授受– アゲル、クレル、モラウ

日本語では、「」を意味する動詞が複数あります。与える、持ってくる、受け取る「。これの選択 verbo 取引の方向によって異なります。この記事では、この主題に大きな影響を与える3つの動詞を調べます。

アゲルとクレル

「与えるか受け取る」という動詞の最も一般的な言い方は あげる (アゲル)と くれる(クレル)でも、いつ使うの?

  • あげる --ageruは、 私があなたに与える、あなたが他の人に与える、私が他の人に与える、誰かが誰かに与えるときに使用されます。
  • くれる -クレルは、 誰かが私にそれを与える、あなたが私にそれを与える、誰かが私にそれを与えるときに使用されます。

ドナーが文の主題であり、付随していることを覚えておく必要があります 粒子はまたはが。受信者は粒子に同行します。

  • (Doador)は/が (Destinatário) (objeto) (動詞アゲル/クレル)

例文:

ねえ、朝ご飯作ってくれる?
ねえあさごはんつくってくれ?
ねえ、あなたは朝食を作ることができますか?

昨日作ってあげたから今日は君の番だよ!
きのうつくってあげたからきょうはきみ のばんだよ!
昨日はもうやったので、今日はあなたの番です!

他の動詞と同じように、それらは必要な方法で結合されます。差し上げる(さしげる)であるあげくだの正式な話し方と下さる(下さる)であるくくるの正式な話し方があります。Kudasaru).

Morau

もらう --Morauは、受信者の観点から、誰かから何かを受信するときに使用されます。

しかし、どのようにそうですか?ポルトガル語で比較できます:

  • ルーカスは私に(から)本をくれます。
  • ルーカスから本を受け取りました。

クレルとアゲルの場合、(提供者)は(受信者)にそれを与えますが、モラウを使用して、(受信者)が(提供者)から受信するという考えを与えます。デフォルトの場合、受信者をドナーと反転させます。

  • (Destinatário)は/が(doador)に…
  • (Destinatário)は/が(doador) から(から)+(オブジェクト) を もらう

例文: 

私はケビンにお菓子をもらった。
Watashi wa Kevinni okashi o moratta.
ケビンからお菓子をもらいました。

この花は誰からもらったの?
河野はなはあえてからもらったの?
これらの花を誰から受け取ったのですか?

くれぷの最初の例で気づいたように、くれくだを使って物事を尋ねることができますが、もらうは、何かを受け取ったと言うためだけに使用します。もらうの正式な言い方は頂く(=itadaku).

Shiteしてを使う

あげくだ、くってなる、もらうを動詞してと一緒に使用して、 アクションを受け取っているか与えていることを示します。 Exemplos:

  • (し)てくれる-誰かがあなたに好意を持っていますか
  • (し)てあげえ-誰かが誰かに何かをする(話者の視点)
  • (し)てもらう-誰かがあなたのために何かをしました(あなたの観点から)

例文: 

鈴木さんがおごってくれた。
鈴木さんがおごってくれた
鈴木は私を治療した。

鈴木さんにおごってもらった。
鈴木さんにおごってもらった。
私はすすきに扱われました。

ケビンにおごってあげた。
ケビン・ニ・オゴッテ・アゲタ。
私はケビンを扱いました。

この記事がこれらの3つの動詞についてのあなたの疑問を解決したことを願っています。言語を深く掘り下げるだけで、時間が教えてくれます。

まだ疑問がありますか?この英語の ビデオは少し役立つかもしれません、それは すべての実例であり、見るために英語を理解する必要はありません:

Fonte: maggiesensei.com

この記事を共有する: