いろはうたいろは歌– 繰り返しのない詩

いろはうた  (いろは歌)は、平安時代初期(794-1185)に仏教の僧侶であり有名な詩人である空海(空海)によって書かれた詩です。この詩の興味深い点は、「かな」や音素が繰り返されることはなく、それでも美しい意味を持っていることです。この記事では、この詩を調べます。

Kana

漢字 

いろはにほへと
ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやま
けふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす 京(ん)

Anúncio

色は匂へど
散りぬるを
わが世 誰ぞ
常ならむ
宇井(有為)の奥山
今日越えて
浅き夢見し
酔いもせず 京(ん)

濁点はありません- 濁点と半濁点と半濁点この詩は古代の言語と文章を使用しているため、いくつかの日本語のルールは異なります。

Anúncio
  • 目えどは
  • むを書くならん
  • きょうのつづりけふ
  • 重いと綴られている場合は幸い
  • 今日使われていないかながあります:ゐ、ゑ

詩を学ぶいろはうた

Original 「色は匂へど散りぬるを」
(いろはにおえど ちりぬるを)
現代日本人 この世にあるおもしろおかしいことは、美しく咲き、匂う花のようなものだ。なぜならそれは、いつしか散ってしまう(終わってしまうものなのだから)。
Significado 花の色はとても美しく、香りがよい-人の美しさやこの世界の面白いもののように。

今日輝く花はいつか落ちる

ここの色(いろ)は花の色ですが、男女の情事やこの世の多くの出来事の意味も持っています。花のように、生命の美しさはいつか消えていくでしょう。

Anúncio

Original 「わが世 誰ぞ常ならむ」

(わがよ だれぞ つねならん)

現代日本人 私の人生もそれと同じだ。誰が、ずっと同じように変わらずあるものだと言えようか。いや、誰も言えない。いつかは終わってしまうのだ。
Significado 私の人生はそのようなものです。私の人生は変わらずに永遠に続くと誰が言うことができますか?いいえ、誰もできません。いつかは終わります。

永遠に存在するものはありません

Anúncio

わが世は「自分の世界を支配する」という意味だという人もいます


Original 「宇井(有為)の奥山今日越えて」

(ういのおくやま きょうこえて)

現代日本人 宇井という名の山奥を今日越えて
Significado 今日はuiと呼ばれる山を越えます。 (京都) 

今日、あなたは生命の山の奥深くを渡ります

作者は元戦士侍でしたが、仏教僧になることに人生を捧げることにしました。著者は彼の過去の人生を捨てて、山を越えました。

有為(うい)は、私たちの日常生活の真の奴隷になるのをやめるために「真の現実に目覚める」という意味の言葉でもあります。仏教では、それはどういう意味ですか:悟りを達成すること。

今日(キョウ)も京都で韻を踏む。

Anúncio

Original 「浅き夢見し酔いもせず 京」

(あさきゆめみし よいもせず きょう)

現代日本人 有為の奥山を越えて見たが(人生の色々な経験をしてきたが)それは、浅い夢のようなものであり、酔っ払っていたようなものでもある。今は、その夢に酔うようなこともなく、煩悩の火が消えたように、やすらぎや、悟りの境地を感じ、一切のものごとへのこだわりや、とらわれの心がなくなった状態で、京の都を旅立ち、寺の門へと向かう道である。
Significado 無駄な夢は私を養ったり、酔わせたりしません。

これは、彼の人生がもはや彼に影響を与えないことを意味し、彼は過去のために夢を見たり酔ったりすることはありません。現在、作者は寺院の門に向かって京都に向かう途中です。著者は、彼の世俗的な欲求が明らかにされたことを表現しようとし、彼は悟りの状態で平和を感じています。

Anúncio

私たちの生活の中で貪欲な欲望や感情のすべてを心配するのをやめるのは本当に難しいです。でも、この詩や歌を書いたとき、作者はすべてを考えていたと思います。

いろはうたはとても短い詩ですが、たくさんのアイデアが込められています。この詩には多くの暗示がありますが、日本語は本当に素晴らしい言語です。シンプルさと複雑さに気づきました。現代の日本語版は単純な言語であり、古代の日本語は非常に多いですが、ほんの少しの電話で、詩は多くのことを表現しました。

Anúncio

この詩をポルトガル語に翻訳して正当な意味を与えることは容易ではありませんでした。日本人を知っているだけで、作者がいろはうたに伝えたかった気持ちをより理解できるでしょう。

出典:thejapanesepage