日本人が家に入る前に靴を脱ぐ理由を知っていますか?今見つけます

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

ザ・ 日本語 彼らは家に入る前に靴を脱ぐ習慣があり、多くの人はこの習慣を知っているにもかかわらず、その理由を知りません。しかし、これは日本人の千年の習慣の1つであり、欧米の人々にとってしばしば興味深く好奇心をそそられます。

しかし、どんな習慣であっても、これらの人々の立派な知恵に基づいて、それは常に興味深く、意味に満ちています。

さて、家に入る前に靴を脱ぐことはその良い例であり、最初は非常に奇妙に思えますが、その基本を分析すると、この習慣が完全に理にかなっていることがわかります。

発表

日本に行って誰かや施設を訪ねると、ドアの横にスリッパが置かれているのに気付くでしょう。日本人にとって、靴をそこに置いたままスリッパを選ぶことは非常に重要です。

あなたが理由を知っている?理由はたくさんあり、それらすべてがもっともらしいです。そのことを念頭に置いて、この記事では、この日本の習慣の理由とその利点を紹介します。

あなたが日本に行くか、単にこの文化に恋をしているなら、それは価値があるので最後まで読んでください。

発表
Apartamento no japão – é pequeno ou prático?

なぜ日本人は靴を脱ぐのですか?

理由を説明する前に、この習慣は家自体に限定されていないと言うのは興味深いことです。他の人を訪ねるときは、家の入り口で靴を脱ぐのも面白いです。

ほとんどの日本の家には「げんかん」、靴の取り外しに固有。このスペースは非常に重要であるため、次のような企業にも存在する可能性があります。 アライメントマシン.

とにかく、靴を脱いでどこにでも置いておくだけでは十分ではありません。正面は玄関ドア、つまり通りに面している必要があります。

発表

THE げんかん、通常、正面玄関の下に階段があり、最上段にはスリッパとスリッパが部屋の中を循環するように専用に配置されています。

パーティーや会議があるときは、ゲストの通過を妨げないように、このスペースは整頓されていなければなりません。公共の場所も通常、次のようなこの慣行を採用しています。

  • 学校;
  • クリニック;
  • 寺院;
  • ライブラリ;
  • 病院。

これは、彼らには多くの人々がいて、彼ら全員がこの習慣を順守しているためです。しかし、この習慣がどれほど一般的であるかはわかっていても、多くの人がその理由を理解していないので、以下で説明します。彼らは:

発表

負のエネルギー

日本人は自分たちの環境の精神的な衛生状態を大切にしています。彼らにとって、入り口で靴を脱ぐと、家のエネルギーのバランスを崩す可能性のある不純なエネルギーがなくなります。

彼らにとってさえ、これは最高のものを使うのと同じくらい重要です 製品および材料の洗浄、家は日本の神社であり神聖な場所であるため。

このように、彼らが靴を脱ぐ領域は、外界と内空間の間の障壁として機能します。さらに、この習慣は、私たちが環境と謙虚さを汚すことを意図していないという敬意の表れです。

鬼ごっこ

げんかん下駄箱、靴を置くための一種のクローゼット。その後、訪問者や居住者は スリッパ、スリッパまたはスリッパです。

日本人は外国人も含めてすべての訪問者にもこの習慣があることを期待しているので、あなたが到着したとき、あなたはすでに何をすべきかを知っています。

バクテリアと毒素

考えたこともないかもしれませんが、靴には大量のバクテリアが含まれています。アリゾナ大学が実施した調査によると、靴には約421,000種類のバクテリアが蓄積する可能性があります。

これはあなたが最高のものを使っても 卸売クリーニング製品、それらすべてを取り除くのは簡単ではありません。そして、ほとんどは腸の問題、下痢、嘔吐を引き起こす可能性があります。

さらに、一部の細菌は、適切に治療しないと肺炎を引き起こす可能性があります。これらの問題は通常、口や開いた傷に接触したときに発生します。

発表

その結果、日本人は家に入る前に靴を脱ぐことでリスクを回避します。そして、バクテリアに加えて、深刻な健康問題を引き起こす可能性のある鉛や水銀などの毒素もあります。

そして、家に入る前に靴を脱ぐという単純な習慣は、家の中のバクテリア、毒素、ほこり、汚れの85%を取り除くことができます。

だからこそ、日本では、住居や団体に加えて、 コンシェルジュ会社、また、健康にとって非常に重要なこの習慣に感謝します。

これは、世界中の誰もが注意を払う必要がある明らかな理由です。家に入る前に靴を脱ぐときは、環境をきれいにするためにたくさんの協力をしています。

靴は、動物の糞、泥、雨など、通りからあらゆる種類の汚れをもたらします。日本では、マットの上に座って汚れを落とすことがさらに重要です。 低いテーブルで食べる。

発表

なぜ日本人がこの習慣を持っているのかがわかったところで、次のトピックでは、日本の文化と世界にとってのその利点を紹介します。

Genkan – hall de entrada onde os japoneses tiram os sapatos

家に入る前に靴を脱ぐことの利点

で靴を脱ぐ習慣 げんかん 日本人の行動を形作った。それは文化の中で非常に強い習慣であり、企業によっても採用されています。 レベルトランスミッター.

西洋では、靴を履いて家に足を踏み入れても大きな反省はありませんが、東洋では、この問題によって状況が一変します。

靴を脱ぐことは、観光客がホテルに到着したときに靴とスリッパを脱ぐ必要があるほど根深い習慣です。

この振る舞いは、紀元前300年頃から西暦250年頃の弥生時代から続いています。これは、「血界」は、純粋さと傷の世界の間の分割を表しています。

発表

屋内は純粋で清潔な環境にあり、外の世界は汚れた空間であるという概念から多くのアイデアが生まれます。仏教寺院の場合、参加者と訪問者は裸足でのみ入場できます。

しかし、哲学的および宗教的な問題をはるかに超えて、日本は島であり、非常に湿度が高いため、この習慣は非常に有益です。

ですから、もし人々が路上で履く靴を履いて屋内を歩き回る習慣があるなら、彼らはで汚れを取り除く必要があるでしょう スチールブラシ およびその他の製品。

したがって、空間を清潔に保ち、手入れが行き届いていることが最善であり、家に入る前に靴を脱ぐことは実用的で便利な習慣です。

日本は平等主義社会であり、掃除はかなりの費用がかかるので、人々は自分で掃除をします。そして、靴を脱ぐと、家をより長く清潔に保つことができるので、この作業は簡単になります。

発表

この習慣は、日本の衛生状態を維持するだけでなく、世界中で非常に有益です。健康と衛生に関しては、この単純な行為がすべての違いを生みます。

のメーカーとして、家庭でもビジネスでも 同期ベルト、靴なしで入ることは微生物を避け、環境をきれいに保つ方法です。

裸足で歩いたり這ったりする傾向のある小さな子供を持つ人にとって、この習慣はさらに重要です。

ユニキャンプの感染症の分野によると、この習慣は人々に広く採用されるべきです。私たちは日常的に公共の場所やバスや地下鉄を循環しており、これらの空間はバクテリアや毒素でいっぱいです。

また、通りの床はゴキブリなどの虫や水たまり、ほこり、花粉でいっぱいで、まるで本物の下水道のようです。

ですから、玄関先に玄関マットがあったとしても、靴を履かずに入るのが、家に不純物を持ち込まないための最も効果的な方法です。

Genkan – hall de entrada onde os japoneses tiram os sapatos

結論

今日では、家の手入れや掃除のための多くの施設を頼りにすることができます。 車輪付きゴミ箱、しかしあなたの家の純度と清潔さを保つための最良の方法は入る前にあなたの靴を脱ぐことです。

日本人はこれをよく知っているので、何千年もの間この習慣を培ってきました。この記事では、このテーマについてもう少し学び、その理由を理解しました。

毎日それを採用することはあなたの家を保存するために良い考えです、しかしあなたが賢い人々と強い文化のこの国を訪問することを考えているならばそれは重要です。

このテキストはもともとブログチームによって開発されました 投資ガイド、さまざまなセグメントで何百もの有益なコンテンツを見つけることができます。