シャミセン– 日本の3弦楽器

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

三味線は日本の楽器で、首が細くて長いことを除けば、バンジョーに似た形をしています。 (名前のように)3本の弦しかなく、音符はマイナーな3分の1と6分の1で、憂鬱に関連した独特の音を出します。広い葦で遊んでいます。その体は犬や猫、さらにはもっと古代のヘビの毛皮で覆われた木でできています。今日、それは一種のプラスチック布で覆うことができます。輸送の場合、分解することができます。

中国の楽器に由来するシャミセンは、17世紀までに南の島々のリュクを経由して沖縄にやって来ました。当初は、ストリートシンガーやストリートシンガーに見られることから、下層階級の楽器と見なされていました。 芸者.

時が経つにつれ、楽器の新しい形が開発され、体の厚さが変化し、わずかに観察できるメロディーの違いが生まれました。この楽器は通常、芸者や、背景の主な楽器となった歌舞伎(演劇・舞踊の家)や文楽(人形劇)で見られました。

発表

日本文化のシャミセン

江戸時代に歌舞伎の人気が高まるにつれ、三味線も人気を博し、全国に広まりました。それ以来、三味線はもはや下層階級の楽器とは見なされなくなりました。 18世紀の終わりに、三味線は古典的なコンサート楽器と見なされました。それ以来、三味線の使用スタイルごとに分類が作成されています。

使用技術を習得するには何年もかかりますが、今日まで日本文化で使用されています。日本の絵画でも、古代に芸者やで描かれているシャミセンを見ることができます。 かぶき と文楽。

以下は楽器のサンプルです。 いただきます!

の注目の写真 森永元樹.

発表