ひらがなをすべて学びましょう

シェアして秘密のプレゼントをゲットしよう!

シェアしてくれてありがとう!プレゼントはページの最後にあります。楽しんでね!


この記事では、日本語のほとんどの単語を書くために使用される主要な日本語のひらがなアルファベットを学ぶ方法を説明します。また、その歴史、起源、珍しさ、特徴についても見ていきます。 

日本語は、ひらがな、カタカナ、漢字の3つのアルファベットで構成されています。この記事ではひらがなのみに焦点を当てていますが、以下の他の記事も読むことをお勧めします。 

ひらがなって何ですか? 

ひらがなは日本語の 3 つの書記体系の 1 つで、日本語の音節を表す 46 文字で構成されます。ひらがな46文字は長母音の音節や助詞「や」「ゆ」「よ」を含む音節を含めて合計107音節で構成されています。

日本語で最もよく使われるひらがなは、日本語の文章を構成する基礎となる文法助詞と助動詞を構成するひらがなです。 

日本語を学習する過程で、ひらがなは通常、学生が最初に学ぶ文字体系の 1 つです。ひらがなは、日本語学習者向けの初級書や児童書、その他の教材でよく使用されます。日本の地名、食べ物、その他の物の名前を書くのにもよく使われます。 

ひらがなアルファベット

長母音、濁点、半濁点による修正を含む、ひらがなのアルファベット全体の画像とリストを以下に示します。

かな: ひらがなとカタカナの決定版ガイド – 日本語のアルファベット

完全なひらがな表

aiueo
あ (a)い (i)う (u)え (e)お (o)
Kか (ka)き (ki)く (ku)け (ke)こ (ko)
Sさ (sa)し (shi)す (su)せ (se)そ (so)
Tた (ta)ち (chi)つ (tsu)て (te)と (to)
Nな (na)に (ni)ぬ (nu)ね (ne)の (no)
Hは (ha)ひ (hi)ふ (fu)へ (he)ほ (ho)
Mま (ma)み (mi)む (mu)め (me)も (mo)
Yや (ya)ゆ (yu)よ (yo)
Rら (ra)り (ri)る (ru)れ (re)ろ (ro)
Wわ (wa)を (wo)
Nん (n)

濁点と半濁点の表:

aiueo
kが (ga)ぎ (gi)ぐ (gu)げ (ge)ご (go)
sざ (za)じ (ji)ず (zu)ぜ (ze)ぞ (zo)
tだ (da)ぢ (ji)づ (zu)で (de)ど (do)
hば (ba)び (bi)ぶ (bu)べ (be)ぼ (bo)
pぱ (pa)ぴ (pi)ぷ (pu)ぺ (pe)ぽ (po)

キャ、キョ、キョウなどの表:

aiueo
kきゃ (kya)きぃ (kyi)きゅ (kyu)きぇ (kye)きょ (kyo)
gぎゃ (gya)ぎぃ (gyi)ぎゅ (gyu)ぎぇ (gye)ぎょ (gyo)
sしゃ (sha)し (shi)しゅ (shu)しぇ (she)しょ (sho)
zじゃ (ja)じぃ (ji)じゅ (ju)じぇ (je)じょ (jo)
tちゃ (cha)ちぃ (chi)ちゅ (chu)ちぇ (che)ちょ (cho)
dぢゃ (ja)ぢぃ (ji)ぢゅ (ju)ぢぇ (je)ぢょ (jo)
nにゃ (nya)にぃ (nyi)にゅ (nyu)にぇ (nye)にょ (nyo)
hひゃ (hya)ひぃ (hyi)ひゅ (hyu)ひぇ (hye)ひょ (hyo)
bびゃ (bya)びぃ (byi)びゅ (byu)びぇ (bye)びょ (byo)
pぴゃ (pya)ぴぃ (pyi)ぴゅ (pyu)ぴぇ (pye)ぴょ (pyo)

こちらもお読みください: ひらがなとカタカナは使用禁止になりましたゐゑ𛀁ヰヱ

ひらがなの歴史 

 ひらがなは、西暦 9 世紀頃に日本で生まれた音節文字体系です。

ひらがなが登場する以前、日本語の表記は日本語に適合した漢字である漢字のみで行われていました。しかし、漢字は日本語の音節を表していないため、一般の人が文章を書いたり読んだりするのは困難でした。 

そのとき、ひらがなが日本の宮廷の女性たちによって開発され、日本語の音節を表すために漢字を使い始めました。当初、ひらがなは主に貴族の女性によって使用されていたため、「女手」または「女性の文字」と呼ばれていました。

時間が経つにつれて、ひらがなの使用が広がり、広く使用される書記体系になりました。さらに、漢字から派生したものを含む新しい文字で拡張され、日本語の文章の基本的な部分になりました。

今日、ひらがなは日本の子供たちが学校で学ぶ最初の書記体系の 1 つであり、日本語の文章、特に個人的な手紙、日記、テキスト メッセージなどの非公式な文章で広く使用されています。

日本語;アルファベットカードを使って新しい単語を学びます。書き込み

この記事はまだ途中ですが、こちらもお読みください:

ひらがなはいつ使われますか?

ひらがなは主に日本起源の単語を書くために、また文法のために使用されます。日本語の単語の多くは漢字で書かれているため、これらの単語を書きやすくするためにひらがなを使用するのが一般的です。 

ひらがなは主に、漢字で表記できない文法助詞、助動詞、その他の文法機能語を表記するために使用されます。 

日本語のあらゆる単語はひらがなで書くことができますが、日本語には同じ発音の単語がたくさんあるため、ひらがなだけを使用するとテキスト全体がまったく意味がなくなってしまうため、ひらがなだけを使用することはお勧めできません。 

日本語を勉強していると、どの単語がひらがなで書くのが一般的で、どの単語がおかしいのかがわかります。すべては文脈や形式によっても変わる可能性があります。 

単語がひらがなで書けるかどうかはどうやってわかりますか? 

単語が一般的にひらがなで書かれているかどうかを知る最善の方法は、日本語の単語と文法に慣れることです。ひらがなをいつ使用するかを判断するのに役立つ一般的なヒントをいくつか紹介します。

  1. 対応する漢字がない日本語の単語は、通常、ひらがなで書かれます。
  2. 「は」(ワ)、「が」(ガ)、「を」(オ)などの文法助詞は常にひらがなで書かれます。
  3. 「ます」「て」「た」などの助動詞とその活用をひらがなで表記しています。
  4. 国名、都市名、外国の食べ物や飲み物など、カタカナで書かれることが多い言葉は、ひらがなで書かれることはあまりありません。
  5. 「食べる」(食べる)など、通常は漢字で書かれますが、正しい読み方を提供するためにひらがなが追加されている一部の日本語の単語には、「食べる」という漢字と正しい発音を提供するための平仮名「べ」が含まれています。

ひらがなを学ぶにはどうすればいいですか?

記事の冒頭では、ひらがなとカタカナを学ぶ方法のヒントを共有する非常に優れた記事をお勧めします。ひらがなの理解に役立つ以下のビデオ レッスンもあります。 

YouTube video

より多くの記事を読む

読んでくれてありがとう!ただし、以下の他の記事もご覧いただければ幸いです。

最も人気のある記事を読む:

このアニメを知っていますか?

お読みいただき、シェアしていただきありがとうございます!あなたのプレゼントを受け取ってください: