スイハンキ– ライスクッカーとその多くの可能性

炊飯器は日本で非常に人気があります。これらの電動炊飯器は Suihanki (炊飯器)日本語で。今日では世界中で人気が出ており、生活が楽になり、ご飯以外にもいくつかのことが可能になっています。

日本の電気鍋でご飯を炊くのはとても簡単です。単純に洗浄された米を置き、メートル、近いウェイトを用いて水を追加します。約10〜15分でご飯の準備が整い、機械が自動的にシャットダウンします。

この創意工夫は大いに促進します 忙しい生活 一部の日本人の。彼女はまた、一日中ご飯を暖かく保ち、この記事で言及する他のいくつかの興味深い料理を準備することができます。

Suihanki-日本の炊飯器とその無数の可能性

日本の炊飯器はどのようにして生まれたのですか?

最初 Suihanki 1945年に三菱によって生産されました。コイルで動作していた当時はアルミ製で自動停止はありませんでした。

第1の電気及び全自動炊飯器は、1956年に登場し、東芝と一緒に芳忠南によって発明されました。非常に成功したため、月に20万個以上のポットが生産されました。

80年代には、これらの鍋はすでにほとんどすべての日本の家の一部であり、中国、韓国、そして後には全世界で事業を拡大し始めました。時が経つにつれて、鍋の技術は改善され、味と人気が向上しました。

Suihanki-日本の炊飯器とその無数の可能性

スイハンキの無数の可能性

多くの人々は唯一の米を作るために日本の炊飯器を使用しています。これらのポットが米や派生物に加えて無数のレシピを作ることができることを知っている人はほとんどいません。それを念頭に置いて、炊飯器で作成できるレシピのリストを残して、購入を決定できるようにしましょう。

がsuihankiで米以外のものを調理するときは、単に食べ物に目を維持し、それが十分に調理されたか、していないかどうかを確認します。

  • Feijão;
  • Sopas;
  • 甘い飯;
  • Pães;
  • Pudim;
  • ホットチョコレート;
  • フルーツシチュー;
  • Pão;
  • Macarrão;
  • 塩味のパイ;
  • Frittatas;
  • ゆで卵;
  • Carnes;
  • 蒸し野菜;
  • トマトと牛ひき肉;
  • クリーミーコーン;
  • Sukiyaki;
  • Cuscuz;
  • Estrogonofe;
  • チキンスープ;
  • Cheesecake;

Suihanki-日本の炊飯器とその無数の可能性

あなたが見ることができるように、日本の炊飯器を持つ可能性は無限であり、ストーブをオンにして準備するのが面倒いる人々の枝を破ることができます 炊き込みご飯.

  • クイズ-日本料理の知識をテストする

炊飯器は電動フライヤーよりもはるかに安価であり、はるかに有利であることを保証します。炊飯器はありますか?購入しますか?コメントであなたの経験を教えてください。

この記事を共有する: