのテーマにも反映されています。 現実 テラスハウスを表示します。

ストリーミングチャンネルNetflixが提供するこの斬新さをまだ知らない場合は、チェックして日本文化についてもっと知る価値があります。

我が国で大成功を収めているリアリティ番組「ビッグブラザーブラジル」とは大きく異なるメディア構成ですが、日本の消費者が期待するエンターテインメントのコンセプトについてはチャンスがありませんでした。

出身や年齢の異なる数人が同じ家に長期間閉じ込められ、高額な賞品を競うこのフォーマットは、ここBBBで非常に人気があり、明らかに成功していません。

これを日本のテレビ全体の品質に起因すると考える人もいれば、いくつかの国と比較して優れていると考えられる人もいれば、リアリティテレビ自体の品質に焦点を当てている人もいます。

だけでなく、業界や市場のさまざまな分野で タンクキャリブレーション この国には生産的なハイライトがあります。

字幕が「市内の男の子と女の子第一印象は、これがBBBのローカルバージョンであるということかもしれませんが、これは誤解です。

この記事では、テラスハウスについて少し知り、このステートメントの意味を理解することができます。それをチェックするために読み続けてください!

テラスハウス、人気が高まっているリアリティ番組

この作品は、Netflixとフジテレビ(2012年から2014年のシーズンに日本のテレビでのみ放映された番組を最初に作成した会社)とのパートナーシップから生まれたシリーズです。

ストリーミングプラットフォームNetflixとの連携による制作とのパートナーシップの後、シリーズが他の国に拡大したとき、コンテンツがどのように含まれるかを観察することができます プロの照明.

実際、パートナーシップがあったときのアイデアは、週に18エピソードを制作することでしたが、視聴者の大きな成功により、その結論は新しいシーズンにまで広がりました。

この作品をまだ知らない人のために、私たちが分析しなければならないブラジルの現実とテラスハウスを使用すると、不公平な状況が発生します。そしておそらく、リアリティ番組をこのように多様な視聴者に非常に人気のあるものにしているのは、まさにこの差別化された構造です。

現実のいくつかを発見する

良いものと同じくらい明確 水質分析 次のような質問の違いを観察することができます。

  • あなたの特徴;
  • プログラムプロファイル;
  • 参加者のプロフィール; 
  • プレゼンターが参加者に話さなければならない自由。

このプログラムでは、6人の少年と6人の少女がとても素敵な家に一緒に住んでいます。 BBBとの類似点はここで止まります。日本語版では自由に動き、家を出て勉強し、仕事をすることができるからです。

彼らは、制作によって参加者が日常の活動を行うために利用できる車を使用します。友達を見つけてインターネットにアクセスすることも可能です。つまり、参加者を制限したり制御したりすることはできません。

彼らは、の購入を可能にする賞金の競争を生み出すゲームには存在しません 環境コンサルタント、および公開削除の対象ではありません。

いつでもプログラムを辞めることを決定する完全な自由が彼らの一人一人に与えられているので、これが起こったときに新しいメンバーが紹介されます。

ゲームに浸透する心理的側面のこれらの違いにもかかわらず、それはサイバーブリングによる参加者の1人の自殺によって致命的にマークされました。これは最近の大きな問題です。

シリーズではお互いの日常生活が自然に描かれているので、彼らは通常の生活を送ることができ、リーダーの証拠はありません。

ロマンチックな絡み合いの可能性が存在し、 環境報告書、ビッグブラザーに存在するプレッシャーなしで、一連の物語が展開します。

家のメンバーの陽気さは、彼らの参加の要件であるリアリティショーで注目を集める側面です。

さまざまな年齢の人々が閉じ込められている間に外で自分たちの生活を語っているここで生産されているものの違いを理解してください。

私たちが目にしているのは、家の中で起こるかもしれないし、起こらないかもしれない情熱を探して、普通に生活している、模様のある美しさを持つ若者たちです。

何がそんなに観客を魅了しますか?

あなたとこの記事を読むとき 蒸発気候制御 接続され、最高の空気品質が保証されているので、私たちの典型的なリアリティ番組とは非常に多くの違いがあり、プログラムが本当に注目を集めているかどうか疑問に思う必要があります。

そして、一般大衆との成功は、人気に依存しない、または互いに競争しないふりをする人々の実際の日々の表現のこの正常性に正確にあります。

カメラにもかかわらず、各参加者の行動には素晴らしい自然がありますが、より涼しく、より美しく見えるようにするための指示された努力はありません。

家の掃除、冷蔵庫の買いに行くこと、一日中パジャマを着ること、そしてそのにきびを隠すことなく静かに家にいることができることは、この聴衆をもたらすものです。

このプレゼンテーションは、非常に多くのエンゲージメントを生み出す聴衆の実際のルーチンの素晴らしい認識を可能にします。

製造業で働く人々のために 炭酸カリウム、そしてシリーズをよりよく分析するようになるすべての聴衆は、魅了されるのは基本的な人間関係の展開であることに気付くでしょう。

共感の欠如、言葉のスキルの欠如、未熟さによって引き起こされる対立は、他の実際の共存と同様に発生します。エピソードの編集は、一連の劇的で、楽しく、真面目でリラックスした瞬間のバランスをとって行われます。

シリーズのユーモアの応用

興味深い特徴は、参加者について面白いコメントをする有名な日本のエンターテインメントの人物による中断です。

日本のユーモアの可能性を疑う人にとって、文化はより素朴で抑制されていると考えて、あなたは確かに大笑いに驚かれることでしょう。

コメンテーターは皮肉を使用し、参加者の行動に対処する酸的な批判で率直にアイデアを表現し、 水処理 東洋思想の観点から。

最終的な考慮事項

この記事では、日本人の趣味で際立つリアリティ番組であるテラスハウスの簡単な紹介を学び、今日の主要なストリーミングプラットフォームの1つであるNetflixでデビューした後、新しい視聴者を獲得しています。

お気づきかもしれませんが、日本では、BBBのように、ここで人気を博したモデルよりも少し軽いリアリティプロダクションのハイライトがあります。

これは、東洋の文化が私たちとは少し異なる価値観や視点を持っているためであり、彼らの「スニークピーク」は、閉じ込められたプレーヤーではなく、単に生きている普通の生活をしている人に焦点を当てることです。

テラスハウスは2012年10月12日に最初に放映され、日本の視聴者を獲得しました。番組の制作を担当するテレビネットワークの富士は、若い世代にリーチするために大きな賭けをし、敏感で、現在のトレンドにつながっています。

戦略は機能し、2015年にNetflixは日本のネットワークとのパートナーシップに署名し、新しい作品の契約に合意し、プラットフォームがフランチャイズの権利を取得しました。

これは、現実との接触と並行して家に閉じ込められた彫刻体を公開するブラジルの現実の公式とは異なり、15分間の名声のために何でも可能です。

日本人が提示する本物、自然、本物の概念は、集合的な性格だけでなく、個々の主題に焦点を当てることによって、若者に焦点を当てる「日本人性」と呼ばれる概念を含みます。

この記事は、このリアリティ番組が、若い社会集団の日常の経験を監視するというダイナミックな視点で、日本とその社会についての幅広いアイデアに与える独特の役割についての観察で締めくくります。

カメラの前に提示されているものは、有名な国の文化への参照としてそれまで人気があったものとは異なる何かを示しています 日本のアニメーション.

日本の若者の日常生活における自然で現実的な対話は、それまでそこ以外ではあまり知られていなかった側面を示しています。 Netflixは、現実のテラスハウスの認知度を国際的に大幅に拡大することで、国の視野を広げることを可能にしました。

---

この記事を共有する: