チェーンソーマンのポチータって誰?

[ADS]広告

チェーンソーマンは大成功を収めた作品であり、傑出したキャラクターの 1 人がポチータです。このカワイイとキラーのキャラクターは本当に誰ですか?

ポチ太は物語の序盤でデンジと手を組んだ謎の悪魔。マンガシリーズのチェーンソーの読者を楽しませる、ユニークで複雑なキャラクター。

また、以下を読むことをお勧めします。

ポチータって誰?

ポチタは悪魔によって、歩き、話し、チェーンソーを振るう破壊兵器として作られました。しかし、ポチタは悪魔に完全に支配されているわけではなく、しばしば動揺し、周囲の人々を大いに失望させた.

ポチータは強力で破壊的な力ですが、彼は完全な悪ではありません.正義感が強く、困っている人を助けることが多い。

彼のタイトルはチェンソーの悪魔 [チェンソーの悪魔]で、文字通りチェーンソーの悪魔を意味します。悪魔という名前にもかかわらず、日本人の悪魔の見方は西洋とは異なることを覚えておく価値があります.

読むことをお勧めします: 日本語で「悪魔」と言う10の方法

チェーンソーマンのポチタって誰?

ポチ太の正体は?

ポチタは、頭の中央から突き出たチェーンソーのような付属肢を持ち、武器として使用できるハンドルを備えた小さなオレンジ色の犬の悪魔として描かれることがよくあります.

アニメから画像を取り込む際に描かれるこのカワイイ姿は、実は彼女の臨死状態です。彼の真の姿は、4本の腕と各腕と頭からチェーンソーが突き出た人型の大悪魔です。

ポチータは四騎士との戦いから姿を消し、吠える犬のペットになってしまった。

チェーンソーマンのポチタって誰?

チェーンソーマンでポチタ死んだの?

ヤクザの依頼で鬼を殺そうとしたデンジが殺される。ポチタも重傷を負っていたが、二人はポチタがデンジと融合することを可能にする取引を行い、ポチタの鋸の能力を持つ人間と悪魔のハイブリッドとして彼を復活させた.

ポチータはデンジと合体して死亡したらしい。しかし、公安アークの終わりに、ポチタは無意識のうちにデンジとつながることができました.

基本的にポチタは生きていて、形を変えただけで主人公の心のままです。彼の犬の姿はチェーンソーなしのままです。

この記事を共有する: