“しかし” 日本語で

今日は、日本語で「でも」と言うさまざまな言い方を学びます。不変化詞が(が)、けど(けど)、デモ(でも)などを使って「でも」と言うことができます。しかし、私はいつもどちらを使うべきか疑問に思いました。彼らはこの記事でいくつかの例と説明で答えられます。

デモ(でも)

これは最もよく知られていて最もよく使われる形式の1つで、通常は文の最初に使用されますが、けどどなどのように文の最後や途中に表示されることはありません。デモはより口語的なトーンに使用されます。文の最初の「しかし」のより正式な言い方はShikashi(しかし)です。

Exemplos: 

Anúncio
  • 友達の家に行くつもりでした。 でも、彼女は病気です。
  • ともだちの家にいくつもりでした。デモ、カノジョワビョキデス;
  • 友達の家に行きました。しかし、彼女は病気です。

  • 今日、学校に行きません。でも明日行きます
  • キョウ、ガッコウニイキマセン。あしたいきますデモ;
  • 今日は学校に行きませんが、明日は学校に行きます。

  • 私はあなたがすき。でも、君はバカです
  • Watashi wa anata a suki。 demo, kimi wa baka desu;
  • わたしは、あなたを愛しています。しかし、あなたはばかです。

  • でも、あなたにあげるりんごはありません;
  • デモ、アナタにアゲルリンゴはアリマセン
  • しかし、私はあなたに与えるリンゴを持っていません。
Anúncio

ケドまたはケレドモ(けどまたはけれども)

Kedoは次のことを意味します。 それにもかかわらず、それにもかかわらず 結局。でもoけどとは異なり、句の間に複合文を作成し、反対の文を作成します。次のような形式があります。

  • ケレドモ(けれども)= かなりフォーマル
  • ケレド(けれど) #ヌル!
  • けど(けど)  #ヌル!

使用例: 

Anúncio
  • 頼まれた仕事は終わりましたけど、部品が一個足りなかった。
  • たのまれたしごとはおわりますたけど、ぶひんがいちこたりなかった。
  • 私は彼らが私に求めた仕事を終えましたが、1つが欠けていました。

  • 彼はあまり勉強しないけれども、成績がいい
  • かれはあまりべんきょうしないけれど、せいせき外い
  • 彼はあまり勉強しませんが、良い成績を収めています。

文が次のような名詞や形容詞で終わる場合 NA, 動詞「tobe」を単純な形(da-だ)でけどの前に置き、それをだけどに変換する必要があります。Exemplos: 

  • ケビンは先生だけれども、教えるのが嫌いです。
  • Kebin wa sensei da keredomo, oshieru no ga kirai desu;
  • ケビンは教師ですが、教えるのは好きではありません。
Anúncio

  • 友達はたくさんいるんだけど、 なんか寂しい。
  • ともだちはたくさんイルンダケド、なんかさびしい。
  • 私にはたくさんの友達がいますが、寂しいです。

シカシ(しかし)

シカシは「mas「または」しかしながら「しかし、それはよりフォーマルで、でもよりも強い影響力を持っています。 Shikashiは、公式または書面によるスピーチで最も一般的に使用されます。しかしはけれどもと同じ意味ですが、文頭で使用されます。いくつか見てみましょう exemplos:

  • しかし今や事態は大きく変わった;
  • シカシイマヤジタイワオキクカワッタ;
  • しかし今、状況は大きく変わりました。

  • しかし、私はあなたが大好きですよ;
  • Shikashi, watashi wa anata ga daisukidesu yo;
  • しかし、私はあなたが本当に好きです。

GA助詞(が)

「が」の後に粒子ga(が)を見つけたときdesu彼女は2つの文をリンクしています。 P「しかし」、「そして」または「しかし」と翻訳することができます。とは異なり けど o それは反対を少し柔らかく、目立たなくし、少しためらいを加えます。 

が後は、文を終わらせなくても使えます。1つのようですが...一種の優柔不断です。けどの代わりにがを使いすぎると、何について話しているのかが少し決まっていないことを示します。

動詞の後の助詞が必ずしも「」を意味するわけではないことを覚えておいてください。mas」または反対。 

  • 明日は雨だ、ピクニックに行く;
  • 芦田はあめがが、ピクニックにいく。
  • 明日は雨が降りますが、ピクニックに行きます
Anúncio

  • 学ぶつもりです
  • ツモリデスガマナブ
  • 私は学ぶつもりですが..;

要約すると、でもとしかしは文の冒頭で使用されており、より非公式で口語的であると結論付けることができます。反対を作成するために文の終わりにけど家とが使用されますが、がはより穏やかであまり明白ではない反対です。

このテーマはそれほど複雑ではなく、時間の経過とともに使用方法を学びますが、どの条件を使用するかを知る最良の方法は、すべての言語を理解し、これらの単語を話すときの日本人の気持ちを理解することです。