つちのこ– 太った蛇のように見える洋海

によって書かれた

ゴールデンウィークウィークが始まりました!無料の日本語クラスがいっぱいのイベント!ここをクリックして今すぐご覧ください!

日本の神話で最も人気のあるものの1つはyoukaiです。私たちと一緒に地球に生息する有名な精霊や生き物。それらは何千もあります、そしてこの記事では私達はについて話します つちのこ [槌の子].

日本の民間伝承では、月子は蛇のような存在です。その名前は文字通り「ハンマーの息子」または「汚れた息子」と翻訳することができます。この名前「つちのこ」は、関西や四国など西日本で流行しています。

Tsuchinoko - yokai que parece uma serpente gorda

日本の北東部では、その名前はもはやあまり当てはまりません。この地域では、この生き物はとして知られています ばちへび。命名法は異なるかもしれませんが、生き物は同じです。それでは、名前について話すのをやめて、生き物自体について話し始めましょう。

好奇心:ポケモンダンスパースは、この日本の洋海に触発されました。 

つちのこはいかがですか?

つちのこは30〜80センチの長さで、蛇によく似ていると言われています。ただし、中央の円周は頭や尾よりもはるかに広くなっています。はい、何か大きなものを食べて腫れたときのこの外観をヘビと比較することができます。

Tsuchinoko - yokai que parece uma serpente gorda

また、ツチノコは毒蛇と同様の獲物と毒を持っています。ツチノコは1メートルまでジャンプできるとの報告もあります。そしてそれはそこで止まらず、それがまだ空中にある間にそれはまだ別の飛躍をとる能力を持っています。

伝説によると、一部の月子は話す能力と嘘をつく傾向があります。彼らはまた、アルコールの好みがあります。伝説によれば、月子は自分の尻尾を飲み込んで、なんとか車輪のように回転することがあります。

風変わりで、わずか数センチの長さの生き物に組み立てられたもの。

について聞いたことがありますか キツネス または カッパ?

つちのこを見たことがありますか?

これは前向きに答えるのが非常に難しい質問です。結局のところ、これは日本の民俗学の生き物である洋海です。しかし、腫れたヘビをこの生き物の食べ物と間違えるのは非常に簡単です。おそらくそこに、これらの存在についての噂が見られます。

Tsuchinoko - yokai que parece uma serpente gorda

しかし、真剣に、私たちは日本の民間伝承に多くの興味深い生き物を持っています。そして、それらについてもっと学ぶことは常に良いことです、あなたはそれについて決して飽きることはありません。そして、前にも言ったように、このサイトには他の妖怪について話している他の記事があります。

他の記事をチェックして、質問、提案、または何かがあれば、コメントを残してください。ソーシャルネットワークで記事を共有してください。とても役に立ちます。また、記事を読んでいただきありがとうございます。またお会いしましょう。