花郷– 鼻で話す日本語

によって書かれた

リカルド・クルーズ・ニホンゴプレミアムの日本語コースへの登録を開始します!登録をクリックしてください!

お店で鼻声で日本人が話しているのに気づきましたか?今日は奇妙なことについて話します 花郷, que refere-se a voz nasal, uma técnica usada por alguns empregados em lojas de conveniência e outros comércios japoneses.

花郷 [鼻声] também já chamado de bisei そしてまた ビオン [鼻音] refere-se a nasalidade exagerada na fala, que costuma ser comum em algumas palavras e dialetos, mas que também costuma ser vista em comércios o que assusta alguns estrangeiros.

一部の営業担当者、特に コンビニ 日本のスーパーマーケットといつものように常に顧客を迎えます 'イラシャイマーゼこれは歓迎を意味し、あなたのターンを通して他のフレーズ標準を使用します...

Hanagoe - japoneses falando com nariz

問題ありませんが、これらは 挨拶 特に鼻は非常に表面的でロボット的であり、呼び出しは、長く上昇するイントネーションで、鼻から1音または2音の実際の言葉から離れて様式化されました。

一部の従業員は、鼻の声を使用するように教えられ、奨励されています。 はなごえ para proteger suas cordas vocais e criar uma “atmosfera animada”. A primeira impressão é importante, então os atendentes se esforçam na primeira palavra.

群衆の中で大きな声を出そうとすると、喉が痛くなり、彼の声が止まります。ハムやノーズの使用は、喉の摩耗を防ぎ、より大きな声でアクセスできるようにするテクニックですが、私はこのテクニックを個人的に知りません。

Hanagoe - japoneses falando com nariz

口と喉を閉じて、胃にあまり圧力をかけずに少し発音すれば、その独特の声が聞こえると言われています。しかし、それは不快な機械的な声であってはならず、一部の日本人は美しい声を出します。

アテンダントはまた、喉の世話をし、水分を補給し、地元のアクセントを利用し、常に顧客に微笑んで、 正式な言語 状況に応じてイントネーションを変えて丁寧に。

知っていましたか?店内で日本人の鼻声に気づきましたか?記事が気に入ったら、共有してコメントを残してください。