SelfieStickの真のクリエーター

によって書かれた

あなたはどのように セルフィースティック または セルフィースティック?今日とても成功しているこの創意工夫を誰が発明したのですか?この記事では、ほとんど知られていないセルフスティックの実話について説明します。

Trata-se de uma haste extensora utilizada para a obtenção de fotos do tipo selfie com um maior ângulo de abrangência. Apesar de ser um recurso que se tornou bastante popular a partir do ano de 2014, quando ele realmente surgiu?

アメリカ人は約10年前に有名な「セルフィ​​ースティック」の発明者であると主張していますが、このアクセサリーは20年以上、さらには何世紀にもわたって存在していることが発見されました。 役に立たない発明.

SelfieStickの本当の起源

2015年の初めに、ユーザーは @_tessr 1995年に出版された「101の役に立たない日本の発明」を示した本の写真を投稿しました。その本の中で、人気が出るずっと前にセルフスティックを見つけました。

Originalmente chamado de “Extender” (エクステンダー), o primeiro pau de selfie foi lançado pela Minolta, em 1983. Ele era parte de um kit vendido especificamente para fazer auto-retratos, que incluía um botão disparador na extremidade.

説明によると、「自画像用カメラスティック」は、特に、助けを必要とせずに写真を撮るようにユーザーを招待します 旅行 em que torna-se constrangedor pedir para um estranho tirar uma fotografia.

日本人が作ったセルフスティックの実話
日本人が作ったセルフスティックの実話

Selfie Stickが役に立たなかったのはなぜですか?

日本人が創作した当時、なぜ本発明は成功しなかったのか。はっきりとはわかりませんが、フロントスクリーンがないことや、レリーフの必要性など、セルフスティックが実用的でなかったことが原因と考えられます。

今日でも、セルフスティックを役に立たない発明だと考える人がいます。実際、セルフスティックは、フロントカメラのおかげでリアカメラよりも広い角度でスペースを失っています。

それで、セルフスティックは実際に日本人の男性によって作られましたか? これは不確かで、Selfie Stickを使用しているように見える、1925年の疑わしい写真がいくつかあるため、実際の作成者を特定することは困難です。

残念ながら知る方法はありませんが、おそらく過去の誰かが写真を撮るためにカメラをスティックに結び付けようとしたに違いありません。今では、誰かが他の人を疫病で訴え、正義の中で新たな役に立たない戦争を生み出すことは困難です。

それにもかかわらず、スナップボタンが付いた完全版を作ったのは日本人が最初だったと思います。当時の日本人が本発明を役に立たないと思ったように。便利だと思いますか?なぜ今そんなに人気になったのですか?

Compartilhe com seus Amigos!