日本の学校はどのように機能し、どのように入学しますか?

によって書かれた

ゴールデンウィークウィークが始まりました!無料の日本語クラスがいっぱいのイベント!ここをクリックして今すぐご覧ください!

ブラジルと同じように、日本の初等教育は完全に義務付けられています。6歳の子供は、4月1日以前に学校に入学する必要があります。学年は4月に始まり、3月に終わります。

日本人の場合、6歳の小学校と中学校の3年間の通学が義務付けられています。身体的および精神的障害のある子供のための特別な学校も利用できます。外国人のための学校もあります。

小学校には、日本人と外国人のための無料の公立学校があり、小額の付随費用がかかります。小学校は巨人光と中学光で構成されています。高校以上(15〜17歳)は必須ではありませんが、94%の学生は必須です。公立学校を含む学校は有料です。

学校の科目/科目

しょうがっこう -科学、デザインと建具、道徳教育、一般研究、数学、音楽、家事と体育、日常生活、社会科、その他の追加活動。

ちゅうがっこう -科学、美術教育、体育と健康、道徳教育、一般研究、社会科、外国語、木工、数学、音楽、家事、日本語およびその他の追加活動。

日本の学校はどのように機能し、どのように入学しますか? -女子高生女子高生

登録について

登録は3月/ 4月に行われます。

入学するには、保護者または保護者が市教育局に出席し、進撃!巨人と進撃!巨人の両方で子供たちの入学を申請する必要があります。

以前は、もちろん、子供が通う学校を選択する必要があり、そのプロセスを教育省に送信します。

その後、保護者または保護者は学校に行ってから入学する必要があります。もちろん、生徒は自分の年齢に対応する学年にのみ学校に通うことができます。

ですから、保護者や保護者が子供と比較して、学校生活について教師と話をする必要があります。

学校では、保護者と教師で構成されるPTAと呼ばれる一種の組織を見つけることができます。この組織では、セキュリティなど、公益と改善のいくつかの事柄が組織化されています。これには、もちろん、自宅から学校へ、またはその逆の旅のガイダンスが含まれます。双方の協力を得て、積極的に。

うんどう会

教育文化スポーツ科学技術省のホームページには、入学に関する情報ガイドがあります。ポルトガル語版を読むには、ここをクリックしてください。

日本の学校に関連する他の記事:

あなたがより多くの情報を見つけることができるサイト:

代替案 Alternative.co.jp/Matricula-em-escolas-japonesas

DocPlayer docplayer.com.brprocedures-for-enrollment-in-Japanese-school

SURIEMU-ブログ blog.suri-emu.co.jp/?p=448

Compartilhe com seus Amigos!