柿郡– かき氷– 日本のスクラッチカード

かき氷-かき氷-日本のスクラッチカード

「かき氷」は、夏のビーチ、お祭り、イベント、カフェで大人気のかき氷デザートです。日本の家族がアイスピックをして自家製かき氷を作ることも一般的です。

ほとんどの柿郡は、着色された砂糖シロップと凝縮乳で甘くされています。まれに、次のような伝統的な食材で味付けされています kinako (大豆粉全体を焙煎して挽いたもの)または anko (小豆から作られた甘いペースト、または小豆)。過去50年間あまり変わっていない、懐かしい味わいのデザートです。味は無限大で、フルーツシロップ、スイーツ、さらには無色もあります。

かき氷-かき氷-日本のスクラッチカード柿郡の起源

平安時代でも11世紀頃には Kakigori。その時、氷は金属製のボウルの中でナイフでこすり取られ、シロップと様々なフレーバーのシロップで消費されました。現時点では、 Kakigori 山の氷で作られたので、贅沢なデザートと考えられていました。

明治時代、19世紀頃、 kakigori 氷の一部が米国から輸入されたため、それはまだ高い価格で、より一般にアクセスしやすくなりました。食品起業家の中川かへが北海道から横浜に氷を持ち込むまで。

1872年に、彼はの最初の店をオープンしました kakigori の領域で Bashamichi 神奈川で。氷破砕機は1930年頃に発明されました。この発明のおかげで Kakigori 日本で最も人気のあるデザートの1つになりました。

Kakigoori_machine_by_king_nikochan_in_nara

カキゴリに関するいくつかのビデオを参照してください:

マシン-かき氷ハンバイキの動作

ハローキティ柿郡機を使った2人の子供たちの可愛いビデオ

この記事を共有する:


「Kakigori – かき氷 – Raspadinha Japonesa」への1件のフィードバック

コメントする