あかんべ– 目で顔のジェスチャー

によって書かれた

Matrículas Abertas para o curso de Japonês do Ricardo Cruz Nihongo Premium! Clique faça sua matrícula!

あかんべ ou akkanbee (あかんべえ) é um gesto facial japonês que indica sarcasmo louco, também conhecido na frança como ceil mon そして韓国では 메롱 (melong).

このジェスチャーは、下のまぶたを引き下げて赤い部分を誰かに露出させることによって実行されます。それは未熟な挑発ジェスチャーとみなされ、通常は舌アウトで行われます。

フランスでは、このジェスチャーは軽蔑、不信、または何にも一致しない何かの表現です。不信感を表現したり、不必要なものを見たりするときは、目に関連する表現を使うのが一般的です。

指で下方及び内側蓋を露出させることも軽蔑及び拒絶反応の発現であることができます。

あかんべオリジン

O termo apareceu pela primeira vez em uma história de 1909 escrita por Katai Tayama intitulada Inaka Kyoshi (professor rural). O gesto é utilizado pelos alunos do sexo masculino na história. O autor dá a etimologia da palavra 赤い目 que significa olhos vermelhos.

現在、この表現は、主に女性キャラクターによって、いくつかのアニメやマンガで使用されています tsundere.

Akanbe

Apesar da palavra Akanbe originalmente referir-se a colocar a parte interior do olho para fora, atualmente ela é até mesmo utilizada quando alguém coloca apenas a língua para fora.

参考文献と言及

プリティキュアアニメで!あかんべはジェスチャーのような見た目で、目が赤く、舌が垂れ下がる恐ろしい笑顔のモンスターです。

このジェスチャーをした有名なキャラクターの数はかなり多いです。鈴宮春日、鳴門、ブリーチ、初音美久など、このジェスチャーを実践している有名なアニメの画像を簡単に見つけることができます。

このジェスチャーを知っていましたか?彼は誰かとそれをしたことがありますか?あかんべを見たアニメを知っていますか?可能なコメントと共有に感謝します。