2021年のオリンピック:レガシーゲームが日本にもたらしたものを見る

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

オリンピック 2021年に開催された東京2020は、規律、方法、焦点によって達成された克服という素晴らしいメッセージを全世界に送りました。最も保守的な国の1つである日本は、全世界に向けてショーを開催しました。

これらのゲームに残された遺産について話すことができれば、一人一人が特別であり、社会において異なる関連する役割を果たしていると言えます。したがって、人々はお互いをグループとしてではなく個人として扱う必要があります。

日本はすでに 1964年のオリンピック、いわゆる「オリンピック夏季オリンピック」、そしてその後の1972年と1998年の冬季オリンピックで。数十年前に、日本がオリンピックの開催地として選ばれたことがあります。

発表

特に1936年に東京がゲームの開催地として選ばれたとき、残念ながら1940年の第二次世界大戦の勃発により、ゲームを維持するという考えは捨てられました。 

Olimpíadas 2021: confira o legado que os jogos trouxeram ao japão - olimpiadas

ゲームにおけるCOVID-19の干渉

ほぼ100年後、日本が再びゲームを主催する機会があると誰が思ったでしょうが、コロナウイルスのパンデミックの到来により、夢は再び延期されました。結局のところ、2020年の焦点は 温度計の校正 と非混雑。

さらに、今回の世界は強力で目に見えない敵、COVID-19に直面していたことを強調することが重要です。そのため、2020年は、アスリートのような多くの人々にとって非常に憂鬱で複雑な年でした。

結局のところ、彼らはできる限りのトレーニングを行っていました。つまり、多くの人が、待望の金メダルを獲得するために、主に当時の集中力と肉体的な血統を維持できるように、適応した環境で自宅で準備をしていました。 

発表

を使用する必要がありました アライメントマシン、海、コート、さらにはジムをシミュレートしたプラットフォームの構築も同様です。テクノロジーはこの点で非常に役立ち、これらのアスリートにとって大きな助けになることがわかりました。

大会が開催できるかどうかについては多くのことが語られ、オリンピック委員会で直接働くアスリートや人々を保護することを目的とした厳格な議定書について多くの議論が行われました。 

それでは、2020年の東京オリンピックについて集めたが2021年に開催された主なハイライトのいくつかを見てみましょう。また、この非常に複雑な時期と彼が私たちに残した教訓に焦点を当てます。

発表
Olimpíadas 2021: confira o legado que os jogos trouxeram ao japão

日本式の模範的な組織 

日本人が組織されていることは誰にとっても間違いありませんが、それを間近で見ると印象的です。すべてのシステムは、各スポーツ、アスリートなどのニーズに応じて適切に編成されています。

すべてが事前に準備されており、有名な「ジェイチーニョ」であるブラジルで一般的なものはありませんでした。ゲームは非常に組織化された方法で行われ、プロトコルに厳密に従った 民間警備会社 およびその他のニーズ。 

イベントの構成に関連するある種のエラー、スキャンダル、または散発的なイベントを引き出すことは非常に困難です。高度な技術の世界を人々に示す試みがありましたが、パンデミックはその欲求を少し弱体化させました。

発表

それにもかかわらず、ゲームのオープニングでドローンによって作られた大きなホログラムなど、国の多くの技術を見ることができました。最後に、このすべての努力のおかげで、VilaOlímpica内でCOVID症例の発生はありませんでした。これは驚くべきことです。 

Olimpíadas 2021: confira o legado que os jogos trouxeram ao japão
Mascotes das Olimpiadas de Tokyo

オリンピックと持続可能なゲーム 

スポーツマンのパフォーマンスは、自然の本能と内部的につながり、特定の条件下でスポーツの中でそれらを実行する能力に由来すると言う多くの研究があります。 

日本は、より健康的で競争力のある環境を作り出すためには、持続可能性の高い空間を使用する必要があることを理解し、技術の進歩が世界の劣化を減らすことを示しました。

収集された8000万トンの電子廃棄物を使用して5,000個以上のメダルが作成されました。 6,000台以上の携帯電話を再利用できたことに加えて。オリンピックの表彰台は、プラスチックのパッケージに基づいて作られました。 

持っていることは非常に一般的でした 環境コンサルティング会社 需要が高かったので、これらのプロジェクトへの参加に興味があり、そのおかげでより良い世界を構築することができました。 

日本が提示するモデルは、2024年のパリ大会に基づくべきであり、世界の新しい現実の中でこの種の持続可能なパフォーマンスを拡大することを約束しています。 

ゲーム中のアスリートの決定

身長146センチの24歳のアメリカ人体操選手シモーネ・バイルズは、どこで競い合っても、オリンピック体操ですべての金メダルを獲得するためのフランクのお気に入りと広く見なされていました。 

しかし、初日からややネガティブな結果が出た後、メンタルヘルスの問題に対処する必要があったため、他の大会への参加を断念することにした。

発表

シモーネはクロスバーで銅メダルを獲得し、レースで2回連続のメダルを獲得しました。最初のメダルは、2016年のリオデジャネイロでした。シモーネの態度は、世界中でいくつかの議論の対象となりました。

社会の大部分が競争しているので、これらは考慮に入れる必要がある問題です、しかし残念ながら、これらは何もなしで人々によってほとんど扱われない用語です クランプ要素 それを助けるために。

Olimpíadas 2021: confira o legado que os jogos trouxeram ao japão - olimpiadas1964

2020年オリンピックのニュース

東京の試合は、5つの新しいスポーツのデビューによって特徴づけられました。

  • サーフィン;
  • スケートボード;
  • 空手;
  • スポーツクライミング;
  • 野球/ソフトボール。

その後、オリンピックには46のスポーツがあり、ブラジルではサーフィンと空手の2つのスポーツで金メダルを獲得するチャンスがありました。大会の初めに、大衆はスケート女性に熱狂しました。

そして、わずか13歳で、レイサリールはブラジルの歴史の中で最年少のオリンピックメダリストになりました。または、世界が彼女をファディーニャと呼ぶことを学んだので。スポーツマンシップが競技中に浮かんでいたので、それはエキサイティングでした。

発表

ブラジルはまた、東京オリンピックでスケートボードのメダルを獲得しました。 26歳のペドロバロスは、男子公園部門で銀メダルを獲得しました。それは実際にかかりました CO2消火器 その日のブラジル人からの電話を消すために。 

ブラジルで最初の金メダルは、ナタールからイタロフェヘイラにもたらされました。しかし、物議を醸した決定の詳細があり、お気に入りのガブリエウメディナを決勝から外し、ブラジル人の夢の1対2を奪いました。

ブラジルは、体操競技のレベッカ・アンドラーデ、女性のかかとなど、他の傑出した名前でゲームを終了します。マルティーヌ・グラエルとカヘナ・クンゼは、男子サッカーのオリンピック選手権に加えて、セーリングのオリンピック選手権に出場しました。 

合計21個のメダル、リオ2016より2個多い。金メダル7個、銀メダル6個、銅メダル8個。誰もが心に残る歴史的な業績。 

また、についての記事を読むことをお勧めします 日本のパラリンピック.

発表
Olimpíadas 2021: confira o legado que os jogos trouxeram ao japão - para olimpiadas

オリンピックの遺産 

2020年のオリンピックの開催を危うくするが、2021年に克服された主な課題は、記事全体を通して見てきました。国民の不足によってもたらされた空虚感を却下することはできません。

日本は、多くの人々の子供時代を特徴付ける有名なアニメや特定のキャラクターの消費によって特徴づけられる国です。これらのコンポーネントはすべて、意図したとおりに使用することはできませんでした。

多くの批評家が言ったこととは反対に、すべてにもかかわらず、ゲームは素晴らしくうまくいきました。その努力と協力が多くの問題を解決できることを示すこと。 

頑張ったアスリートを乗り越えたという素晴らしい話もあります。他の物語も注目に値します。また、人々のパフォーマンスを制限する無数の決意の下で、最高のゲームを提供するというすべての日本人のコミットメントも注目に値します。

これらのオリンピックがすべての人にもたらす大きな遺産は、ユニークな個人としての人々が、個人的な経験やライフストーリーを通じて互いに助け合う能力です。

オリンピックでのもう一つの非常に印象的なポイントは、距離があっても人々が応援した方法でした。 安全キャップ カスタムおよびTシャツやカスタムバナーなどの他のアイテム。

発表

それがなければ、シモーネ・バイルズが最終日に競争に復帰する動機は何だったでしょうか。ダニエル・カルグニンが重傷を負った後、母親にブロンズを捧げる動機は何でしょうか。当時自分の名前を作った他の多くのアスリートに加えて。

まあ、明らかなことは、ゲームに取り組んだ専門家を覚えておく必要があるということです。これは確かに起こります。主な理由は、彼らがすべてを非常に注意深く処理し、病気が新たな割合を占めるのを防ぐためです。

これらは東京2020のゲームであり、テクノロジーとケアを披露し、 専用輸送 試合や競技が始まり始める瞬間までのアスリート。 

このテキストはもともとブログチームによって開発されました 投資ガイド、さまざまなセグメントで何百もの有益なコンテンツを見つけることができます。