なぜ日本人は残業するのが好きなのですか?

によって書かれた

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

日本は人々が働きすぎる国として知られており、1日12時間から15時間も働く国もあります。もちろん、これはそれほど大きな数字ではありません。人々の注意を引くために、橋にはかなりのプラスが見えます。しかし、日本の仕事量は他の国と同じで、1日8時間から9時間です。では、なぜ日本の固定従業員の5人に1人が通常残業しているのでしょうか。日本人の22%が週に50時間以上働くのは何ですか?

このように見ると、人口の22%は「日本人は一生懸命頑張っている」と言う人にとっては驚くべき数ではありませんが、非常に多い数です。週に10時間以上の残業をしている日本人は2700万人います。日本では月に45時間の残業しか許されていませんが、約100万人がそれ以上のことを可能にする用語に署名しています。なぜそれが起こるのですか?

Adicional de 25%

Os japoneses recebem por hora, após as 8 horas de trabalho a hora adicional trabalhada recebe um acréscimo de 25%. Esse é o principal motivo da maioria das pessoas fazerem horas extras. Alguns exageram e ficam até mesmo sem suas ferias para trabalhar e ganhar mais. Se uma pessoa trabalha em dias que não está contratado para trabalhar como folga ou feriado, recebe cerca de 35% a mais que nos outros dias. Se a pessoa trabalha à noite (22+) ela recebe cerca de 25%.

残業を許さない仕事では、収入を増やすために別のパートタイムの仕事を手配する人もいます。欲は日本の仕事においても重要な要素を示しました。なぜなら、その人の給料が彼女に適していない場合があり、彼女はもっと働く必要があるからです。病院のような場所に立ち寄らずに24時間働く人もいれば、貧しい人々を助けるために働くこともあります。

Por que os japoneses gostam de fazer hora extra?

文化的問題

第二次世界大戦後、日本はいくつかの経済問題を経験しました。政府の刺激により、人々は日本が再び上昇し、経済大国になったという独特の方法で働きました。これらのイベントは、人々が最も重要なこととして働くことに専念するための伝統と文化的インセンティブを残すことになりました。

もう一つのことは、日本人が彼らがすることのほとんどに責任があるということです。責任と規律は、武士の時代から何千年もの間日本人に伴うものです。侍を取り上げることができるもう1つの例は、次のようなことへの彼の献身です。 ブシド と彼のマスター。

無給で残業

何時間も不必要に働いてしまう人もいます。残業を必要とするほとんどの仕事は工場にあり、多くのオフィスでは、25%の追加や時間の価値さえも受け取らなくても、本来よりも一生懸命働きたいと思う人がいます。なぜこれをするのですか?ちょうど同じように、他の人はサービスを減らすかすぐに完了するために行うか、上司を喜ばせることを意図しています。何時間か後に家から仕事をすることさえある人もいます。

Por que os japoneses gostam de fazer hora extra?

Eu não vejo problemas em trabalhar 2 horas a mais por dia para ganhar cerca de 3000 ienes (80R$). Só que existem aqueles que passam do limite trabalhando cerca de 12 a 15 horas todos os dias, e ainda depois do trabalho sai para beber e vive nesse círculo infinito sem alegria. Esse é um dos grandes motivos do Japão estar com a 誕生の危機 と持っている 高い自殺率.

好奇心と事実

  • 約2700万人の日本人が週に10時間以上の残業をしています。
  • 法律では、1週間あたり15時間の残業のみが許可されており、これは1日あたりの平均3時間から除算されます。
  • 18歳未満の未成年者は残業することはできません。
  • 年間16の労働者用フェンスがあります。
  • ほとんどの外国人は、正確さや義務から残業します。

調査によると、ブラジルのほぼ半数の人々が1日10時間働いています。つまり、日本人が働きすぎると想像する前に、事実を分析します。少なくとも日本人は残業をします。最後に、問題を解決できる他の記事をいくつか紹介します。読んで、共有して、コメントしてくれてありがとう。