南蛮まつり– 単一のフェスティバル

によって書かれた

リカルド・クルーズ・ニホンゴプレミアムの日本語コースへの登録を開始します!登録をクリックしてください!

1970年、日本は、昇る太陽の国の最大の歴史的屈辱の後、世界との再会がどうなるかを理解しました。第二次世界大戦中のアメリカ人の前の降伏。大阪ユニバーサルフェアへの9600万人の訪問者のうち、9300万人は日本人でした。これは、平和への誠実な抱擁の表現において、このイベントが日本の精神のリハビリのために持っていた重要性をよく表しています。

ポルトガルはゲスト国として、南蛮まつりと呼ばれる壮大な次元のショーを行う上で重要な役割を果たしました。両国の芸術家が参加したこの文化的ジェスチャーは、人々の出会いと、自由の理想の庇護の下での文化的多様性の寛容と尊重という共通の理想への彼らの降伏を祝いました。

アグエダ・セナの監督とカルロス・アビレスのプロデュースにより、大阪70での傑出した芸術的表現と見なされるでしょう。現在、同じことに関する記録はほとんどなく、現代の南蛮まつりを作るのは困難です。

A ideia partiu de um destacado artista da cultura portuguesa. O Professor Doutor Arquitecto António Laginha que em articulação com a Fundação Passos Canavaro (https://www.fundacaopassoscanavarro.pt) e o movimento ASAO-XXI (https://asao-21.blogspot.pt) se encontram atualmente a recolher informação para que se possa produzir um projeto que celebre o encontro entre o Ocidente e o Oriente assinalado pela chegada dos portugueses ao Japão (Cipango como era conhecido na época) em 1543.

困難な使命を考えると、このテキストは、ブラジルに住む日本人のコミュニティにとって特に重要であり、1970年に開催された南蛮マトゥリの記録を持っている可能性がある日本文化に興味のあるすべての人にアピールします。ブラジルが際立つルシタニア文化の投影だけでなく、日本の文化の投影にも役立ちます。

Caso possam ter informação de relevo com vista à realização deste objetivo por favor contactem-nos através do endereço https://asao-21.blogspot.pt。心からの感謝を申し上げます。 アーチ・マリオ・カルドソ