矢田の鏡-日本の神聖な鏡

発表

家に鏡を持っていないのは誰ですか?結局のところ、それは広く使用されているオブジェクトであり、多くの点でです。しかし、鏡はしばしば超自然的な現象や何か宗教的なものに関連付けられています。日本では、八咫鏡は国の神聖な鏡です。

なぜそれは神聖な物体と見なされるのですか?その重要性の背後にある物語は何ですか?これらは、この記事全体を通してすべての人に提供する回答です。結局のところ、それは国の国宝の一部であるオブジェクトではありません。

はい、 Yata no Kagami [八咫の鏡]は、と呼ばれる3つの神聖なオブジェクトの1つです。 三神木 日本の帝国宝物の一部である[三神器]。これが鏡であることを思い出して、私たちはまだ剣と勾玉の石を持っています。しかし、他の記事でこれらのオブジェクトについて話しましょう。手元にあるものについて簡単に説明します。

ブロンズ、シルバー、またはゴールドで作られたこれらの丸い鏡は、キリストの何年も前にさかのぼります。それらは中国やエジプトでも一般的でしたが、そのような物を珍しくて神秘的なものと見なしたのは日本人でした。

発表

矢田の鏡-8タの鏡

矢田の鏡は、文字通り「8タの鏡」。Taは直径の測定単位です。この名前は、画像に表示されている形状とサイズを表しています。  

Yata no kagami – o espelho sagrado do japão

この神聖な鏡は、すでに述べたように、日本の帝国レガリアの一部であり、日本の三重県の伊勢大神社にあると言われています。これは、検証を受けるための一般のアクセスがない場合でも述べられています。 。。

他の宝物と同様に、八咫鏡はある種の美徳を表しています。この場合、出典に応じて「知恵」または「誠実」。古代日本の鏡は、見せられたものを単に反映しているので、真実を表しています。

さらに、鏡は常に多くの神秘性と畏敬の念の源であると考えられてきました。日本の民間伝承は、鏡が一般的になる前のライフストーリーでいっぱいです。新東では、この鏡は神一子里ドームによって造られました。

Yata no kagami – o espelho sagrado do japão

やさかにのまがたま石と一緒に、やたの鏡が神様に木から吊るされていました。引き付けることを意図して アマテラス、太陽の神性、洞窟の神性。彼らは天照大神の孫、ニニギのミコトに引き渡されました。

発表

草薙刀と一緒に日本を鎮めた時に届けられました。そこから、宝物は皇室の手に渡りました。そして、私たちが知っているように、これらのオブジェクトは今日まで神聖で真っ白なままです。

八田の神と3つの神聖な宝物

鏡、マガタマの石、そして剣は、バチカンの宝物と同じくらい神聖です。そしてそれらのように、それらは通常一般大衆に自由に提示されません。

展示は非常に珍しく、矢田の鏡の場合は謎と言えます。結局のところ、真実を少し曖昧にする特定の事件があります。

Yata no kagami – o espelho sagrado do japão
画像の鏡は矢田の鏡の正体を表しています

1040年に、聖なる鏡が入っていた区画が火事で焼かれました。その鏡が取り返しのつかないほど失われたかどうかは謎です。これは、答えを知っている人はほとんどいないか、誰もいない質問です。

彼は今日、伊勢の大神社に収容されていると聞くのが一般的です。同時に、東京の皇居の三神社にレプリカが祀られています。それがどのように扱われるかを確認するために一見の価値があります。結局のところ、それは国宝です。

やたの鏡についてどう思いますか?

神聖な物体がどこにあるのかを推測しようとするのは複雑です。実際、多くの重要な情報がなければ、それを行うことはできません。多くの場合制限されており、アクセスが許可されている人はほとんどいません。つまり、非常に教養のある人物だけがそれを知ることができます。

発表

ただ一つ事実、これは日本が高く評価しているアイテムです。八咫鏡は、日本三大神聖なオブジェのひとつであり、大衆に愛され、国の文化の一部となっているからこそ、断言できます。

しかしとにかく、それは私たちがその所在を推測しようと試みることができないことを私たちが知らないからではありません。あなたがそうかもしれないと思うところのコメントにそれを残してください。