彼に会うために日本に住む必要がありますか?

時々、「日本に住んでいますか」という間接的なコメントに出くわします。まるで、日本について書くためには日本に住むことが義務であるかのように。そこで、まさに次のようなテーマで書こうと思いました。 彼に会うために日本に住む必要がありますか?

すでに記事を書いていますが、具体的には、特定の国を知るための手順について説明しています。 ここをクリックすると、この記事を読むことができます。 

どうやら、日本に住んでいる、または住んだことがある人の中には、他の人よりも優れていると感じ、他の誰よりも知りたいと思っている人がいるようです。大きな真実は、日本に住んでいるという事実は、その人がその国についての知識を持っているという意味ではないということです。 私自身、すでにいくつかの子孫の優越性複合体について書いています.

初めて日本に行ったとき、何人かの日本人に会い、何年にもわたって書いたテーマについて多くの質問をしました。これらの質問で、私は日本人でさえ自分の国を知らないという結論に達しました。おそらく、ほとんどの人は自分の快適ゾーンに住んでいて、自分に合ったものしか知らないからです。

彼に会うために日本に住む必要がありますか?

彼に会うために日本に住んでみませんか?

歴史の教師は歴史の授業を教えるために物語を経験しましたか?富に関する最も有名な本の1つが貧しい人によって書かれたという考えを持っていますか?まさに、ナポレオンヒルはベストセラーの本を書きました。考えて豊かにする「そして、この本がリリースされるまで、彼は貧しかった。

のビデオを見た後だった ブルーノアビラ 日本人やそこに住んでいる人以上のことを知るために日本に住む必要はないことをみんなに伝えるために、私は頭の中でこれらの動機付けの考えを考え続けました!ブルーノが残した別の例を見てみましょう。

あなたはアパートを購入したいのですが、通常はアパートを購入したことがない人に助けを求めることはありません。あなたは不動産投資に関する優れたガイドを使用していますが、このガイドの作成者が自分の人生で不動産を購入したことがないことに気付いたとき、どう思いますか?この著者が世界で最も人気のある20人の不動産投資家にインタビューした場合はどうなりますか?

その人は、いくつかの大学に通い、さまざまな場所で働き、日本と世界で多くの経験をしたことがあるかもしれません。これは、彼女があなたよりも多くの知識を持っているという意味ではありません。彼女はもっと知識を持っているかもしれませんが、あなたが彼女が知らない多くのことを知っている可能性は100%あります。 知識は無限大です!

彼に会うために日本に住む必要がありますか?

あなたはすべてを知ることができませんか?

経験する必要がないことは誰もが知っていると思います。残念ながら、現実を知るために経験していることがあると急いで主張する人もいます。これは、日本の外国人の文化的または日常的な側面を強調しようとするいくつかの記事でよく見られます。

これらの人々の大きな問題は、彼らが自分の考えを超えて見ることができないということです。すべての人はどこにいても異なる経験をし、他の人が感じていないことを感じる人もいれば、同じ主題について異なる考えや考えを持っている人もいます。

あるテーマについて自分の意見を書いても、その人の経験とは違うので、「日本に住んでいないから何も知らないのではないか」と批判されることもあります。私が何かを言ったからといって、それが私の絶対的な考えだというわけではなく、相対性や人それぞれの現実を十分に理解しているということを、この人たちは理解する必要があります。

人々は、多様な意見を受け入れることなく、自分の意見や現実を正確でユニークなものとして強制したいと考えています。私自身、この態度を批判する記事をいくつか書いていますが、私は常に相対性理論と各人の異なる現実について話します。工場労働者の生活は、オフィスで働く研修生の生活とはかなり異なります(これはほんの一例です)。

この例は、互いに対照的ないくつかの記事にあります。私はすでに日本についてよく話している記事を書いていて、一部の人々は日本に反対し、批判するようになりました。私は日本の悪い面について話している別の記事を作り、再び人々は日本に反対し、賞賛するようになりました。妥協または中立。

彼に会うために日本に住む必要がありますか?

誰もが誰よりも知っている

日本の文化について研究し、執筆している人は、自分が研究している分野に関連するあらゆる主題について、はるかに多様な理解を持っています。彼女が賢い、または経験が豊富だからではなく、単に彼女が特定の主題についてさまざまな意見を研究して結果を出したからです。

賢い人は、他の人の年齢や立場に関係なく、アドバイスに耳を傾けます。知的な人は屈辱を与えず、利己的ではなく、多くのことを容認します。庶民は話し、賢者は耳を傾け、愚か者は主張します。誰かを正したいのなら問題ありませんが、現時点では誰かが他の人よりも多くのことを知っているか、彼らとは異なる知識を軽視しようとしています。

彼がそこに住んでいたという理由だけで、国の歴史や地理について教師以上に知っている学生はいない。もちろん、その人は日本に住んでいて、私や他の人よりも彼のことを本当によく理解しているかもしれませんが、実際には、誰もが特定の主題についての知識を持つことができます。そして、あなたはその主題で卒業して博士号を取得する必要さえありません。

この記事を共有する: