日本の車両に使用されている特殊接着剤

によって書かれた

No Japão os motoristas usam adesivos específicos para indicar alguma situação. Alguns desses adesivos tem uso obrigatório e servem para indicar se a pessoa é um novo motorista, deficiente, idoso , etc.

Esses adesivos costumam ser colocados na frente e atrás dos carros. Neste artigo vamos entrar em detalhes e conhecer um pouco mais sobre esses adesivos. O Canal Japão nosso de cada dia fez um vídeo falando um pouco sobre esses adesivos, você pode assistir abaixo:

初心者ドライバー用ステッカー

日本では、運転免許を取得する際に、この緑と黄色の標識を1年間使用して、その人が新しい運転手であることを示す必要があります。したがって、他のドライバーはもう少しスペースを与え、初心者に対して少し忍耐力を持っています。

このタグの正式名称は shoshinuntenshahyoushiki [初心運転者標識] que significa literalmente “marca de novo condutor”. Essa marca também é conhecida como わかばまく [若葉マーク] que significa literalmente “Marca da folha verde” inclusive é escrito com ideograma “若” que significa jovem, isso significa que você ainda é inexperiente no transito.

興味深いのは、1年経っても、交通の便宜を図るためにステッカーを車に付けたままにすることを好む人がいることです。さまざまなステッカーをさまざまな位置に貼り付けて、かわいいことをする人もいます。

Outros usam esse adesivo até mesmo em outros automóveis como bicicletas, alguns objetos, eu vi até mesmo em cavalos. Wakaba 初心者のための普遍的なシンボルになっています。 

ステッカーを持っていない場合のペナルティは4,000円と1ポイントです。また、このステッカーで車を運転して見た場合、5,000円から7,000円の罰金と1ポイントの財布の罰金が科せられます。

Gracinhas

高齢者用ステッカー

70歳以上の方はと呼ばれるステッカーを使用することをお勧めします Kōreiuntenshahyōshiki [高齢運転者標識] que significa literalmente “marca de condutor Idoso”. O adesivo também é chamado de momiji

何年にもわたって、老人は交通に少し混乱するので、このステッカーは他のドライバーにもう少し高齢者に注意と忍耐を持っていることを示すのに役立ちます。

さらに、このステッカーには、高齢者用のスペースなど、他の利点もあります。日本人がグリーンリーフスターターステッカーと呼ぶように、高齢者のステッカーには、紅葉、乾燥葉、落ち葉などの名前があります。

このステッカーは、2011年に4枚葉のクローバーの外観で新しいバージョンを獲得しました。以前は初心者のステッカーに似ていて、オレンジと黄色のドロップでした。

日本の車両に使用されている特殊接着剤

身体障害者用ステッカー

O Japão aceita o símbolo universal de deficiente, aquele desenho da cadeira de rodas. Mas o Japão também possui um símbolo original, um adesivo azul com um trevo branco em forma de coração, com o caule de guarda-chuva.

Seu nome é 身体障害者標識 (shintaishōgaishahyōshiki) e significa literalmente “etiqueta para deficientes” e abrange uma área maior do que o símbolo universal de cadeira de rodas.

ステッカーを持っていない場合のペナルティは4,000円と1ポイントです。また、このステッカーで車を運転して見た場合、5,000円から7,000円の罰金と1ポイントの財布の罰金が科せられます。

日本の車両に使用されている特殊接着剤

聴覚障害者用ステッカー

一般的な障害ラベルに加えて、日本には聴覚障害者専用のラベルがあります。黄色い蝶が付いた緑色のタグ。彼女はとして知られています chōkaku shōgai-sha hyōshiki [聴覚障害者標識] que significa literalmente “etiqueta para deficientes auditivos”.

Por que o símbolo da borboleta? No Japonês a palavra borboleta é pronunciada “cho” assim como a palavra audição (Chōkaku) ou a palavra deficiente auditivo (Chōkakushō).

このステッカーを持っていなくてもペナルティはありません。このステッカーで車が他の車を追い抜くと、5,000円から7,000円の罰金と1ポイントの財布を運ぶことができます。

Adesivo de Treino – Renshuuchuu

看板のように見える黄色の縞模様の日本語の単語で満たされた白いステッカーは、誰かが運転の訓練を受けていることを示しています。これはドライバーがより忍耐強くなるのを助けます、それは必須のナンバープレートではありません。

この記事は、日本がドライバーの安全をどれだけ気にかけているかを示しています。この記事を楽しんで共有し、人々がこのセキュリティ戦術について知ってくれることを願っています。

あなたが日本に住んでいるなら、これらのサインやステッカーはでも見つけることができます 100円店。車に釘付けにされているものもありますが、オンラインのウェブサイトや専門店でステッカーを見つける方が良いかもしれません。

Compartilhe com seus Amigos!