掛川城と掛川かちょえんバードパーク

2018年の日本旅行で、静岡県にある思いがけない街、掛川を訪れました。その間、私は友人のロベルト・ペドラサと一緒に過ごしました。

その間、掛川で浜松のような近くの都市を訪れ、いくつかの温泉を訪れ、特に掛川の街の2つの有名な観光地、その城とカチョエンを訪れました。

また、温泉や小さなイベントなど、他の場所にも足を運びました。間違いなく「文化の日」でした。このイベントは駅の近くで行われました。

掛川市について

掛川は浜松などの都市にとても近いので、 掛川かちょうえん 浜松の一部としても表示されます。街はまた Shinkansen、それからそれは簡単にアクセスできます。

掛川市は人口約8万人で静岡県にあります。城内の花見と加茂花見園のおかげで、特に春には全国から観光客が訪れます。

掛川城と掛川かちょえんバードパーク

都市は互いによくつながっています。通りを渡って菊川や小笠に到着。掛川とその周辺の都市には、次のような観光スポットがあります。

  • 粟ヶ竹山 ハイキング;
  • 倉見温泉;
  • 帯山&ナイキ
  • 日坂宿
  • 日坂から金谷への東海道トレイル。
  • Takenomaru;
  • 大東温泉;
  • エンシュナダビーチ;
  • 小笠山山から小笠池池までの道。
  • かつての商家;
  • 清水ハウスガーデン;
  • 横須賀城;
  • 加茂花生部園;
  • かちょえん公園;
  • Tsumagoi;

倉見温泉では、ハイキングでの彫像を訪ねることができます。 hyakukannon エキサイティングなマウントトレイルに沿って。森の中に遺跡を見つけることができる街の小道もあります。

かけがわかちょうえん-かけがわバードパーク

掛川かちょうえんでのシーンや写真を紹介する特別な動画を作りました。下のビデオをご覧になり、その場所について少しお話しします。

O 掛川かちょうえん 【掛川花鳥園】は、この地域で人気の鳥と花の公園です。その中には、巨大な温室、展示会、湖、スイミングプール、エマスの囲い、ショー、プレゼンテーション、レストランがあります。

どこも花に囲まれていることから、花と鳥を組み合わせた「かちょう」と名付けられました。場所は午前9時にオープンし、少し高額と見なすことができる入場料があります。時々無料の展示会があります。

掛川城と掛川かちょえんバードパーク

掛川かちょうえんのほとんどの鳥は檻に入れられておらず、閉じ込められた動物に不快感を与えることなく直接対話することができます。

低高度であなたの近くを飛んで、ショックを与え、感情で満たすバードショーがあります。ジャイアントフクロウやハリスホークなどの鳥がこのショーに参加しています。

掛川城

掛川城は数少ない城のひとつです 日本の城 どこ Goten (大名の屋敷)はそのままです。言うまでもなく、天守閣は完全に伝統的な方法で作られています。

掛川城と掛川かちょえんバードパーク

掛川城は1487年に建てられ、東海の有名なスポットです。明治時代(1868-1912)、城は廃墟法により取り壊され、1994年に独自の方法で再建されました。

この地域には、美しい広場と図書館もあります。訪問中、写真を撮らせてくれた侍に会いました。徳川家康や豊臣秀吉の名前もあるので人気の場所です。

掛川城と掛川かちょえんバードパーク

城は朝比奈康弘、後に山内和人ヨによって建てられ、運営されました。城は掛川地方を統治したいくつかの氏族と大明を通過し、太田氏族の世代で終わった。

この短い記事を楽しんでいただけたでしょうか。あなたがそれを好きなら、あなたのコメントを共有して残してください。

この記事を共有する:


コメントする