おにぎり – 日本のお餅

[ADS]広告

おにぎりをどこかで知っている、または見たことがある人も多いのではないでしょうか。おにぎり (お握り) は日本のおにぎりで、通常は海苔 (海苔) で包まれています。通常は三角形ですが、名前が手作りの団子を意味するため、おにぎりは円形またはその他の形で作られるのが一般的です.

おにぎりにはさまざまな具材がありますが、伝統的には、フライド サーモン、梅干し、鰹節、またはその他の種類のおいしいまたは酸味のある材料が詰められています。 (甘いおにぎりを見て驚かないでください)

おにぎりは、多くの場合、白米、味付け米、チャーハン、おせきはん (小豆を入れたご飯)、またはごはん炊き込み (野菜、魚、または肉を入れたご飯) から作られます。寿司飯を使わないでください。そうしないと、寿司とは言えません。

おにぎりにはいくつかのルールがあります。詰め物や海苔の周りにいることは義務ではありません。寿司屋でもおにぎりを販売していますが、その言葉を聞いて私たちが想像するものとは大きく異なります。

また、以下を読むことをお勧めします。

おにぎり-日本のおにぎり-お握り

サムライボール

おにぎりの起源はかなり遠い。おにぎりは 15 世紀に登場し、武士がおにぎりを竹に挟み、戦いの際の食事として使用したと考えられています。

奈良時代に箸(はし)が普及する前は、ご飯は食べやすいように小さく丸めて食べることが多かった。平安時代には、お皿に盛り付けて食べやすいように長方形にもなりました。

もう一つの情報は、「おにぎり」は、鬼を意味する「鬼」と刺すことを意味する「きり」の 2 つの単語の接合部を示すことができるということです。名前の由来は、鬼太郎という男の物語を伝える日本の人気のある物語です。鬼が空腹を満たすためにおにぎりを作ったほどの大柄な男だった。

おにぎり-日本のおにぎり-お握り

おにぎりと詰め物の種類

今日、おにぎりは戦場からコンビニエンスストアに移った。サンドイッチが西洋にあるのと同じくらい日本で一般的です.おにぎりは、日本全国のコンビニエンスストア、レストラン、スーパーなどで販売されています。

おにぎりは、肉、果物、魚、野菜、チーズ、さらにはチョコレートなど、さまざまなフレーバーで作ることができます.おにぎりの最も人気のあるフレーバーには、ライス プディング、玄米、赤米があります。

人々はしばしば家でそれをします。その多様性は想像力によってのみ制限されます。日本で最も人気のあるおにぎりの種類と具材を見てみましょう.

  • Salmão またはマヨネーズを添えたサーモン
  • ツナマヨ (ツナとマヨネーズ)
  • Ikura (イクラと塩)
  • Frango、フライドチキンまたはマヨネーズチキン
  • Tarako (塩漬けタラ卵)
  • Mentaiko (タラの卵またはポロックをペッパーソースでマリネしたもの)
  • Umeboshi (梅干し)
  • Konbu (海苔)
  • ライスのみ (salgado)
  • Nikumaki (豚肉または牛肉)
  • Omelete
  • Katsuo (かなり乾燥)
  • Tempura
  • Furikake
  • 瀧こみごはん (野菜、魚、肉のご飯)
  • Unagi (enguia)
  • Tsukudani (海鮮・肉・海苔の醤油味醂煮)
  • Shiokara (塩漬けおよび発酵肉およびシーフードのカテゴリー)
おにぎり-日本のおにぎり-お握り

焼きおにぎり

おにぎりの形はいろいろありますが、一番人気は三角形です。おにぎりは、四角、丸、楕円、動物の形まで作ることができます。

もう 1 つの方法は、焼きおにぎりです。これは、バター ソースと醤油を使って、きつね色でカリカリになるまで火で焼き上げます。

おにぎり-日本のおにぎり-お握り

おにぎりに関するビデオ

最後に、おいしいおにぎりについてもう少し詳しく説明する以下のビデオをご覧ください。下のビデオは、さまざまな種類のコンビニおにぎりとその価格を示しています.

下のビデオは伝統的な鬼切を示しています

可能であれば、私たちの記事を読んでいただきありがとうございます。コメントを残し、ソーシャルメディアで共有してフォローしてください。

この記事を共有する: